2020年03月12日

シラバスを念頭において

あのね、昔の話。
高校のシラバスを渡し念をおすとしっかり念頭に置きますと言った先生がいた。授業中に全然違うことを教えているのに休み時間になるとその講師は高校のシラバスを眺めていた。不思議でならない。

シラバスは見る人は見るし見ない人は見ない。2つの事象は互いに排反し、かつ2つの事象を合わせると全事象になっているって、それは何も言っていないのと同じだけどね。

シラバスは学校が配布するすべての資料の中でもっとも役に立つ。ヴォクの場合。
シラバスはおもしろい。ヴォクには。

シラバスがあればそこに指導のポリシーが具現化されていることが多いからだ。参考にしたら長期の学習計画が立てられる。
シラバスがあれば学校でやることと個人のやりたいこととヴォクの伝えたいことと受験する学校の配点表とをうまくリンクさせることができる。

シラバスが次第に集まってきた。テンションがあがる。4月はじめまでに揃うといいのだがなぜかものすごく遅れて配るケースがある。なぜでもいいのだが。そういえば最近通知表を持ってきてくださる子が多い。一月遅れで急に見せてもらうと緊張する。

そもそも7月くらいに今更感満載でシラバスを配る学校も多い。そのような学校では配られたシラバスはまったく現実と一致していない。

そんなことも多いのでイマココ(最近習った単元)とあなたのイマドコ(自分の熱中している単元)とヴォクココ(ヴォクが伝えたいこと)の3ココをすり合わせるようにしている。結局受ける入試と時期の方が決まっているから順序の差はあまり問題にはならないわけだが、それでも微調整して最大化は狙いたいので3ココは気になる。

自分をしっかり持っていて質問を恥ずかしがらない段階の子は質問フォルダに質問が多く入っていて、イマココがよく伝わってくる。逆の場合はヴォクの方から聴くしかない。

いまここをヴォクは重視していて入り口を開けるとドカンとイマココが目に飛び込むようにここ3年くらいはそんな導線と動線をつくっている。かえるのキー坊がイマココを支えるこの配置は向こう数ヶ月は不動のポジションかな。




続きを読む