2018年11月04日

歌詞にして憶える勉強法 plus 英単語をサクサクと憶えられる方法 plus 独学していて困ること(1) plus 東大と京大の方針 plus 圧勉(1) plus 数学スタンダード演習 plus 瞬間部分ラプソディー積分 plus 1980年以降の入試問題を保護するために

あのね、駿台全国模試を受けた子が模試結果と答案を持って来てくれた。ありがたい。大学の二次試験のような問題を受験できるよい練習になる模試であり学習の振り返りに役立つのは当たり前として、答案の失点状況がよく見える。そもそも東京大学、京都大学レベルの模試がこの模試だけになっているという現実があり、この模擬試験を受けないのは情報力としてだけ考えても後手になってしまうというのが現実である。情報の差は大きい。地方でも全国どこでも受けられるのがこの模試の最大の存在意義になっている。

独学しているといいことが多いのは当然のこととして。ヴォクが独学というとき本に学ぶことを含めている。独学のいいことはあまりに多いのでヴォクはこの足音のURLをセルフラーニングとしていたと思う。ひとつに自分の好きな先生の書かれた本や参考書などを師とすることができる。
場所と時間が関係なくなるという。イギリスの先生に学ぶこともできる。昭和時代の先生に学ぶこともできる。師匠の本をマスターしてしまったらその師匠の師匠の本に遡って楽しむということも受験終了後にできる。そして多くの場合、本は一度入手できさえすればコストがかからず何度でも好きなだけ読んで考えることができる。

受験勉強を日本でする場合に地域格差は小さくなってきている。離れ小島の漁村、山奥の寺の子が本を手に学べる。受験情報の差も小さくなってきている。冒頭で書いた全国模試と、ネットの発達のおかげで地方だから不利ということはない。模試の会場まで遠い近いの差こそあれ志さえあれば希望の大学に進学するための情報への窓は開かれている。学習のナカミに関してはどうだろうか。

独学していて困ることは少しだけある。たとえば数学の式変形をしていて自分がやった変形ではうまくいかなかった場合。うまくいかないものはうまくいっていないわけだが解法の選択はどうだったのか、方針や筋としてどうだったのかを評価するのが難しい。振り返るのが1人の場合には難しい。多くの質問を受けた経験から察するに独学してはまるポイントは人それぞれで指導者の想定外、意外であったところを難所に感じ学習が止まっているというケースが少なくない。

学習者が意味もなく方針もなく哲学もなくただなんとなく変形してみたというのは問題外としても、同値性にも存在条件にも問題がないのにどうしてうまくいかなかったのかを相談する相手がいない。ノートに書いておいて寝かせておいて数ヶ月後数年後の自分に相談するより仕方がない。

なぜなら書物やyoutubeの講義動画、映像授業などの参考ライブラリーでは物事の定義、公式とその導出と正しい答えと正しい答えに至った過程こそ書かれてあっても、問題のある式変形や間違い例についてまでコメントがあることは少ないからである。紙面の都合、撮影の都合上、長くなり過ぎることができないという制約がある。時には式変形でさえ数行カットされてしまうことはあり、式変形の途中からだけ読んでもわからなくなっていったん保留したということが独学では出てくる。(それが独学の本来あるべき姿であって独学のよい点でもある。立ち止まりながら学習できるのが独学のよい点であり最大の強みなのだから。)

そういうことを先回りしてよくある間違い例やよくある質問をまとめた書物、別解を3種、4種と至れりつくせり解法の選択の技術向上のために書いた書物が市販されており独学者にとって大いに参考になる。あるいはまた途中の式変形をカットしないどころかやたらと細かい点まで小さな字で途中式をすべての問題の解説で何度でも繰り返し書いた参考書が出版されている。独学者が読んでわかりやすいように工夫されている。
そして周りにちょっとその都度聞けるようなコーチがいたら筋について相談できるわけだから学習の進みの効率だけはよくなる。

ただしこの効率というのがまたやっかいなもので苦もなくすっきりわかるのは一時的にはよくても、悩む回数、思考する時間、寝かせる時間が減るわけで長い目で見て思考力向上に寄与できたかといえば一概に言うことはできない。何しろ聞くというのは一見高等のようでいて、半分以上は課題点を思考することの丸投げでもあるわけで受ける側が丸投げと相談の比率を鑑みて丸投げ度の塩梅を見てただちに投げ返すくらいでないと双方にとってよろしくない。

というわけで(どういうわけで?)、独学していて困ることという大事なテーマについて書いてみむとす。ミントス。

plus 東大と京大が2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間検定試験について、21年2月に行われる2次試験の出願で成績の提出を必須としない方針を明らかにしたことには心底安心している。受験生一人一人の事情を考慮していること、学力は大学が個別の試験で受験生にとって公平な仕方で確かめることの2点が非常に重要なことであると考える。

plus 浦和高校の子が定期試験の結果を持ってきてくれた。今年の学年の定期試験で総合15位以内をずっととるのを目標に掲げていた子なのだが今回は達成が継続できたと。英数はどちらも一位もしくは片方が一位というのが続いているが物理と化学まで揃えるのがなかなか難しい。今回は自己ベスト順位を更新しクラスに張り出される名前が目立つと。勉強を頑張る子がリスペクトされる校風なので恥ずかしくならないのがいいところだ。

plus 薬剤師志望の化学☆ラブな中学生。ヴォクの使っている化学辞典を家でも見たいというので貸し出した。アプリのデジタル化学辞典の方がさっと引けてすぐに覚えやすくなると勧めていた。1週間後の今日までにはもう買ってきて使っていた。はやい。

plus 二次記述試験の英作文の採点ひとつをとると、公平に採点するのは困難を極める。東大と京大では英作文の型こそ違えど、受験生の英作文のスキルをしっかり測定できるような出題になっている。採点の労力には計り知れないものがあるのだがそれでこそ入試だと思う。
どれだけ英語の力があるのかを知るのに英作文の試験を含むことが必要で外せないものになっている。


plus 落合の新しい本は楽しみだ。

plus Eくんの勉強法を話していたFさんがスタ演25周目に入った。東大模試の数学が突き抜けている。全国順位が1桁に入っていた。スタ演ってすごいねー。ほめるのそこ?

plus 熱盛はいいコーナーだった。ストーリー性のない切り抜きだがなにもないよりはあったほうがいい。

圧勉とは何か。なんたるか。それは圧力をかける独学法のことである。
人の真似をするだけでなぜできるようにならないのかといえばそれは圧力がかからないからである。
指導者がここを通りなさいと扉を抑えている。その間に真似者が扉を通る。それは難関を通過するようでいて正確には、真似もんが立ち止まっているところを扉の方が真似もんをただまたがっているに過ぎない。真似もんの方は実際には一歩たりとも前に歩んでいないのである。

微分の100倍難しい積分、その計算方法を自分で練習してみるとき、コンデンサや抵抗のいっぱい連結した回路で電圧の関係式を考えるとき、酸化還元反応で電子の流れを追うとき、真似るのはかんたんでも自分でやるとなると、重圧がかかる。

そこを通過しようと挑戦しはじめてできたときに、そしてときにわかったと感動したとき、猛烈な解放感に包まれる。ある物事が自己自身に独自の仕方で新しく関連づけられたときの感覚は人間にとって最大の喜びのひとつであって人間が人間たることを満喫する瞬間である。指導者の真似をしているときにそのような重圧からの解放感や達成感がなく、かえってただ暗記するべき解法感、覚えようとする嗅覚ばかりが高まるのは虚しいものである。

技術習得のプレッシャー、スピードアップの強圧というものがある。それをくぐり抜けて理解したときの解放感を一度でも真に知ったものはセルフラーニングのステージの一段上に辿り着いていると言えば言えようか。

plus 語源の辞書が好きで勉強したことのあるどんな言語でも語源が詳しく載っているものがあれば購入してきた。

受験勉強の指導上、職場(あえてそう書く)であるはずの場所で毎日使う言語である英語の語源辞書は大きなものでも小さいものでも入手できる限りは全部所有している。はじめに引くことにしている最も使いやすいのがランダムハウス英和で語源について素早く引けて細かい単語でも掲載されている。この素早くというのが最も大事な要素で次に例文がいっぱい見られるというのが2番目に重要な要素である。もちろんヴォクにとって1番目、2番目に重要な要素であるという意味である。
語源を知ると単語と単語が芋づる式につながっていきどんどん英単語が繋がっていく。
こんなによい英単語記憶術はそうそうない。
辞書を引くたびに語源も見たら憶えられる英単語の量がその都度2倍にもできる。引く前に語源を予想してあたっているか外れているかを知るだけでも引く楽しさが広がる。
引くといっても入力するだけなので辞書を押すと言った方がよいね。

1つだけ問題は、熱中しすぎて中期英語や古期英語ばかりをやるうちに、現代の英語とは「関係なくなっちゃったよ!結構序盤の現代英単語、関係なくなっちゃったよっ!」というハライチお決まりのオチになることくらいだ。まー趣味みたいなもんだからこれでいいのだ。Thesaurusと語源辞書は引けば引くほどはまる、そういう世界だと思う。

はじめて英語の語源式記憶術を実践するときに次の書物は役にたつだろう。『語源で増やすサイエンス英単語』。光では医療系を志す子が多い。小学生中学生の英語に取り入れている。 

Merriam-Webster's Vocabulary Builderは語源にはまった人なら知らない人はいないのではというような名著。kindleのものもわるくない。

plus 英語はa, an, theと単数形、複数形の違いで名詞の区分を行う。この区分を習得するために毎週違いを確認するようなカリキュラムにした。とある週だけ冠詞や名詞を扱ったってうまくなるわけがないからね。ほんの小さな変化だがヴォクにとっては大きなこと。

ヴォクは新しい進め方を必要としている。
I'm listening.(話を聞こう)の映画トランスポーターみたいに。
過去のヴォクが依頼して未来のヴォクが聴いてくれた。

plus パソコンの中のデータはどういうわけか突然消えてなくなったりすることがある。
そこで自分でハードディスクにもコピーしているわけだがそれも定期的に行うのはなかなか大変なことである。
そこでgoodreaderとドロップボックス、google driveとの同期機能を活用し、最新のファイルが常にクラウド内に保存されるようにしている。

これならマックやパソコソが万一故障しても、iPadやiPhoneがフリーズしたりしても、クラウド内の問題データ、解説データだけは守られる。

入試問題を1980年以降の分、35年分くらいいろいろと保存、編集しているデータがあり、これがないとヴォクの仕事はパタッっと止まってしまう。

このデータを保護する策にはかなり気をつかっているというわけ。

今日の高校数学
光子: 「瞬間部分積分って速いですね。」(ニッコリ)
光 :「だしょー、早過ぎるね。」
光っ子:「楽しいですね。」
光:「歌もあるよ。ボヘミアンブブソディー。」

ママー、ジャスト、せきぶーん、ひく、びぶーんせきぶーん、たすビブーンセキブーン♪

ママー 
うーうーうーー

うたいたいだけー ママー。

光子 :(やばい人を見てしまったときの目)


plus ここにも書いたように、ある日デザイン通りに木を加工できる工芸家さんに出会い、デザイン通りに文房具とくに木のペンを作っていただいている。
市販のものももちろんいいのだがここがこうなっていたらいいのにとか材料にこの木材が使えたらいいのにとかの細かなところがどうしても出てくる。
そこでデザインを書いてお願いするという形にしている。
ここにはまだ普段使いしているペンの写真を一枚も載せられていない。
今度撮影する機会があればと思っている。

軸の中には万年筆やシグノや307の替芯などを入れている。
これらはだまがほとんど出来ず文字を書く時間が楽しくて仕方がない。

解説を歌にして歌いながら文字を速記する、あれ?、速記しながら歌いながら解説するのがヴォクのポリシーなのだ。(いや、ポリシーをかまないでよ)

ほなね。



posted by ヒカリ at 05:55| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

毎日マスクをつけているわけ plus 模擬試験結果と良問の風 plus 卵型のペンシュナイダー Schneider ローラーボールペン ブリーズ plus 重力と呼吸 ヒカリノアトリエ plus ニトムズ STALOGY スタロジー

キン肉マンみたいに毎日仕事中はマスクをつけ帽子までつけている。毎日マスクにメガネだけじゃない。マスクは二重の日もある。

理由は感染させないため、感染しないため。消毒は机使用後毎回即、次亜塩素酸水その後、アルコール消毒プラスアルファの二重三重処置。とにかく使用後ごとに消毒している。まー健康がないと楽しいたのしい勉強ができなくなるからね。
それだけは避ける。
空気清浄機は教室外の廊下まで2m間隔で設置し授業中フル稼働。

これはもう10年も15年も続けている。インフルエンザにかかったことも一度もない。

タイガーマスクよりも長くキン肉スグルより短い時間、装着しているだろうか。キン肉マンのキン消し、いつ捨てよう。まさか今更だれかにあげたくもないし。

ロビンマスクはもちろんもっているが仕事中にはつけたことがない。

plus
千葉県在住の2名の光塾生の子たちが2種類の会場模試結果を持ってきてくださった。目標にしている県内100番以内に到達していたようだ。

夢がある。国内での難関大学進学を考えている子なので今の段階で届いておく必要がある。高校は青春の母校そして学びの通過点と考える。

9月に実施済みの北辰テスト3年第4回も受験しており自己採点だけでなく間もなく本採点結果がわかるところ。
ここからの結果は仕上げ期を過ごす指針となる。学習重点の大きな転換の可能性も含めて結果をよく分析したい。

学習方法が地に足のついたものとなっているか。
なぜなぜなぜを考える原理原則に立ち返った学習姿勢学習習慣が身についているか。
基礎に盲点はなくなっているか。

そもそも、基礎基本を大事にしているか。
基礎はあらゆる問題の出発点でありゴールである。
あらゆる良質な問題は基本的なことをベースに成り立っている。
良い問題ほど基礎、基本の深い理解、十全なる習得を問うているものだ。

基礎の習得は復習時に差が出てくる。
わかるという感覚を大事にしているか。解けるだけではもったいない。問題は何を問題にしているのか。問題作成者の立場で考えてみよう。

問題の意味をわからないまま投げ出すということほどもったいないことはない。
わからなかった問題一題をノートに書き出してじっくり研究すること解き直すこと、考え直すこと、そこをじっくりやればやるほど、土台が固まっていく。

問題をノートに貼り付け、問題をノートに写して解き直してみよう。学習しよう、目の前にその良問を広げ、立ち止まって、風と声とを感じながら。
一題を深くふかく学習することが最も大事なことだ。あせらずに、一問ずつ、ゆっくり、ゆっくりと。

そのようなことを結果を見ながら感じた。この後、高校進学前にやっておくとよいことがある。まだまださらに技術を高めてゆこう。法則を発見する力、処理速度を高める力、原理や性質などを正確に実行するための意識の使い方、まだまだ高めてゆける。高校入試問題という狭い土俵の中でさえ、技の使い方はまだまだ高められるんだ。

4023E886-E0EA-4D6B-8105-15147F2BBC14.jpg095F7B20-26BF-439C-92E7-F5942487D88F.jpg

plus 合格不合格発表
合格発表の日は不合格発表の日でもある。
たとえば浦和高校を受けると言っている子が今年もたくさんいるが彼らに対して受かるようにということは指導中には考えていない。何かで失敗しても受からないことがないようにするにはどうしたらいいのかの方を考えている。
普通にやっていたら倍率通りの結果になってしまう。普通に備えるのでは受かったり受からなかったりしてしまうことになる。

文句なく高得点を揃える、というのが確実な戦略であり、崩れても450をどうキープするかということを第一に考えている。本番で450なら合格の可能性は極めて高くなる。判定がAなのか順位が何番だったのかはこの数値目標に比べたらどうでもいいことであり、当日も問題がどうであれ周りがどうであれ全体として数字の450を作ることだけを考えるように指導している。

ボーダーなどという頼りにならない数値を参考にするのはその時点でもう間違っている。
ボーダーがいささかも関係なくなる高いレベルに到達するには何をしたらいいのかを考えるのが戦略を立てるということだ。模試結果を見るときは何をしたら450になるかという視点が絶対に欠かせない。

plus 卵型
学生時代に卵型のシャーペンに出会って以来、ボディがその形のペンを使っている。
まん丸だとどうも手の中で回転しおさまりが悪い。
少しだけつぶれているとそこが持つ際の接地面になるため人差し指(上面担当)、中指と親指(下面担当)との設置面積が大きくなり圧力がかからず長い時間書いても指や手が疲れにくい。数十年の後にシュナイダー Schneider ローラーボールペン ブリーズに出会ったときも衝撃は大きかったがやはりこの卵型のシャーペンにはかなわない。

あの時出会った100円のシャーペンは、普段の物書きをともに過ごし、入試をともに闘い、そして今も、素材こそ木に変わったが同じ形でヴォクの相棒になっている。ヴォクの故郷の木、屋久杉の場合、瘤にできた赤みがかった色をした光明・虎杢はとくに癖が強くまん丸でない方がかえってもとの光明を生かせて削れると職人の方が話してくださった。
木取りの際にせっかくの虎杢をつぶしてまん丸にとるよりもかえってよい木取りになるとのことだった。
道理で上の面と下の面には屋久杉の細かい年輪がみっちりと神秘的に美しい模様をつくっている。そして強い屋久杉の香りを放っている。屋久杉の放つこの香りを一度知るとなかなか他の木には目が行きにくくなる。

同様の接地部の密着面積上の理由で三角形のボディも試しているが悪くはない。でも尖っているので指の中の回転に弱く滑らかさにかける。

卵型に戻る。卵の形をしたボディはテニスのラケットのように表面と裏面が出来る。
表面も裏面も木の杢こそ違えど大雑把な形は同じなのでどちらの面でも筆記できる。テニスラケットでどちらの面を上にしてもボールを打てるのと同じでとても使いやすい。

文房具屋に行くと市販のものでも卵型のものはどんなものが出ているかと見るが、なかなか少ない。

卵型は書きやすいのにと不思議でならない。オーダーするときは卵の模型を送っている。
その形、そのサイズで作成したい。

ラケット職人やバット職人同様、ペン職人はミリ単位でオーダーを満たす作品を製作してくださる。
ありがたいこと。

卵型のペンを中に収納しているペンシース(なめしの革で1.9mm厚は手触りが格別)と一緒に。
8A2FDA00-C846-4E83-A134-ED0E9DC15383.jpg

plus 重力と呼吸が楽しみだなあ。待ちきれないよ。
このブログの題は、ヒカリノアトリエにしよう。
youtubeに上がっていたヒカリノアトリエ(デモ)はヴォクは100回くらい再生しているのかな。
youtubeにミスチルと一度入れようものなら、そのまま朝になってしまう。まあいつものことだけど。
モノマネでも替え歌でもミスチルは見たい聴きたいのだよ。
もちろんミスチルが好き。

plus ここ数年来はAmazonばかりだったのだが最近はヨドバシドットコムに文房具を発注することが多くなってきている。書きやすいインクの替芯ニトムズ STALOGY スタロジー S5704 [4 functions pen 専用リフィル0.5mm ブルー]など仮に1本でさえ送料無料で届けて下さるどころかポイントまでいっぱいつく。何かお返しができるとよいのでレビューを使ったまま感じたままに書くように努めている。レビューは1分で書けるし自分の使っている道具の振り返りになって一石二鳥。 

plus パイロット 水性ボールペン Vコーン 0.5mm ブルー LVE-10EF-Lと水性ボールペン ユニボールアイ(0.5mm)【青】 UB-150.33のどちらも好きだ。
万年筆のように自分の好きなこれらのインクを贅沢に補充しながらローラーボールで使いたいな。

plus 毎日マスクをつけているのは光を開いてもう10年以上、挨拶の時も写真撮影のときもいちいちマスクをはずさない。
帽子も。
別に落合選手に近づきたくてイチローに近づきたくて毎日かぶっているわけではない。
ウイルスの中には飛沫感染するものが多い。
それを防ぐためでしかない。

ほなね〜(JAPANっぽく了)。
posted by ヒカリ at 05:57| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月19日

小学生に記憶術を指導 plus 今日の小学生数学 plus 小学生の英語 plus 大学への数学 plus 勉強ノートに補色効果を狙え! plus きょうのセンター ZEBRA JJ15-VRB。JF0.5 JLB-0.4芯 サラサとサラサドライのC300系替芯 plus 今日の高校生 plus 花巻東 plus シラバスと白いバスと行事予定。 plus 英語リスニングのリミット解除方法の1つ 長い話を英語のまま聴く

今日の中学生

酸とアルカリがぶつかって水になるのを中和という。中和はそもそもなぜ起きるのかという質問。
発想がいい。
なんでなんでなんでが習慣になっている。
水の電離というところで納得したようだ。
対数も知っていたので計算もできたがそれでも疑問を持ったところがいい。


今日の小学生

今日の小学生は英作文の600選と900選を終え、英文解釈教室を終え、ついに日本一難しい英語と言われる京大の英語を味わうところまで来た。

彼女は帰国生で今でも映画の英語が字幕なしで理解できるだけの力があり聴くことと話すことは問題なかったが一年前は書くことと読むことにはさすがに難があった。

ここまで一年間でみっちりそこをやってきた。英検はいよいよ準1に挑戦するらしい。

京都大学の英語ほど英語の実力を正しく測れる入試問題はなかなか他にない。
京都大学の英語問題のような入試問題は日本人が英語を学習する場合に、実力を確かめる最高の素材である。これからはあせらずじっくり進めたい。

plus 趣味のオレンジのペンの話。

99C07FA5-6211-4250-878E-6DB355765148.jpg

画像は毎日まるばつつけに使っているサラサの替芯、サラサとサラサドライが大好きで、「倒れても倒してもまだ書ける307」(UMR-83E)などと合わせて毎日書きまくっている。サラサの芯はレッドブラック、ブラウングレー、グリーンブラック、ブルーグレー、ダークブルー(つまりど定番のブルーブラック)など万年筆のような味のある新色も含め46色、どの色を使うか母艦の中の構成をあーでもないこーでもないと木軸に合わせながら入れ替えたり書いてみたりしているうちに、気づいたら朝になってしまうことが悩みの種でもある。インク沼を脱出したと思ったら今度は色選びの深い川の中。卵型の木軸ペンに合う芯はどれで、筆型の木軸につける芯はどれにしようか。木の種類に始まって、ペンの木軸の組み合わせがあって、どの芯を入れるかの組み合わせがあって、芯の色の組み合わせ、芯の太さの組み合わせ、ペンの金具の色はどれにするべきか。イエローの用紙に解説を書いておくとブルー系のインクは映えて記憶に直撃できる。補色の組み合わせの方が、そうでないものより目立つからだ。だから勉強ノートには黄色やクリームを使う(これも24周反復勉をしていたE君がやっていた勉強術)。どうしてもメインの母艦の中はブルー系が多くなる。SRSのインクでは、ブルーグレー、ミルクブルーグリーン、ブルーグリーン、ペールブルー、青、ミルクブルー、コバルトブルー、ライトブルー、シャイニーブルー、そしてブルーブラック(=ダークブルー)が書く方の色の中心となる。

また、覚えるところは赤シートで隠れる色であるオレンジ系統の色が必要で、そのポジションのインクはサブ母艦の方に集めている。

青とオレンジのはざまで、赤系統と緑系統を使う。
レッドブラックは陰影がついていつもいい味を出してくる、お気にの色だ。ヴォクの中ではこの色レッドブラックがセンターでライトにグリーンブラック、レフトにブルーグレーで最強の、朝顔の花の天然色に近い青系外野トリオが完成!と言いたいところだが、どの木にどの色を合わせるか、そして芯の太さはどうするかまで含め様々の可能性を考え仕上げようとすると、なかなか決まらないのよ。やっぱ46色って多すぎじゃね? もしかして逆に多すぎじゃね? 何万通りも比べられない。チョッカンで思いつく色を実戦で使いながらSRSの配置について、検討を重ねる。

何かを書くためにサラサを使うというよりもむしろ、サラサのインクを書くために無理やり書く内容を増やすというような感覚で、書くのが心地よい。サラサはジェットストリームや307と長さが同じでこれもいわゆる「C300系」。
改造なしでも木軸にスーイスイとつけられるのもまたありがたいこと。ただね、色数がなー、多いんだよなー。ローテーションして週替わり、日替わりにしたらいいのかなー、って。って、こんなことで悩むって、もしやヴォクはやっぱインク沼の中にまだ浸かっているのか。

サラサの軽い書き味スラスラ系と比較して、シグノは稀有のカリカリ系。使ったことのない人に説明するとすれば、極細の万年筆で書くときのカリカリの書き味。金属が紙に摩擦するあの感覚をわざと残して設計されている。とくにユニボール signoは20年以上ずっとほぼ毎日使っているがこれを超えるカリカリペンには出会っていない。
そして倒しても書けるuni-ball Signo 307をこえる倒しペンにもまだ出会っていない。シグノタワーにまんたん、常時100以上は念のためストックしてあると思う。
0D505227-2875-47F6-94C9-D51132BCD6FD.jpg


今日の高校生。
数学物理化学英語古文現代文などいろいろやった。言っていることは毎回だいたい同じで一冊の本を早く全体回して(森勉ネコ勉)する。全体の形を作ってその後に細かいところを反復させながら深くもぐっていって固めていくということ(サメ勉)。はじめての公園にきていきなり一本の木に感動してその木の下でずっと遊ぶのもいいけど、そのままさようならの放送が流れたらほかにあったのも見ないで帰らないといけない。まずは一周してみて全体も見てからどこで遊ぶか決めようよみたいな話はする。小学生の頃からコンコンと同じ話しかしないからまたネコとサメの話かと思われているに違いない。

一本の木の下で石で積み木してお花を飾ってじっくり遊びたいほうですとか言う子も多いけども。

化学はイオン化エネルギーと電子親和力のデータを見て考察する問題などを扱った。
熱化学の領域の知識もあると分かりやすくなる。今日は、物体を持ち上げて位置エネルギーを大きくするときと対照し考察した。(中学の化学で、位置エネルギーが小さくなり運動エネルギーが大きくなる化学変化は発熱反応であるというところまでは考えていた後だったので、物質の化学エネルギーを考えることには抵抗がなかったようだ。)
ある原子から電子を一個とって無限遠まで引き離すのと、重いピアノを大地からマンションの20階まで持ち上げるのは似てない?似ているよね。そだねー。

物理では、物理の仕事と数学の内積の式は似ているという話。似ているのも当たり前で物理の仕事をひとつの数式で表すためにベクトルの内積の式が生まれた。つまり卵と鶏だったのか!というような話だった。

写真は光子がわざわざコピーしてお持ちくださった資料からのもの。説明会があったとのこと。
職業を意識して学部、大学に進んだ後のことを考える機会が早くにあるのはとてもいいと思う。

一方で、大きな決断を15歳でするということ、非常に重要なことを今決めるということ、あせらずじっくり深く広く考えられるといいと思う。






9396FD47-001A-4105-A60D-17C31E62DD3A.jpg

631656EF-F6FE-4BF9-AEBF-573C8B9BB858.jpg

A7BB412A-AC94-4A60-A9B1-FD58C621A8ED.jpg

plus 花巻東の野球部佐々木監督のお話が強烈に印象に残った。
「100パーセントの力を出すには、200パーセントの準備をしろ」と常々言われていたとのこと。
そのことを考えながら、3、4月を過ごしている。

plus 外国語たとえば英語のリスニング、どうやって聴き取れるようになったのかと高校生に尋ねられた。
ヴォクの個人的な体験で言えば聴きまくっているうちにリミットを急にこえる瞬間が訪れた。

長い文章をCDで聴き続けてもそれは訪れなかった。
5ページを何回も聴いてもそれは訪れなかった。

10ページの文を毎日一ヶ月連続して聴いてもまだそれは訪れなかった。

数十ページや数ヶ月ではだめだった。

2時間の映画を3ヶ月続けてみていた頃にその瞬間がやってきた。今から20年以上前の話に遡る。

浴びるように字幕なしで映画をずっと観ていたところ、急に聴き取れるようになった。
誤解を恐れずに言えばそれまでは内容が先に入ってくるということは少なかった。先に文字として英文が脳内に入ってきていたのだが、ある頃を境に逆になった。
先に内容が先に頭に入り後からこういう文を言っていたのだなと日本語のときと同じような順番になってきた。
それは映画が面白いから内容を知るのに夢中になっているときに起きた。
字幕をつけながら100本観るのもいいが字幕なしで10本観るのもいい。
一度目の字幕ありでみたのを二度目に字幕なしで観るのもいい。
いや、決まった1つの方法などはじめから本当はないのだ。聴き取りたいという熱意、内容を知りたいという熱意がそのリミットの解除を促したと言えば言えようか。

留学生や外国人と話す際にこの映画突破前後でどのような変化があったかと言えば、限界突破後は喧嘩の最中にも聴き取れるようになったというような感じだった。
高校生の頃は喧嘩しているときになかなか聞き取れなかった。ディランの話し方の問題か否かまではわからないのだけれど。

plus 行事予定とシラバス
配布物の中で最も重要な資料が行事予定とシラバス。
今日の子(川越女子)が印刷してお持ち下さった。国語通信にはおもしろいことが書いてあった。先輩たちの勉強方法、古典の成績を伸ばしていた先輩方がテスト前に実施していた勉強方法とは!
B0DF470E-81EA-4359-B5BE-5C7BBD9B5B42.jpg

plus リンク SRS46 カラフル総選挙結果
http://mai-bun.com/srs46/results/
ヴォクのは31票だった。

plusチタン・アルミ・真鍮から選べる万年筆「KOSMOS ink」が今から楽しみ。

plus 毎月、東京出版の大学への数学は2部ずつ注文していたのだが先月から1部ずつにした。
違う保存の仕方を考えてのこと。
たとえば複素数平面なら、1996年、97年、98、99、00、01、02、03、04、14、15、16、2017年、(18年は11月号かな)と年度を連続して読むという楽しみもあり、コレクションの必要性が大きい。
毎月新しい数学が勉強できる。楽しくて仕方がない。

plus 今日の小学生数学
光指定図書の音声教材を聴いて理解して手を動かして数学Vの微分積分にきている。
この子は質問が多めなので光のdriveに疑問点を随時入れておりヴォクはたまに確認してヒントを書いて更新している。いちいちメールするのはブルブルなって大変なので無音にしていたがそれでも面倒だから今の形になっている。

東京から来ていて教室で会うときには演習と確認だけで、実際に理解する部分はすべて自宅で行なっている。

進みたい進路は大雑把にしか決めていないらしいが数学と理科は独学して高校の内容をどんどん進めている。きょうは実際にiPadで聴いているところを見てみたが2倍速で聴いている。
時折メモをとるとき以外は流しっぱなしという様子だった。
高速で勉強することがどれだけ大切かわかっているようだ。
今の5秒を大事にしなさいと100回以上伝えている。

plus 覚えたかを確かめる。
はじめはそういうことをしていた時期もあった。
いまは覚え方自体にもっとフォーカスできる。
世界にはせっかく記憶術がたくさんある。
こんなに勉強で役立つ技術をマスターしてもらった方がチェックするよりずっと楽だ。

覚え方が語呂合わせだけだなんてもったいないにもほどがある。

たとえば忘れる前に繰り返しチェックするというやり方があるが、繰り返し何回もやるのは時間がもったいない。遊ぶ時間が減ってしまうだなんて本末転倒。いかに楽して少ない時間で引き出せるようにするかの方に焦点をあてる。
7回読むとかもってのほかで、逆にどうしたら興味が持てるようになり好きになりいつのまにか覚えていたようになるのかを考えたい。

覚えようというプレッシャーがあるとますます憶える気が失せてしまうのが人間だから。
これは覚えなくていいんだけどね、ここは絶対に試験に出ないんだけど実は、と言われると人間気になってしまうものだ。覚えるなよ、こんなの何の役にも立たんぞという。かえって覚えてしまうもんだ。

ほなね。


posted by ヒカリ at 22:28| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月18日

日比谷高校、浦和高校の副教材 plus エイゴラボ。印刷教材(教科書と副教材 読み書き)、映像(視聴覚)、音声(聴覚)そしてタブレットの組み合わせ

英語の対話文や時事問題のテキスト構成を考えていて最近決めた。結局英字新聞の記事を中心にしたものになり分詞構文のオンパレードというような現実的という点ではよい書籍を中心にすることができた。これから高校生は(大学入試がいささか変わる影響を短期的に受けて)各種英語の資格をとることになるからこの教材でないとならない。(共通テストの民間試験を東大は現時点で活用しない方針を表明しているが一方で、国立大学協会は配点割合を「英語全体の1割弱」に抑える案を示している。個人的に思うところはあるが評価されるのがわかっていて対応しないのは損という現実に対処するため、入試をみて戦術はアジャストさせている次第。個人の意見を言う。学生を選ぶ入試くらい全部自前でなさい。)

入試傾向ががらりと変わっている以上、教材のラインナップも大幅な変更が必要だった。個人別にバラバラに組むのでヴォクの頭の中ではまだまとまらない。カラーコピーされたシラバスの冊子はこれから開く分厚い参考書のようで、子どもだけでなくヴォクの方まで不安と期待の入り混じった新しい感情がわき起こる。頭の中は混乱し何からどうやっていこうかとページをめくりながらくるくるグルグルの気分になる。

とくに高校1年生は大学入試が大きく変わるので教材構成を大きく変えた。

日比谷高校の子が副教材38冊を知らせてくださった。よい本ばかりだ。教科書が重要なことは当たり前として、教科書ではないこれら副教材の38冊をどう生かすのかを考えなければならない。

川越女子高校、浦高、一女、大宮高校、川越高校、春日部高校の子が教科書、副教材、学習の進め方なども詳しく書かれた冊子のシラバスをお持ち下さった。じっくり拝読しながら活用したい。

学校の授業、映像授業(画面収録機能の発達で種類豊富、2.0倍速再生で時短高速集中学習が可能になる、GoogleDriveなどcloudに収納しておけば机の前だけでなく、携帯やPad端末でどこでも見られる)、音声教材(全解説トーク攻略、聴くだけ、CD解説、ライブ講座シリーズたとえば『大人のための耳できく日本史実況中継』、『山口俊治のトークで攻略 英文法 フル解説エクササイズ (実況中継CD-ROMブックス)』、『望月光のトークで攻略古典文法 vol.1 (実況中継CD-ROMブックス)(←いずれも光推薦独学図書の1冊)など種類豊富、2.0倍速再生で時短高速学習が可能になる(youtube公式も設定でかんたんに高速になるよねー、そだねー)、電車通学の帰り道など空いた時間を活用できるなどメリット豊富)、参考書(「新・物理入門」など)、問題集(「数学 軌跡・領域 分野別標準問題精講」など)、教科書と併用して使用する問題集(いわゆる教科書傍用問題集)、個人レッスン、そして最重要の自習と色々な学習があるわけなので、いかに全体で方向をつけるのかが大切となる。復習の効率を最大化、高速化、光速化させるためにタブレットの活用は鍵になる。(新iPad 37,800円(税別)も魅力的だし、これだという端末には思い切って投資したほうがいい!とヴォクは考える派。県立U高校の国語ガイダンス資料には国語の紙の辞書の使用もすすめるということが書かれていたが、検索機能で100倍便利な電子辞書それも例の物書堂の作成した電子辞書、辞書アプリの方がいいに決まっている。1を調べて10を知るなら、逆に電子辞書のほうがいい!)

今年の大学入試では、センターで満点をとった方(現役高校生)がいたと知ったときは驚いた。大学でも塾生でもこれまですごい人をいっぱい見てきたと思っていたが、センター満点は聞いたことがなかった。

マークシート式のセンター試験は学力知力に加えて、処理能力と集中力がとくに要求される高度な学力試験で総合格闘技みたいなもの。多くの教科科目の総合力を客観的に(つまり採点者の主観の入る余地なしに)測定することができ、一次試験の学力検査として公平性を保つこともできる非常に優れた試験だ。大学が独自に行う記述型の二次試験と併用することによって大学側は多様な学生を合格とすることができた。
センター試験は存続させるべきだとヴォクは考えている。センター試験は2019年度(2020年1月)の実施を最後に廃止されるということはすでに決まった後だが。

最後に、開示点数をお知らせいただいた。点数開示はずっしり重い。採点の様子がわかる貴重な資料としても活用したい。

重い開示点数にさようならをして、ま新しいシラバスを片手に旅に出た、子どもたちが足跡をつけて行く、それぞれの足音を鳴らしながら。

光推薦独学図書
中学生の使っているエイゴらぼはめっさゴイスな問題集だ。衝撃だった。正進社さんはよい問題集をいっぱい出しているがこの英語のワークにはめっさ驚いた。
中学生の勉強をとことん見ていないと思っていないとこんな問題集はやってこない。

plus 東大に進んだ方が、参考書類書籍類を後輩にどうぞとくださった。300冊以上はあるようだ。
この方には10冊くらいはお渡しした気がするがお返しの計算が合わない。ありがとう、ありがとう。貴重な まるおぼえ英単語2600 の旧版。ヴォクが紙面が見やすいからと渡した本だが2倍になって帰ってきた。光推薦独学図書 数学のスマホ聴く勉セットもいただいた。彼女は高校数学を1年で2周した。スタ演にはメモがいっぱい書かれている。3項間漸化式の特殊解と一般解の意味など、見える。読める。直筆。自分の手と頭で考えたことがこんなにたくさん。
ありがとう、ありがとう。
英単語の本は数多くあるがこの本ほど実戦で使える英単語本をヴォクは他に知らないよ。
差異の中でこそ個性が際立つということに着目することがやはり言葉の学習法として優れている。

plus ヴォクの話。
ゲームが好きな子がいる。ゲームよりおもしろい塾にしたい。

釣りが好きな子がいる。フナ釣りの上尾園みたいなドキドキするところになりたい。

映画が趣味の子がいる。ポールニューマンの「評決」みたいにまっすぐになりたい。

外国人と外国語で話すことが好きな人がいる。外国語で話すときと同じくらいワクワクする塾にしたい。

文房具マニアの子がいる。上尾の文具まるみたいなワクワクするところになりたい。

読書が好きな子がいる。読書くらいおもしろい塾を創りたい。

旅行が好きな子がいる。

・・・


いや、比べにくいからっ!



(わざわざ製本してお持ちいただいた。
どこからやるのかすぐにわかるので便利。)

8B99044F-BB76-43D6-A692-1D69DF9B3F6D.jpg

plus 知識の教科と技術の教科
知識の教科たとえば生物は物理が1とすると10くらいの広さのことを高校で学習する。広い知識を身につけるには幅広い興味関心をもって探索するネコ勉がふさわしい。

逆に物理のような技術の科目になると知識自体はそう多くない。生物の知識を10とすれば物理の知識は1だ。しかしその物理の1から次の新しい物理の1へとつなげていくのには今ある物理の1を深くわかることが要求される。したがって物理をやるにはニシオンデザメ勉がいい(サメ勉とネコ勉についても以前足音で書いたので途中省略して書いている)。

受験勉強でもこれは同じようなところがあり、生物の学習法と物理の学習法は性質が異なっている。

教科科目が変われば学習法は変わるのは必然である。
全教科全科目が同じ勉強法で通用するということはない。

アジャストするというのも考えた方がいいし新しいやり方を作り出すということも考えていい。
なんでもかんでもみんなー踊りを踊っているだけではダメってことだ。パッパパラリラ。ピーヒャラピーヒャラついでで、はなわくんを見ると硝酸に見える。化学式がHNOというただそれだけで。同じくなつこさんとかナフコさんとか化学式をアルファベータで読むと語呂合わせだらけになってしまう。それで化学の授業はいろんな漫画のキャラだらけで絡み合うことになる。原作を知らない人でもはなわくんが酸性でさーなんていう意味のない記憶が残ってしまうよね、そだねー。ほなねー。

plus
posted by ヒカリ at 22:35| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

すごい子 モンスター plus Signo307タワー、シグノ207ビルという名の文具入れ小物入れが便利な件。plus kindleの本 plus 旺文社の化学辞典 物理辞典

すごい子だ。
全教科の問題と答案用紙を持ってくる子がいる。
頼んでもいないのに見せてくれる。

すごい子だ。
テストが終わると全教科の問題と解答をスキャンしてGmailにのせて送ってくれる子がいる。
こちらでは事前に見ておいて色々な備えができる。

めっさすごい子がいる。
駿台全国模試の結果がかえってくると、授業の際にすべてのものをそのまま全部きてくれる。
よい数字も悪い数字も全部ありのまま見せてくださる。
こちらではこの子の受験校の入試と見比べて必要な強化ポイントの確認ができる。

すごい子がいる。
100点のテストは持ってこないで悪かった教科の問題と解答用紙だけ全部コピーして持ってきてくれる子がいる。
試験のたびに前回は社会と数学を、今回は理科だけをと自分で決めて持ってきてくれる。

いかなるツッコミも甘んじて受けようという捨て身なので、ありがたく容赦なく辛口ぼやきダメだめ駄目だしの連発でお返しする。

間違いの箇所に、原因と練習課題がつまっている。そのことをよくわかっているのだろう。

ヤギは紙を食べる。ヴォクは紙のバツを食べる。

plus パーカータイプのジェットストリーム替え芯、ジェットストリームがパーカー規格というのには驚いた。

307がお気にのヴォクだが、ジェットストリームがかなり気になっている。

Signo307のタワー。このケースは替芯307にジャストサイズ。アマゾン・ディープ・インパクト・リバーで購入した「アイリスオーヤマ キャビネット 小物 深型6段 KC-100R ライトグレー」。天井までそびえ立つ木の本棚の、ど真ん中にこれまたジャストサイズで収納される。

ヴォクは、307タワーと呼んでいる。
109タワーを追い抜きたい。(渋谷かっ!)(ついでにイチローもきてー)
タワーレコードを追い越したい(渋谷かっ!)(ついでのついでにムネリンもきてー)

他の替芯の収納もこのタワーで組んだ。
替芯収納小物キャビネット←ここで購入した。

1、小物大物大器晩成モノのサイズを図る。
2、キャビネットのサイズを購入前に選ぶ。
3、大物小物を収納する。
4、タワー組みする。
5、タワーに名前をつける。ヴォクは307タワーと呼んでいる。
6、サイズ測る前に同じ307にジャストサイズのでいいんだーという307モードに滞在中の人は、これだ!

アイリスオーヤマ キャビネット 小物 深型6段 KC-100R ライトグレー↓


ほかの替芯が入居しているタワーは、中日ビルのようなすてきな色合い。
SignoRT1タワー、
Uni-ball Signoタワー、
BRFN-アクロインキタワー、
そして、最高度のサラサタワー、
と本棚の中にめっさ好きな替芯のタワーを並べるとオブジェとして活躍してくれる。

本棚というより、もはやボールペン棚にしかなっていないことに目を瞑りながら夢見心地になって、大波小波ファーラウェイ_φ(・_・
好きなタワーについて書こう。ここはそういう場所だよな。好きな映画も好きなイチローも好きなコーチえのもとも書きたいだけ書いている。好きなタワーについても書いておきたい。

テッテレー♩


EB2570F5-BA2B-497E-AF69-916467B01D38.jpg

BC5EA678-F3B2-4360-ACB7-3507A5AC9614.jpg

あ、そうこれがヴォクのペンタワー。こんなのでもヴォクにとっては宝物。好きな替芯が好きなだけ入っているからさ。
上尾のぶんぐまるで大人買い。
CF96DA7B-54E7-4465-9B6F-77969F4F4251.jpg
E486AFC0-333C-46E6-92B2-ADDA24D12362.jpg
各色、太さとも常時100本以上はシグノタワーにストックしているはず(あふれていなかったら購入主義)。207のときみたいに急になくなったりしませんように(いのり)。

C5E0369F-C626-4C1A-9BEF-627830D5154E.jpg

この木軸にはサラサをつけている。SRS46色のベンチ入りメンバーの中のどれがスタメンで行くかはその日の調子によって16:00くらいに急きょ決めることもある。きょうは暗記ポイントの出番が多くネオンオレンジだった。

plus kindleで本を買うことが増えていたわけだがいつのまにか500冊を超えていた。本棚に入らないことを心配しなくてよくなったので天井までそびえ立つ壁と一体化した本棚の方はペンの替芯やノート、手帳、時計など文具棚みたいになってきている。

最近は専門書もkindleで読めるものが増えている。
便利で大助かり。会員になるとかたっぱしから読んでもお金がかからない。
なんて便利な世の中になったんだ!
ずっと前から映画もほとんど無料で見られるようになっている。
amazonにはめっさ感謝している。ここで礼を書こう。
ありがとう。替芯を送ってくださるヨドバシにも感謝している。ありがとうありがとう。UNI - BALL SIGNO 207 PREMIER GELインクローラーボールブルーバレルブラックインク0.7 MM Tip Retractable umn-207ggも残り6本になってしまった。もったいなくて使いにくい。嗚呼。

plus 旺文社の名アプリ『化学辞典』を毎日使っている。
コピー機能、メモ機能まであり大助かり。

ノートパソコンをモンスター化するためSSDに換装してみた。さらにメモリーも最高まで積んで強化した。
元祖モンスターを超えるスピードマシンになった。自分でできるとかなり安上がりな上、PCの仕組みがわかる、愛着がます、何より使い慣れたマシンをそのまま使えるのがうれしい。このモンスターマシンはヴォクの指と一体化しているしショートカットキーなんかも動かさなくて済むからね。
あと5年はいけそうだ(希望主義)。ほなね。ほなねー。ほなねジャパン。
posted by ヒカリ at 13:04| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

新たなる挑戦 全部乗せで(2) plus KENを脱出して plus 学年一位にまで上昇した後に

布団の上でも寝袋に寝るとあったかい、ヴォクです、おっ波〜。マミー型はさすがにアツすぎるので封筒型だよ。

でね、方向音痴なんて言葉があるが、たとえばあくまで例えばだが、方向音痴の人がはじめて銀座にきてJRの駅から銀座のとある文房具屋さん、仮にI屋のG店と呼ぼう。そこまでたどり着けるかって考えてみたらいい。

そのときの道具はかんたんな地図がいい。目印はできるだけ少なく。銀座にある細かな名店も省略して駅からG店までできるだけ少ない目印だけを探しながら歩けばたどり着きやすくなる。

これと同じで、苦手科目というのは方向が見えない。自分は全体の中のどこにいるのかが全く見えていないわけだからまず全体自体を薄くする。
参考書には重要なこと、とくに考え方を中心に書かれているようなものを使う。
その本は極めて薄くてよろしい。科目の原理原則と考え方がズバリ書いてあって、例は厳選し、あえて少なくしてある。

いくら苦手でも薄いその内容を攻略することならなんとかなる。
そして一周廻してしまう。
一周回してもまだ終えない。
中味を全部覚えるまで6周回以上まわす。回転数を稼ぐことは大切だ。反復しているときには覚えていなかったところで脳がくやしがる。今回は覚えるぞーって、脳が力を出してくれるようになる。3、4、5周回目の脳は強い。

森勉シリーズで書いたが、1周回目を早期に、28日から3ヶ月くらいで実施し、あとは余った時間で何周も廻す。それによって、地図が入手できる。1日に1章にしぼって一章懸命7回程度読めばわかってくる。1周回目がきついわけだがこの本だけはなんとしてもの気持ちで読み込み考え込み読み込んでいく。解いていく。

土台の構築が終わった後に地図を入手した。
たしかにその地図はかんたんな地図には違いない。しかし6周した地図の上でなら自分がどこにいるのかが見えるようになっている。
方向感覚をもった状態になっている。

元苦手科目現方向感覚付き科目ときたもんだ。進まない進まない進まない進むだったのは昔のこと、今はどこを開いても地図の中のどこにいるのかがわかった状態、そこからどこかの細部を少し詳しくやるのは大変なことではなくなっている。

7周目に行かず今度は基本的な参考書にいよいよ進む。この時は骨抜きがされていない箇所もある。本物の地図は以前の地図より細かい。全体がパッと一目で見えない代わりに細部にたくさんの情報がつまっている。
今度の森の中にはいくつもの難所があるだろう。はじめはそういうところは避けてやさしい木から見てみるようにしたらいい。
難しい木や林は後に残しておく。それでも地図全体がもう頭の中にあるんだ。後からまた戻ってきて難しい木にアタックすることもしやすくなっている。

plus GG(ギックリ腰)から脱出したりKEN(腱鞘炎)が発動したり脱出したりした秋になった。
ちょいと手に自分で調べて買ってきた動かさなくする金具やサポーターをしていて実際身動きが不便な週があったのだが、とある光っ子が帰り際に「お大事にしてください」と。

あー、なんて素敵な子なんだ、そしてこんな人を育てた親御さんはなんて素晴らしいんだーなんて勝手に思ってた。

思っててもなかなか言葉をかけるまでふつうは行動できないとおもうのだけど、日頃寡黙な方がこういうときに限ってそんなことを言うだなんて、ヴォクはいま猛烈に感動しているイン オータム。 ほなね。

plus 見えるものが変わってくる。実力テスト学年一位はとってほしい。
今回の中間試験では、中学生の過半数つまり半数以上の子がそれぞれの在籍中学校のが学年一位をとっていた。
自己ベスト更新を繰り返していけば次の試験、次の次の試験では可能性は増す。

大きくなりたい、強くなりたいという人達なので普段は学校の範囲はまったく扱っていない。
過去問は1題たりとも扱っていない。
定期試験前には普段の範囲に加えて教科書範囲の総ざらえを行なっている。

学校のテストで高い点を取る方法は1つあってそれは授業を聴くことだ。すべてメモをとるでもいい。
わからない点を持ち帰って復習するでもいい。
定期試験のスコアはいかに日々の授業生活を活用するかで決まる。授業を考えて聞く。自分の手を動かして確かめる。知らなかったことはノートを見ないで自力でできるか練習し再現できるようになるまで練習してみる。自分ならどう教えるか考えてみる。やれることは少なくない。圧縮して授業中にそれらのことまでやればよろしい。

ある、エラーを少なくした方が話してくれた。
ミスの傾向、どんなところでエラーが出るかの集計、データ取りを二ヶ月間毎日続けました、と。
あまりに素晴らしいことを実施している。500点満点近いスコアをとってきている。次回は500点なのではないか、そう思わせるくらいのスコアをとってきている。この子の自分で編み出した練習法、データ取り。
そのデータ取りのことを後輩に伝えたいと思う。

plus さようなら六角家。
また埼玉から電車に乗って食べに来ましたぁ。と言うと、六角家の大将はだまってトッピング全乗せで出してくださった。きょうははじめて食べた時のラーメンを注文したのに。それが味わえるだけで幸せなので「せめて支払わせてください」といったところで当然のように聞いてもらえなかった。学生時代週に3回くらい通ったこの味。あー、うまい。行列で何十人ものオーダーを固さ、濃さ、脂の区別ごと暗記してしまうあの方はいまはもういらっしゃらなかった。でも、このラーメンの味は、はじめて口にしたあのときと変わらない、衝撃的に美味しかった。

plus 教材はiPhoneとMacで作っている。
化学式までほとんどの作業がiPhoneで終わるので助かっている。

plus 理想の木のペンをつくっている。
まず金具はほとんどない。替芯を入れるところ以外はプロゴルファー猿のウッドみたいに木1枚をくりぬいてつなぎ目なし卵形のボディ。

最後に表面に漆を塗って仕上げている。
いい木を保存し長く使うためには最後の仕上げをどうするかがいちばん悩む。

バイオリンの弓に使われる材の15mmの木軸のなかには20の頃からずっとつかっているsignoのインクを入れることが多い。
インクはほかにもあるがsignoには満足している。
ひとつだけ、この最強のシグノの弱点は色によってかすれに差があるところだけ。
全部の色がマンダリンオレンジ以上の出具合だったら言うことない。
でも48色もある方にむしろ感謝している。




posted by ヒカリ at 05:48| Comment(0) | 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする