2014年03月19日

表札が光らなくて

いつからだろう、太陽光で光る(はずの)光塾の表札が光らなくて名前がとんと見えない。

これでは光らない塾だ。

まあよろしい。

表札が光っても光らなくても中の電気が光っている教室があればいいではないか。

どうでもよい表札はさておき、光っている参考書の話も。
「わかりやすすぎる本は親切すぎてわかった気になるだけで不親切だ」などとよく聞くが、わからないよりはわかった方がおもしろいというのもあって、かんたんなことを難しく書く本よりは難しいことでもかんたんに説明している本が好き。

そういう本が好きなので子どもにもそういう本を紹介することが多い。

自学独学スキルがあがればあがるほど、どんな本を読めばいいのかさえわかれば自分でどんどん勉強ができるようになる。どんな本を選ぶかは重要でときに運命を変える。

物理がわからなくてきらいだった人がある参考書を読んで感銘を受け大学の理学部物理科に進んだこともあったし、英語が嫌いだったところに「英文解釈教室」を読んで高校の英語教師になった人がかつていた。

よい本には工夫がある。体系がある。やるべきことのTO DOが見える。よい問題集には到達点(と呼ばれるもの)がある。
いわく、「この本をマスターすれば本番で60点中50点はとれる」といった言い方がなされる。

プラン中の一人としてそういう情報は嫌いではないが実際に手にとって読み、鉛筆を持って解いてみるのが一番である。体系的といわれる本はどういう体系を示しているのか?
到達点が高いと言われる本にはどういう指導技術が発揮されているのか?

かくして読みたい参考書は増える一方で、買っても買っても読んでも読んでもまるでなくなるということがない。

アマゾンやオークションでは絶版の本でも破格の値段で入手できることがあるので毎日検索をして安い時があったら(ボヤッキーの)ポチッとなをするという一連のタスクがなかば趣味化しているのかもしれぬが買った本はもったいないからとりあえず1回は読むので趣味というばかりではないだろう。

読むために探しているのだから読む方が趣味であって安く探す方は趣味と呼びたくないに3000点。

春休み中も神田で新しい科目の参考書を昭和時代のものも含めて本棚一段分くらいの結構な数、入手した。
一息ついたらレビューも書きたいと思う。こんなことを趣味のようにしていて入試問題は全国30年分以上、棚に集まっている。研究のためかコレクションのためのコレクションなのか区別がつかぬ。

新しい科目とは、毎年一つずつ新しい科目の勉強をするのを年のテーマにしている。毎年とは言っても一度やったら東大京大の入試問題がスラスラ解けるようになるまでやめないのでひとつの科目を2年も3年も続けてやっていることも多い。「今年の科目」と言った方がいい。

今年は新しい科目をはじめることにした。塾生と一緒に学習しはじめた科目は高校一年生以来だったので新鮮。自分が高校一年生になったときの感覚を思い出しながら読み解きしている。

おもしろくて仕方がない。
独学といってもホームの本が体系的でかつわかりやすいので、本に学んでいるというのが正しい。

サブの本もホーム図書と合わせて読み比べするとおもしろいものがたくさんあり、サブがホームになることもある。

順番は問題ではない。
ヴォクの独学法は、単元だけ同じにしたまますきな順番にすきな本を読むというやり方が多い。いわゆる乱読のようなものか。
ただしホーム図書だけは最低10周くらいは読み返す。
比べ読みした上で、血肉化したい勝者の本はそれくらい読まないともったいない。

筆者が何年間も何十年もかけて書いた本だ。
せめて5周はせねば身につくもんも身につかねぇ。



posted by ヒカリ at 18:42| 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

セルフラーニングと記憶力向上

ことし高校生たちと読んだ英仏の記事の中でラーニング指導上とくに参考になった記事は下の3つ。


うたたねの効用、トリッキーなつづり字の覚え方。
http://selflearning.seesaa.net/article/295059338.html

褒め方
http://selflearning.blog.so-net.ne.jp/2012-05-16-1


書いてあったこと、調査結果は、
「うたたねを15分くらいしたら力が回復して勉強成果が出る」

「トリッキーなつづり字はこうしたら憶えやすくなる」

「子どもを褒めるときの一例 成果でなく過程に着目する」

ほかにもいくつかあったので引用元をまとめたらまた書こうと思う。

先日書いたイチロー選手の「プロセス」の言葉はとくに印象的だった。
「(試合に至る)プロセスとしてもっとやっておけばよかったというのは一切ない。」(イチロー選手)(中日スポーツよりの引用)


結果を出そうとする前に普段の練習やプロセスを徹底することを彼は意識しまた伝えてもいる。
そういうところがプロスポーツ選手としての彼の魅力のひとつだ。

昨日、数学のとてもわるい試験結果(問題用紙、答案用紙まるごと全部)をもってきてくれた子がいた。
練習ではだいぶ上達していたが本番で失敗した。

彼に西武ライオンズの中島選手が実践しているスランプ脱出法「バットを持たないで練習する」の話をした。
彼は試合で打てなくなると感覚をとりもどす(初心に帰る?)ため練習で一切バットには触らず試合の打席に入るときはじめてそれを握るらしい。

「中島選手のことはよく知っています」と彼は答えた。

結果を出すために何回も100点という言葉を出した。
でも失敗した。
どうしたら100点がとれるのかもう策がつきた。
荒療治で毎日2、3時間それを練習するという方法(それがきっとふつうでまともな解決策だ)と、バットを置くという方法の選択肢を示した。
結果が出ないときに人はあきらめる。



そのあきらめたあとどういう考えを持つのか。

あきらめたままでいるのか、思い切って行動にうつすのか。
どうするのかを見ていよう。

彼は悩んでいる様子だった。
それは努力して練習していることの証でもある。








中学1年の頃、記憶術の本をいくつか購入した。中に1つよいものがありその「連想式」のものをトレーニングし覚えるまで覚え、思い出すまで覚える記憶術をつかんだ。
カセットテープ解説のついた本だったが古本屋であの本と出会えていたのは今考えても幸運だった。

10月模試の結果を分析した。子ども達には個票の写しをいつものように返却した。
中3では、国語100点と95点が全体の半数あり考える学習については(全体として)わるくないとわかった。5科と3科でみると5科の方が3科を上回ることがずっと続いており暗記力のトレーニングについても(全体としては)わるくないとみた。暗記については小学生のころに毎週約40項目を課してきた。漢字なら週速30語。国語力が確実に上がる。

今の小学生も同じ。それを年間48回つづけている。満点主義の子たちは年間で約2000のことばを憶えられる。この差が実力差をつくる。
偏差値平均の一番よいのは今年の代も数学。小学生の頃から中学数学をやっているので自然の流れ。


それでも合格判定はおもわしくない。難関は遠い。
11月模試、12月模試の次の2回で結果を出すしかない。

理解型学習と暗記型学習のどちらかだけが進んでいてどちらかが遅れていては難関の合格は果たせなくなる。結果の個票は直視するため机にはりつけてしまえ。
今、課題があるのは問題ではない。本当に困るのは3か月後に状況が好転しないことだ。
今週覚えるべきことはどこなのか。
それを覚えるために隠してサクサク言えるようになったのか。
今週トレーニングするべき技術はどれなのか。白紙に短い時間でスラスラと書けるまで繰り返し練習したのか。当たり前のことをやるだけで実力は上がる。やるしかない。
posted by ヒカリ at 06:48| 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

定期試験もある

模試のことばかり普段は意識してたが、定期試験の前になると定期試験のことを思い出した。

普段は無学年式に進めているので学校の教科書やテストのことにまでなかなか思いが寄らない。

今日も戻ってきた科目の点数報告メエルがあった。今年も定期試験は全員400点以上塾生平均450点、ただし中1は初回は全員450点以上の目標で動いている。

中学生は毎回全員で達成といきたいところだが、私国立中の試験問題は難度が高いからどうだろう。

戻りの様子を見ているととくに中1は大きな失敗がまだないようだ。
満点が結構な割合である。
まだ一人しか5科目返ってきた子はいない。

この子(O中)は1学期中間試験の結果が100、99、100、99、98だったらしい。
おしい、あと4点。

失敗したら次へ向けて成長チャンスと思っているのだが今のところ全員大きな問題がない。たまにはこういうのも悪くない。
posted by ヒカリ at 00:20 | TrackBack(0) | 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

定期試験学年一位(了)

中3生は次回の学年末試験で中学生活最後の定期試験となる。泣いても泣いてもファイナルラウンドだ。

何度か書いたが中学の科目の学習内容に才能なんてものは関係ない。
中学の科目の学習内容に才能なんてものは関係ない。



中学の定期試験は努力したものが点数をとる世界だ。
ヴォクの塾は定期試験の過去問は一枚も配らないが、努力することを教えている。

最後まで自分の話ばかりでかっちょわるいが、ヴォクは高校入試で一位合格を目指して勉強していた。塾にはたまたま行ったことがなかったので教科書と書店で買い求めた参考書・問題集を利用した。
中3になっても14クラスで学年一位をとっていた。

中3の学年末試験。高校1位合格を目指す以上、中学内レボーでトップをはずしておきたくはなかった。その中学は県内トップの公立高校に例年何十人も行くような勉強中学だった。校内順位はヴォクにとってそのまま入試を占う目安になった。

中3の3学期。最後の定期試験。通知票に関係なくとにかく点数をとるために勉強した。3学期の成績が高校に行かないことはどうでもいい。ヴォクはヴォクの決めた目標を達成するために準備を重ねた。

結果は数学、英語、社会、理科、国語とも学年1位の得点だった。完全勝利。

点数は数学100、英語100、社会100、理科100、国語81。国語はこんな点数でも学年1位だった。

自信があったからだろうか、高校入試当日の朝にアクシデントで眼鏡が割れたのだが試験はなんとかなった。

高校入試を前にする。通らなかったらどうしよう?(という不安がよぎることがある?)


あなたが通らなくて誰が通るの?という子がいる。
ヴォクは言いたい。あのね、あなたはあのときのヴォクよりがんばっているよ。
むしろトップ合格、めざしてもいいんじゃないかな。


後記:
定期試験学年一位を目指して猛練習を重ねた子がいた。
残念ながら3年間15回の中でとれなかった。


ほんの僅差であったかもしれないが、金メダルには届かなかった。


でも次につなげたい。
本人からまだ目標を聞いていない。
ヴォクはコーチに就いたので勝手に考えてしまう。


高校ではそれをとってみたい。
社会理科が鍵になるだろう。
英数国では失点はほとんどないはずだから、と。


難易度はさらに上がった。
オリンピックみたいだ。
天下一武道会みたいだ。
でもあの子ならそれができるかもしれない。



定期試験学年一位(了)
posted by ヒカリ at 02:28| 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

定期試験学年一位(了)

勉強のツクリカタの話。

近場から自転車で来ている子もがんばっている。めっさ地元の公立中からでは前回1学期の期末試験結果順位では、ヒカリっ子が桶川東中学校の学年2位と3位、桶川中学校の学年1位と3位だった。学年一位を狙っている子がいるのでヴォクも何かの応援のつもりで書いている。



まれに、間違った問題を(人から言われなくても)自発的に解き直している小6生や中学生がいる。高校生ならそういう自発的な学習をするようになるのは当たり前なことだが。

これはやりなさい、あれはやりましょうと言われた課題とは別に、自分なりの仕方で、間違った問題をノートに書いて(貼り付けて)解いている。

そういう子は伸びる。自分の力をもっと伸ばしたくて人に隠れて自主練をしているのだから、それに比例して当然伸びてくる。恐ろしいくらいに伸びたりするのはそういう隠れた、人に見えないところの学習をできている子たちだ。

先の夏休み明けに数字を一気に伸ばしている子たちがいる。今年は模試での総合偏差値を4月から7月で16ポイント上げた子がいる。7月から9月で14ポイント上げた子がいる。きっと秋にグングン伸びるだろう。ベクトルの向きが違う。

7〜9月の努力は10月の試験までに形になるんじゃないか。




((相対順位に関わる)定期試験学年一位シリーズは、(絶対得点に関わる)フォー・フィフティーシリーズに移行します。ほなね。)
posted by ヒカリ at 22:23| Comment(0) | 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

定期試験学年一位(46)

中3生は定期試験も残すところついに数回になったね。今まで何回受けてきたことだろう。

2学期中間、期末。終わりに全部をぶつけよう。ここまでと思ったらそこまでだ。まだまだと思うならまだまだいける。
行けるか行けないかを決めるのはアナタただ一人。

目標が他人に与えられたものでなく本当に自分が欲しいと考えているものなら、今から何日かけてでもそれをとりにいけばいい。何のテクニックもいらない。要領もいらない。最後は地味で愚鈍なまでの努力の積み重ねが勝利をもたらす。
復習が終わってヒマなんじゃないかな?それなら予習しよう。国語社会数学理科英語。道具オッケー。ターゲットロックオン!独学でGO!
posted by ヒカリ at 15:03| Comment(0) | 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする