2020年02月28日

共通問題と選択問題を解いてみた 2020年 令和2年 埼玉県公立高校入試

あのね、共通問題では数学が易しくなった。↓↓易化した。

国語の問題文が東京新聞のサイト上で公開されている。県の方では許可申請中。伝統の超長文。普段から長い文章を丹念に読み解くことをしているかをみるのが埼玉の国語。長い文章を読んで内容を追跡する姿勢や技術は、要約の練習を気長に繰り返していかねば身につかない。日頃から長い文章の言わんとすることを追跡すること、さまざまの文章構成や、表現に触れていくことが要求されている。短い、結論先にありきのニュース文やsnsなどの日記文、要点ズバリの明快なつぶやきを読むだけでは読解力は十分に鍛えられない。この点は見逃すべきではない。

国語の作文は形式も安定したまま終わる気配はない。表現力は埼玉国語は見ますということだ。ネタ勝負の小論文ではないのだから、書き方の決まった型をきっちり身につけておけばよろしい。

理科の出題形式が変わっている。実験や観察の目的などを考察する形式になっている。難度が高いわけではいささかもないが文章量と資料が増える。資料を読解するのに集中した作業を要する。

このようなときは設問を先に読んでから問題文自体に戻って条件を確認するのがよい。資料の中でどこを集中的に読めばいいのかは設問を読んではじめて決まる。ほとんどの設問は読んだだけで答えが予想できるようなもので、その予想をもって、数値や図などを本文に戻って確認する形で読むとよいだろう。例年同様、理科の計算問題は少なく本年でも本格的な計算は大問2(天気)の問4くらいであった。

理科の大問2の問3「水滴や氷の粒が互いにぶつかって大きくなる」のように科学的な考察を普段の生活の中でしているのかというところを評価しようという明確な意図がある。理科は良問である。

その後、選択問題を解き終わったところである。

英語の漆。面白い文だ。用紙の節約なのか、またまた英語長文の問題文がジャスト1枚の仕様で、ヴォクの目には文字が小さい。総文字数を数えてみて驚いた。長文が実際に長い。長文化はよい傾向で、このまま続くとよい。英語大問3長文読解の問1の文整序。文脈を把握して6文の中から適切な文を選択して入れるという問題。このような内容把握の問題は新傾向。練られたよい問題になっている。選択肢の作り方次第では奇問になりやすいところだが、名問になっている。大問3の小問6の適語2語ずつ補充問題は画期的な良問。工夫を凝らして作成されている。

リスニング。はじめの1分弱の日本語での指示。設問以上の情報はない。1分は長い。この間にNo.7の9点分の設問のwhat what whereにしるしをつけると時間が節約できる。No.7では事柄、あげる物、到着する場所だけ聴けばいい。もし1回で聴き取れたら最後の2回目は聴かずに他の問題へ進んで良い。
その他の問題ではリスニングのためのリスニング英語なので情報量ばかりが多い。2回チャンスのある設問をメモすること、各種データwhat which who how where whenに関することを念のためにメモすること、メモをとる力を問うている。英文を読む速度は少しだけ速くなっているが滑舌がよく大変聴き取りやすい。リスニングは過去問で練習しておくのがよい。

埼玉英語伝統の英作文は良い問題になった。条件英作文はワンパターンで逃げられないのがいい。英作文の実力をきっちり評価できる。書き直しの効かないこの形式。たとえば、あっ、a を名詞の前に書き忘れていたと全部書いたあとに気付いても最後まで消さないと書き込めない。この苦しい原稿用紙形式。推敲不可のこの形式。字数はあとから自己申告でいいから白紙に好きな文字間隔で書きなさいというわけにいかないのだろう。採点者が文字数を数えるのは採点の手間を考えると難しい。
多めに書いて少なく文字カウント申告があった場合に採点が難しくなる。そこでこの解答用紙の方式(国語の原稿用紙と同じ形式)に落ち着いたというわけか。最後の一行だけマス目がなくフリーなのはとてもいい。
受験生としては下書き欄を使用し高速で下書きしておいて、解答用紙に丁寧に写すのがよい。英語は↑↑難化。そしてかなりいい問題になった。2000年以降の埼玉英語過去21年で一番いい問題に仕上がっている。

昨年一昨年の数学の得点が低いのは開示得点、本採点結果で知っていたがよほど低かったのか、これが埼玉数学、高校入試問題の選択問題とは・・・。これでは選択問題にしても数学がやさしい。↓↓易化。

数学力を磨き上げていた受験生は完答の上、時間を余らせたことだろう。大問4の(1)のような1秒で答えがわかる5点の問題を出題し続ける。さすがに驚かなくなってきたが、いったい全体数学の試験で何をしたいのだろう。大問4の関数には相似などの図形的性質を絡めるのが伝統だったがそこも崩し図形的要素はもはやほとんどなくなっている。易しい計算問題のオンパレード。あえて出題意図を言えば数式処理と計算の正確さを問うということになる。レベル判定すると発想1、計算量1、時間1、論理1とどの視点から見ても2000年以降見られなかったほどの易しい問題である。2002年の東大数学↓↓のときのような肩透かし。

この埼玉数学の易化が高校入試の総合得点に与える影響はかなり大きい。数学で満点の100点をとっても数学ではアドバンテージがない、差がつけられないということを意味する。数学勝負を決め込むのは通用しない。全国の高校入試の花形たる円図形をなぜ出題しないのか理解に苦しむ。かんたんにしたいからというほかない。ある程度とれるようにするという方針が先にありきで問題はその方針に沿って作ったわけだから、問題だけを見てとやかく言うつもりはない。むしろその教科間バランス方針に対して異議あり。

選択問題にしている意義が数学の今年の問題には見えない。過去問を研究する後の受験生のためにも名問や感動するような問題ばかりを作成してほしいとまで言うつもりはない。今現在の受験生のここまでの努力を難度のある問題でまっとうに評価してほしいと思う。差がつかないのは入試問題としてはよくない。

結果的には英語と数学で各高校での採点基準にもよるが平均得点が近づくということだ。英語の方が得点のばらつきが大きくなるだろう。英語の方は得点差がつくような作問になっている。

このような傾向が来年も続くとは限らない。受験生としてはどんな問題にも対応できるような実力をつけることが基本戦略になる。そして1教科でなく複数の教科で総合力勝負に持ち込めるようなガードも固めておきたい。

plus 「非進学校出身東大生が高校時代にしてたこと」をいただいて早速読んでが面白い本だった。
ヴォクの図書友にも非進学校在校生がいてその子も東大に進学した。その子の勉強法はかなり独特の独学式だった。負けず劣らずの独学方法が書かれている。今年の東大の国語第一問の冒頭文の反例としてもよい本だった。東京大学からのメッセージが書籍を通して入試問題を通してたしかに発信されている。

2019年12月23日

5科499点。 plus 微酸性?と質問してきた子 plus 解答速度を変える条件 plus 今日のイチロー plus 「uni-ball one(ユニボール ワン)」 plus 小学生の書いている目標

あのね、今日のイチローもよかった。

「・・・自分で自分のことを教育しなくてはいけない・・・」

plus Goodreaderがすきで、すべてのipadに2つずつ入っている。
同じアプリ同じ機能でも2つあると同時に両方を使って行き来できるのが便利。

plus 光塾生の定期試験結果点数の最高記録が更新された。英数国理社の5教科500点満点中の499点だった。ほか実技教科も全部満点だった。今回はしっかり準備ができましたとだけ一行コメントがつけられていた。

plus
「uni-ball one(ユニボール ワン)」が楽しみ。
黒、赤、青、イエロー、オレンジ、グリーン、ピンク、 スカイブルー、
ライトピンク、ブルーブラック、ロイヤルブルー、 ライトブルー、
マンダリンオレンジ、ライムグリーン、エメラルド、ベビーピンク、
バイオレット、ブラウンブラック、ボルドーブラック、グリーンブラック

めっさ気に入った。キャップ式シグノの木軸のようにマイ軸をペルナンブコの木で設計しよう。

plus 連絡帳に名言を書いている。ヴォクの言葉でない言葉があるのも比べられてよいだろうから。出願前試験前に悩む時期、何を載せるかはかんたんには決まらない。自分で決めることが自分でやることにつながる。自分の頭で真剣に考えているのをじゃましない。自分で決める、自分らしくなる。


運を天に任せない。
どんなに苦しくても
神頼みにして諦めたりしない。
佐藤研一郎

plus 光では子ども自身に目標を聞く。
高い目標を持つことができることは能力である。
その目標を持つにいたった理由などつまらないものでいい。こと勉強に関する限りセンスより意欲がものを言う。意欲があれば練習量でなんとかすればいい。定員の多い入試をクリアすることはなんとかなりやすい。

小学生が紙に目標を書いていた。高校はこだわりはないが大学は京大に行って将来は薬の研究をしたいと。浦々コースで鍛え上げることにした。

小学生が紙に目標を書いていた。高校はどこでもいいのだが大学は東大に行って翻訳家になりたいと。浦々コースで鍛えている。

小学生が書いている。高校も大学もこだわりはないが薬剤師になりたいと。浦々コースで鍛えている。

小学生が書いていた。一女に行きたいと。合格可能性が1%ずつでも上がるように圧倒的な実力をつけたいと。浦々コースで鍛えている。

浦々の子たちは課題しかやっていないとアホかと叩かれる。叩くといっても野村監督みたいに説教をコンコンとエンドレスで続けるだけだが。

中1、中2になると入試問題ですでに合格点をとれるくらいの状態にはなっている。
最後の1年間で合格率が100パーセントに近づくようあらゆる角度から仕上げのトレーニングを行う。それだけではあきるから結局高校範囲の勉強をあれこれするのだが。とめないとどんどんやろうとするからいったんやめなさい。入試の準備で我慢しなさいというが隠れて勝手にすすめているような子が多い。検定は受けなくてよいと何度言っても勝手に受けているような子が多い。

目標がないという場合はもったいないからすぐにおやめいただくことにしている。お互いにとってよろしくない。

plus 待合席で待つ間本を開いて覚えている子がいる。最後の一分間の待ち時間中に本を読んで何かを確認している子がいる。一分を無駄にしない子が伸びないわけがない。どこまでも天井なしに伸びる子はこういう子だ。骨折していて足が動かせない子が150分ノンストップで問題演習した後の定刻後、本来なら息をぬいて休んでほしい(実際そう伝えている)ような待ち時間に本を開いて暗記作業をしていた。ストレスどころか前より執念があるってどういうことなんだ。驚き呆れた。

plus 今日の中学生の理科。
二酸化炭素が水に溶けて炭酸になる。
炭酸は水素イオンを出すから酸の働きをする。
では炭酸水は必ず酸性を示すのか?
否、あろうことか炭酸水がアルカリ性を示すことがある。
中学生がそこを尋ねてきた。
炭酸は必ず酸性を示すのではないのですかと。
水と炭酸の間でせめて微酸性になるのではないですかと(原文ママ)。
微酸性、独自のワードがあるのが素晴らしい。
微炭酸みたいですてきだ。なんだか涼しげでさえある。
自分の言葉と手と頭で考えているのが素晴らしい。
合っていなくても素晴らしい。
よく考えているね。「?を逃さない○」がみについているよ。

(正しくは、炭酸水素イオンが塩基性ということを彼女はメモ帳としてのバインダーにメモしていた。)

水素イオン濃度が大きいときには炭酸の割合が大きく炭酸イオンはほとんど存在しない。
水素イオン濃度が小さいときには炭酸イオンの濃度が大きく炭酸はほとんど存在しない。


plus 高校生の数学
教科書的な数学は1年程度で終え残り2年は名問を解いている。問題にはさまざまな解法が考えられ解法の可能性や必然性、解法の比較なども行う。
本解、別解1、別解2、別解3というように例えば1つの問題でもいくつかの異なるアプローチで解いている。

あのね、高校生は時折ナンジャコリャーという見事な解き方でさばいてgmailやgdriveに解いたものを入れてくる、入れてきてくれる。
本解をこえる明快な解法で料理しているのを眺めてすごいなぁと感動する。
手書きの解答はそのまま手書きのまま取り込んで保存させていただく。
こんな解法があっただなんて。
本解を上回る解き方だね。
マイッタ。

このようなスパークがあると、スパークを経験した当人はそれが触媒となって次からもなぜか思いつきがよくなり解き切る力が上がるのが数学のおもしろいところ。あれ、難問だったのにどうしてそんなにかんたんに山場を越えてしまったのかな?

考えて考えて頭の中手の中から捻り出したものだけが実力として身についたものになるのだろう。

メジャーで記録を塗り替えるとき前記録保持者の記録が再度掘り出され前記録保持者の凄みも再認識されるとはよく言うが、眠っていた名問も世に見なかった解法でさばかれ見事に解かれたときに名問の名問としての輝きを増し飛翔する。

よい問題にはよい解法がいっぱい隠れている。
よい問題は解こうとして取り組むだけでも挑戦する人の力を向上させるように思う。

名問はおもしろい。名問は興味をかき立てる。問題視するところがそこは知りたいと思っていたような部分をついている。核心を問うている。
すると、そのような問題と格闘しているうちに突如脳内が活性化されスパークし、思考エネルギーのポテンシャルエネルギーが飛躍するような経験をする。

そのような飛躍は狙って起こせるようなものではない。偶然出るカメハメ波みたいなもので一度出せると前出なかったのはなんでだったのだろうというくらいかんたんに出せるようになる。

いや、ここはカメハメ波じゃなくてなんかもっといい喩えがほしいな。
なんだろうなーと考え続けていると、すっと他の案が思い浮かぶようになるのに似ていると言えば言えようか。

待ってたよ、むしろ待ちすぎていたよ。
その解決力を使って、次はどんな名問と出会えるだろう。

posted by ヒカリ at 05:56| Comment(0) | 中間期末試験結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

5秒止まらずに47番銀Agまで書いた子 plus スタンフォード大での海外研修 plus 過去問から見える今年の問題 plus フォーカスゴールドプラスの全例題動画解説。 plus 鉄人 vs 選問家 plus USAに留学していた高校生が帰国。 plus Cobuild (Collins)

あのね、高校生が帰国した。

留学先のハーバード大学のお土産まで、ありがとう、ありがとう。


AB689B5C-40B2-4964-9820-C42F8C68B470.jpg

この子は入学してすぐに自学でフォーカスゴールドを数学Vまで終えていた。
次のプラスでは全例題に動画解説もついていてフォーカスゴールドがますます便利になる。月額900円のスマートレクチャーほか選択肢が多いのは初学者にとっていいことだと思う。youtubeなどにも解説動画がいっぱい上がっている。

plus 難関校の過去問を10年やればどんなスキルが求められているかがわかる。過去問15年やればいい練習が積める。それがいい問題なら。難しい問題を出し続けるのには訳がある。難問は何が難しいのか、難問の難問たる所以がわかってくる。
壁のように立ちはだかる相手、切り崩せる要素はいったいどこにあるのか。突破口はどこにあるのか、アプローチはいかにあるべきか。切り崩し方だけではない。隠されて見えなかった真実、性質、その美しさを体感することができる。

難問があることははじめからわかっている。過去問と練習試合を本戦として行うことを通して挑み方が身についていく。どこから向かうと跳ね返されにくくなるのか、手と頭は覚えている。解法の可能性を手中にして複数の解法を試行錯誤、選択しながら、さまざまな切り口から問題に臨むことができるようになってくる。

過去問を30年研究しておけば数段、高いところから問題を見られる目ができてくる。問題解決の糸口が見えるようになってくる。それがいい問題であればあるだけ。名問はゲームの決まったコースのように一度クリアして攻略済みのような問題ではない。数学に向かう資質・能力が十分に計測できるような面を持っている。名問にはうわあと唸らざるを得ない個性と輝きがある。

過去問から見えるのは過去だけでない。歴史からはいつだって未来が予測できる。
問題が求めている力が何なのかのメッセージを読み取ろう。

形式ばかり見たらダメだよ。
大問3が関数、大問4が円、大問5が空間、そんなのは見たらわかることでしょ。立ち止まらないで。

何を問うているのか。どんな解法の可能性があったのか、どんな解き方があり得たのか。
1つの選択した解き方は最善手だったのか、否か。

過去問は解くだけが勝負じゃない。解いたあとに味わい尽くすんだ。

plus 今日の中2化学。
化学の元素記号は1番水素Hから47番銀Agまで書いていた。課題は36個以上覚えているところまで今書きなさいというもの。鉛筆シャーペンを書くのが停止して5秒たったらそこで終わりという条件が付く。光のテストは5秒ルールが多く存在する。口で急げというのは不親切。実行して見せて示す。
彼女は「22 チタン Ti」と書くべきところでなぜか「22 Titanium Ti」とローマ字で書いていた。覚えたときのまま書いたのかこだわりなのか。薬の研究をしたいと言っているだけのことはある。
youtubeには原子の歌は多いがMisiaもミスチルもそれを歌っていない。残念なことに歌詞がつらい。バクロマン日村が徹子の部屋に出るという斡旋ブローカーの替え歌をぼくが歌うのはさむいので避けたいところ。

plus Collinsコウビルドの英語の辞書。毎日引いている。知らない言葉があってはじめに頼るのはいつもこれ。アイパッドの全機種にもインストールしている。

plus スタンフォード大学次世代リーダー養成プログラムの方に選ばれたと光子が言ってた。去年のプログラムでは東京都立西高等学校、東京都立日比谷高等学校、埼玉県立浦和高等学校、埼玉県立浦和第一女子高等学校、千葉県立千葉高等学校、千葉県立船橋高等学校、神奈川県立湘南高等学校、神奈川県立柏陽高等学校が参加していたということで違う学校に行った同じスタンフォード大で一緒に学習できたということも多くの気付きにつながっているのだろうと思う。いまは狭き門ではあるがこのようなプログラムは今後広がっていくとよいなあ。若いうちに経験する海外生活は入試をこえて歳をとるほど役立つと思う。見ているだけではわからないことがある。帰国した子たちのまなざしを見てそう思う。

plus 単元終了の際に鉄人試験を行なっている。
鉄人位審査の数学の問題選択で、解けそうで解けないレベルの問題を選んで4題、6題セットの演習として行なっている。審査は審査なのだが4完、6完されてしまうときに申し訳なかったと思う。せっかくあれこれ考えるのだからもっとギリギリのところで選びたかった。楽しかった解けましたというのは趣味としては審査としては間違っていないが、実力向上の練習メニューとしてはよろしくない。テストのためのテストは避けたい。そんな無駄はいやだ。

「バカさ加減には、父ちゃん情けなくて涙出てくらぁ!」(あばれはっちゃく) 全問完答されると自分の選問家としての能力のなさが悔しい、くやしいので涙をふいてすぐにその日の夜のうちから次の分を選び始める。今度こそ。

でも期待をはるかに上回るペースで練習されるとまたヴォクの選問が失敗に終わる可能性が高まる。それだけは避けたい。

そこで星4、5、6レベルの問題(守護神問題)を配分するようにして対抗している。たとえば星3つを完答する実力のある子には星4、5問題を中心に守備を組む。星4つレベルを完答するスキルのある子には星5、6問題を中心にディフェンスを構成する。そうしたらなんとか全問完答だけは防ぐことができるから。

星5つが解けたら鉄人位認定など採点時にレベル表記も公開する(予告なし後告知)。練習者にとっても以後へ向けてのよい励みとなるだろうから。
「いただきました、星、6つです」と力強いガッツポーズをもらって、さようならしたい。「たしかに。星、6つです。」

2019年09月12日

小学生の洋画英語1.2倍速 plus スターター図書 原点図書 フィニッシュ図書 plus ヴォクの7つ道具(2)

あのね、本の役割を知るのは大事だよ。
教室の本は何千冊もあるようだけどジャマなだけでは?
いちばんいい本だけでいいのでは?
むしろそこは本棚でなくしてストレッチできる場所にしたりバランスボールで休憩できたりなんかこー何もない空間にしたりとかできるのでは? 肩回しか鉄棒か、そういうのがいいと思うんです。

そうだね。


「どんな本があるのかな。
この本は薄くてすぐに終わるし何周も繰り返せるから記憶に残しやすい。この本の知識を核にしよう。」


いいね。スターター図書だね。
苦手意識があるとき、初学のときにめちゃくちゃ役に立つ本だ。

「この本は発想法や考え方の原理説明が充実していてどう考えていけばいいのかの発想法がうまく説明されているの。複数の事象が統一的な少ない原理で説明されていてハッとさせられてばかり。」

やけに長いな。読む前になんで内容がわかった?
そういう本は原点図書だね。発想に困ったときに立ち返ることでそういうことだったかと得られることが多いだろう。覚えたあとに読み直すことで、知識が繋がり深まり定着する。
味がなくならないガムみたいな本で何度でも噛みしめながら読みたい。


「あー、この本は問題数が多いからなかなか大変。挫折図書かな?図書館にあったら誰にも借りられないに千点。」

右折専用、挫折禁止。その本での掲載率はどうだったかな。去年の入試問題、一昨年の入試問題と最低10年分さくいんなどでこの本に正解が出ていたかどうか確認できるね。一問一答的で多くの問題がカバーされているようだ。それはフィニッシュ図書だ。

掲載率が95%なら入試でも95点くらいはとれるだろう。単純計算すると。

知識の入試科目ではそこ、掲載率がポイントになる。
じぶんで発想する問題ではなくて知っているかどうかを問う問題、知識の問題では自分の問題集でやったことがあったのかが得点力に直結してくる。

掲載率。仕上げ図書、フィニッシュ図書ではその部分を重視したらよいね。

いい問題集悪い問題集という前に、ラインナップ、ルートという前に考えておくべきはそれぞれの参考書問題集の役割だ。

テニスシューズとサンダルくらいそれぞれの用途が違うんだ。

「どんな本を選ぶかで、運命変わりそう。」

それは、どうだろう。選択の効果の影響を小さくするためにグルグルいろいろ使った人がいたんだ。
本のせいにするのがうまい子だった。

わからないことにぶちあたると本のせいにして、もっとわかりやすく書いてよ。こっちは真剣に読んでるのよっ、て。

後から読み返すとわかったときにはごめんね、やっぱりいい本よあなたは。なんてぶつぶつ言いながらいろんな本を行ったり来たり。

運命かどうかはわからないけどいろんな本を読めるってのは恵まれたことだと思うな。

解説のすべてが初歩まで戻ってかみくだかれているからわかった気になる独学図書、語呂合わせ図書、歌いながら覚える図書、しくみ図書、イメージ図書、声図書、映像図書、立体メガネ図書、出典明示図書、その単元のすべての問題を改題融合して大問1題に変えた良問図書、雑談図書、一般的でない解き方が多い図書、別解多数図書、教科書や学年の枠を無視して再編成した図書、まんが図書、教科書にない手法を集めた図書、入試過去問50年分演習図書、いく年くる図書、板書を本にした図書、アナウンサーのいい声で読んだ図書、全問全行を音声で解説をつけた図書、リンクを押すと関連ページにジャンプできる図書、添削され返ってくる問題集、流れ図書、うんちくエピソード記憶図書、外国語で読むと覚えやすい人用の図書、海外のよい本を和訳した図書、映画図書、光推薦独学図書、クリックすると映像解説が視聴できる図書、参考書をさらに解説する参考書、参考書の紙面におさまらなかった行間を説明する図書、暗闇でも布団の中でも読める図書、ドラえもんが教える図書、映画俳優が解説する図書、放送大学図書、ラジオ講座図書、映画の言葉を解説まるごと憶える図書、芸人が解説する図書、そんなの関係ねえ図書、字幕付き図書、声の付加解説図書、なぞると訳が出る図書、元出題者が書いた図書、入試問題作成者の書いた振り返り図書、手書き図書、イラスト図書、ざっくり3行で要約した図書、最も重要なポイントを絞り込んだ基本図書、参考書でなくただのおもしろい本など。

plus 仕事の七つ道具シリーズその3
あのね、炎色反応で言えばカルシウムイオンの色が好き。木に登るくらい好きな色が橙なの。
仕事のときに着るシャツも、木のペンの軸の色も橙である必要がある。
樹種ではペルナンブコやチャクテビガになる。いい色のペルナンブコは7つ道具のひとつになっている。

plus 小学生が洋画を聴き取れるようになるトレーニングを開始して1年近くが経過した。
全てまでは聴き取れていないが字幕なしで内容が掴めるようになってきている。1.2倍速で聴くトレーニングを続けてきた。
リスニングはやっただけ必ずできるようになるのと、面白い映画を観られるのがいいところ。ほなね。



posted by ヒカリ at 22:02| Comment(0) | 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

北辰テスト返却 2019年度3年生第1回 第3回 判定 偏差値 問題分析

D322738C-E2C7-409C-B1E6-FF096E07AE9C.jpg

光塾生全員が受験していた会場模試結果が返却された。
4月に実施された第1回の結果は、

国語 74.7 62.6
数学 62.5 61.3
社会 73.8 63.9
理科 73.1 63.9
英語 71.2 65.3
3教科 208.4 65.4
5教科 355.3 65.7
という結果。

これからじっくり分析して今後に生かしたい。

一番上昇するチャンスが夏休みにあり、その手前の6月7月まででどこまで実力をつけられるかが鍵になる。そして7月以降、部活引退のはずみはあまりに大きい。ここを機にギアを上げる子。部活引退というのはヨーイドンの笛のような効果があるのだろうか。燃え尽きた灰のようになったところから再び何かの拍子で思い出したように火がついてというような気配を感じる。

県内100位内、全県の全受験生中トップ10入りなど目標ラインを上回るような好成績をとっても通過点に過ぎない。今回ばかりでなく連続で記録を残していくにはどうしたらよいのか。浦和一女、大宮、浦和、渋幕、開成、慶女、筑駒、お茶志望の子は次にまた合計450点を超えるにはどうしたらいいのか。あくまで科目別にできたできなかった問題、それから全体の取り組み方を見直し普段の勉強につなげなければこの模試を受けた意味が小さくなる。どうやったら目標の得点になるのかを考え続けたい。5月になるとやるべきことはすっかり見えてくるだろう。

plus その後 6月の第2回、7月の第3回と会場模試の受験があった。第2回では欠席者があり、第3回の塾生全員受験分がさきほど返却された。数字は画像の通り。第2回、第3回と流れで見ると、数学の新しい練習プログラムが効いてきている。
次は国語と理科も全体的に改良してゆこうと感じた。
個別にも、目標に近づく夏のプログラムを実行してゆこう。
453AD878-FEB5-44BB-A38A-B1FD96630C22.jpg

plus
以前にも何回か書いたがもっとも大事なことは自分に期待すること、自分を信頼すること。自己評価って大事だよ。


人間を無理やり2種に分けると、自信をもって過ごす人と自信をなくして過ごす人。
自信がないうちはノートを隠す、?のあることを隠す、人に質問しない。
自信のある人は×があることを隠さない。?を堂々と質問する。いま模試で偏差値の差が1、2しかないのに入試を迎える前には大差がつくことになる。

解けない問題が解けないのは当たり前で、解けない問題を前にして、さーどうやって切り崩そうかと四苦八苦してみる時にこそ、力がつく、伸びる。難しいからとあきらめたらそれまでだ。何かひとつでも思いつくことを書き出してみよ。わからないなー、わからないなー、どういうことだろう、どういうことだろう、と考えて苦しんでしまうことが多いのならそれが練習としては悪くない状態だ。
やった練習の分だけ必ず身につく。

あまりこういうことを書くのはどうかと思うが、今までの塾生で一番伸びた子がいた。
効率なんて考えない、一日中勉強するような子だった。
夏に部活を引退した後ぐんぐん伸びた。
わからない問題があっても何時間も動かずにじっと問題を考え続けていた。ふつうは難問を解きほぐす作業になるとあきらめが先にきて思考停止しがちなものだがこの子は難問になるほど考える。
初見の問題ほどくらいついて頭が問題に張り付いて動かなくなるような感じだった。何時間も座ったままトイレにも行かずずっと辛抱強く問題を考え続けた。

その子は模試で目標としている結果がなかなか出せないまま本番に突入した。伸びないわけではないが、ボーダーくらいだった。判定が出なくてもあきらめるどころか逆にその子はトップの学校に目標を上げた。この学校を受けますと点数が100くらい足りない時期にも明言した。その眼差しはしっかりと自分を見据えている眼差しだった。
そこから受験の当日まで100点以上、伸びたことになる。

H25年春、この子は高校入試に不合格し、残念なことに進学先をその学校にすることができなかった。2018/8/1のこのブログ足音の記事にある通り、不合格となってしまった。その子は開示された入試本番の点数をすぐに持ってきてくださった。

その点数は同じ年にその学校の入試に合格した人たちの何人かの得点を上回るスコアだった。本番でさらに自己の点数を伸ばし5教科計で自己ベスト記録を大きく更新していた。秋まで苦手だった科目が全科目の中でもっとも好結果だった。苦手科目だった教科までも克服していた。根性と粘りのスコアを見せられた。ほんのすこしだけ内申点が不足していただけという結果だった。

その子はしっかりと練習をした。
しっかりやってしっかり伸びた。

結果が出ているときに自信が持てるのは当たり前だが、この子のように結果が出ないうちにも自分を信じて自分のやるべき練習をやり続けること、そこにヴォクは心打たれた。できる限りの応援をしたくなった。あきらめる姿勢を見せたことが最後まで一度たりともなかった。尊敬している。

先日、就職のことで挨拶に来てくださった。頭が下がる思いだ。


plus 3/18に書いたgoogle driveの2TBだが結局継続している。
どこにいてもどの端末からでもサッとデータにアクセスできる魅力はやはり強かった。
安定感抜群で気に入っている。2つのアカウントで2TBずつ利用している。

plus 強い花。
庭に強い花が咲いた。
土もないブロック塀の隙間からたったひとりで芽が出て伸びてきた。
種を植えたわけでもないところから芽が出て伸びた。
F5A33A6B-15C4-435C-B95A-924CCAEB2D01.jpg

探してみるともう1人いた。
421F0C70-3B31-4B9E-AA38-099EFD09C607.jpg

FB789CBD-9964-4EFB-8F94-C25FBC743AC4.jpg

CFD6413C-A613-4D6D-B781-36F7BA395E1F.jpg

plus東京から来ている高校生。小学生の頃から片道一時間以上かけて光まで来ている。日比谷高校の定期試験があり、結果の悪い答案用紙と問題用紙だけ持ってきてくれた。自分の練習通りにできたいいものは順調なところだからみておかなくてもよい。練習のイメージとかけ離れた結果を出したわるいものは早く対応しておけば逆に強化して強くなれる。

わるいものほど、そこはみつめておく必要がある。
よかったものはそのまま箱へしまっておいてよいが悪かったものは机の上に開いたままにし、あえて対策を毎日意識する。
今回も課題が明確になったことにより、きっともっと強くなれる。自分の課題にフォーカスし自分のやるべき練習をする。

試験の答案用紙の悪かったものは絶対にもってきて、とヴォクは強く思っている。強く思っているからいちいちもってきてと言わない。それはあまりに当たり前のことなのだよ。

よかったことが続くのもうれしいものだが、悪かった部分を克服できるのはいっそう気持ちのよいもんだ。

問題を解決しようともがき苦しみながらいろいろやってみる。
自分なりの仕方でどうにかこうにか工夫しあれこれやってみる。
その経験が、生きてくる。
次にまた何か新しい問題が訪れた時に、苦しみの中で得たやり方が必ずや生きて身を助けることになる。

そう考えると、無駄なことがたくさんあったようでいて実際には無駄こそが、のちの我が身につく部分を作っていると言える。

得意な科目の勉強法をインタビューしたことがある。自分で読んで録音してそれを聴くこと(聴く勉)、複雑なところは整理してノートをつくること(自分の整理)など、独特の勉強術をいろいろ教えてくれた。歴史で100年ごとに地図を作るという学習の工夫にはとくに驚かされた。

plus 高校生がグローバルリーダー育成プロジェクトのメンバーに選ばれたとのことで、ハーバードとマサチューセッツ大での研修ほかで米国へ旅立つことを報告してくださった。素晴らしいチャンスで、進路を考えることも含めて将来につながりそうであると感じた。

plus 伊奈高校の数学部の子が、数学甲子園に出ると話してくれた。
数学検定の記述式問題もそうだが論理的な思考を楽しめるようになり趣味としても楽しい。
オリンピックとか甲子園とかの言葉を借りなくても応募者が殺到するようになる日が見える。
面白いから。

plus 名もなき詩 のlionさんからものすごいお品をいただいた。感謝のしようがないとはこのことだ。


plus 高校生の河合塾全統模試、駿台全国模試が返却された。良い問題は学習を振り返る指針になる。本番でしか得られない感覚が磨かれる。

D0A4B46B-316C-4E2F-86E0-D3A97EEAC08A.jpg
全統模試43000人分のデータ、駿台全国模試32000人の受験結果として見るとテンションがめっさ上がる。テンションが上がったまま夏に突入。結果の分析を役立てて、実力をぐんぐん上げてゆこう。
京都大学のようなしっかりとした論述記述の入試を実施する大学入試の模擬試験として機能する模試は多くない。記述論述試験を大学が独自に課す。そして問題には骨がある。しっかりと骨がある。勉強をしっかりやった人にとって最高に楽しい問題を出題してくださる。しっかりした問題にしっかりした受験生が集まるのには訳がある。

plus また好きな映画の話も。98年、F・ゲイリー・グレイ監督の『交渉人』がよかった。ネタバレしてもいけないのでここには何もまた書けないわけだが。グリーンマイルほか映画のことはたまに書いている。書きたいことと書きたくないことがあるが映画のことはやはりいい映画を見たら書きたくなるものだ。内容はこの日記には書かないが、ヴォクが好きな映画はそのような映画だ。

plus ノートを見て。
ノートに写している子がいたのでまた話した。

わかった。だいたいわかっただって?
はぁ? それではできるとはほど遠いね。

できるが10としたらわかるは0.1だよ。
手で再現できるまでせめて練習すべきだ。

さらに今度は手がスラスラ動くまで練習するといい。
見るのはスポーツと一緒でまず動けるようにはならんよ。

まずは素振り。
ごくたまに見ながらでいいから同じフォームで動かして。

次に型をつくってもいい。
はめ技でもいいからとにかく同じ動きを自力でつくってみる。

手を動かしなさい。
書きなさい。
白い紙の上に鉛筆で書いてみなさい。

ペンで写すなんて大間違い。
そんなもん無駄。

手で書いてみるためには何を書くのか頭が考えるようになるわけ。
写すときには頭なんか働かないわけ。

違いがわかるかな。
書けばわかるよ。

寝て読んでいたってうまくならんよ。
寝転がっていると眠くなるじゃろ?
頭が動いてないからボーとして眠くなってくるじゃろ?

寝転がって勉強なんかできんよ。
正座して書け。

眠いなら立って書け。
書け。書きなさい。

ほなね。
posted by ヒカリ at 12:59| Comment(0) | 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

あのね、大好きな映画があるの。

あのね、大好きな映画があるの。

「ガタカ」 1997

「ショーシャンクの空に」 1994

「グラディエーター」 2000

「仮面の男」1998

「セッション」2014

「父の祈りを」 1993

「パピヨン」1973

「運び屋」 2018

「人生の特等席」 2012

「グラントリノ」 2008

「アルカトラズからの脱出」 1979

「エリジウム」2013

「スリー・ビルボード」 2017

「バタフライ・エフェクト」 2005

「気狂いピエロ」 1965

「2ガンズ」 2013

「フィラデルフィア」 1993

「アイランド」 2005

「アウトブレイク」 1995

「マスター・アンド・コマンダー」 2013

「ラスト・ムービースター」 2017

「ゲティ家の身代金」2017

「スターシップ9」 2017

「アップグレード」2019

「シンドラーのリスト」 1993

「パッセンジャー」2016

「プライベートライアン」1998

「幸せのちから」2007

「リチャード・ジュエル」2019

「ハングリー・ラビット」 2012

「カジノ」 1996

「ディパーテッド」 2007

「イエスタデイ」2019

「モリーズ・ゲーム」 2018

「ラスト・キャッスル」 2001

「フェイク」1997

「グッドライ〜いちばん優しい嘘〜」 2015

「ボーンアイデンティティ」2002

「スコア」2001

「この森で、天使はバスを降りた」 1996

「レオン」1994

「ニキータ」 1990

「ワンチャンス」2013

「シンデレラマン」 2005

「グリーンマイル」 1999

「プラダを着た悪魔」2003

「レインメーカー」 1997

「ボヘミアン・ラプソディ」2018

「スノーピアサー」2013

「TIME/タイム」2011

「シングストリート 未来へのうた」2016

「ビッグ」1988

「インターステラー」2014

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」2014

「ナイトアンドデイ」2010

「ザ・ロック」1996

「評決」1982

「スリーデイズ」2010

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」2003

「交渉人」1998

「エターナルサンシャイン」2004

「ブラッドダイヤモンド」2006

「大逆転」1983

「127時間」2010

「ホテル・ムンバイ」2018

「はじまりのうた」2013

「マッチスティックメン」2003

「キャッチミーイフユーキャン」2002

「グッドフェローズ」 1990

「ジャングル」 2017

「秘密と嘘」 1996

「彼女を見ればわかること」 2000

「バベル」 2006

「トランスポーター」 2002

洋画編。
(続く)