2015年10月24日

東京から来ている光っ子 plus 体系と暗記の余白で

東京から来ている子。電車の中だけでもお茶の水駅から片道1時間かけて塾まで来る子がいる。(学生時代にお茶の水から横浜まで電車に乗っていたので面倒さは理解しているつもり。お茶の水は夜明けによく友達と歩きながら話をした。広くていろんなものがあるだろうけどヴォクは大学と茶駅の周辺しか知らない。)

高校生にもなれば片道一時間以上の通学を毎日続けるのも珍しいことではない。しかし小学生のうちからそういうことをしてまでこの子はやってくる。目標は聞いている。達成せねばならない。

体育の授業中に骨折してしまい松葉杖、ただいまの塾の授業の帰りは駅までタクシーを使って帰っていった。

授業にせっかく来ているので何かしら伝えることができたらと思って授業を実施した。せめて何か伝えたい。

先週のきょうは高崎線が一時期とまって千葉県から来ている子の帰りの時間がかなり狂ってしまった。
遠いというデメリットがあるので、交通事情を不便に思う。
この点はいかんともしがたいので逆に何かメリットはないのかと考えてみる。

電車の中で暗記を進められるくらいかな。他にはとくに思いつくことはない。

暗記の大部分は電車の中で済ますことができるようになるだろう。
済ますというと暗記を嫌なもののようにとらえているみたいな言い方だが、ヴォク個人は暗記しなければならないという状態は嫌いなのでそう書いている。

いくら原理原則や体系を知ったとしてもしかし暗記を避けて進むことはできない。覚えるべきことは覚えるまで完全に覚えないといけない。

暗記が好きという状態を目指したい。せめて自然に覚えていくというサイクルができるように。
そんなところを目指したい。

というわけで何人かの子に雑談で、どういう暗記の仕方をしているのかを聞いている。それをメモしている。

ある子の参考書には、覚えるべき式だけでなくなぜそうなるのか、どうしたら導けるのかがすべて書かれている。

その参考書は体系を10のパターンで示したもので覚えるべきことを一気に減らすことができるし、式を自分で1から作ることができるようになる。

ただし1からの1だけは絶対に暗記しなければならないのだ。
その1の知識に対してその子は10くらいのメモをその参考書に書き込んでいる。

赤色とあれば赤ペンで青色を示すとあれば青ペンで絵を描き、自分で調べたことをも書き込んで参考書が自分色に染まっている。

あーこの子はそうやってこの教科の通になったのだな、と誰が見ても思うような、一冊の参考書。

あろうことかその子は大学入試の合格発表日にその本をヴォクにくれた。
「せんせい、いままでありがとうございました。質問してわかったことなども書き込んであるので使ってください。」

そういう本はどこにも売っていない。どこでも買えない。
著者の魂と汗と涙と、学生の努力の結晶。

まとまらないまま了。電車の中でできること第1位は本を読むなんだろうけど、暗記を済ましてしまうこともメリットだと思う。(2回目)

先日もある子にその話をした。
高校まで1時間電車に乗っている子。

すると一蹴された。
「酔うのでできないんですよねー」



2015年05月09日

定期試験の範囲票の10倍大事なもの シラバス plus チェリーセージ桃ピンク と 薄桃

きょうの中学生。
シラバスをもってきてくれた。ありがたいこと。

昨日の子は部活の人数構成票などもって来てくれた。
何をもってきてといちいち言っていないといろんなものが見られていいかな。そもそも人に習う以上、情報は共有しておくべきなのが前提なのでそれを持って来なさいなどといちいちヴォクから頼まない。将棋の持ち駒を盤上に並べておくのと同じくらい当たり前の理屈だ。

何部が何人で練習の休みは何曜日なのか、ひと目でわかる。こういうのも情報開示というのか。
01DEFFF3-9263-4AB0-B2FD-043D2F539FC4.jpg

シラバスがあれば今はどこを習っているのか。次はどこを習うのか。見たらわかる。
何の教科書で何の問題集で何の資料を使ってゆくのか、書かれている。
テスト範囲はどこになるのかといちいち尋ねなくても尋ねられなくてもよく、無駄な会話やメールを減らすことができる。
中間テストまでにどこまで進むのかはもうそこに書いてある。
定期試験の範囲表などもはや必要なくなる。
それがシラバスだ。

マニフェストと同じで学校の授業でもその単元をきっちり扱う必然性が(たんに教科書に載っているだけということよりも)大きくなり、この単元はなんとなく触って終わりとするようなことも少なくなる。

だからシラバスはあると便利で、当然それはヴォクも使いたい。シラバス、こんなに便利な資料をヴォクは他に知らない。あまりに重要だからだろうか、生徒だけでなく保護者会で保護者にも配付されたとのこと。シラバスの最大活用をしている学校だ。


最後に、シラバスの表紙の色は、白です(しろバスだけに)。

plus チェリーセージ薄桃色(手前に桃、奥にオレンジを置いて差を確認しながら)。
桃色は白とのコンビ色なのでまさに桃色。
あー桃が食べたくなってくる。

D36E32BD-AF8B-403D-95E8-6641E684785F.jpg
BCA2485D-E406-4278-9F9C-F5778797979A.jpg
オレンジも好きなのでちょっと拡大して桃にしてみる。

こっちは同じ桃でも薄もも
8336B2E7-F1B7-4C01-89E8-BCF0676D8C4C.jpg
黄色や白と並ぶときれい。

こちらは樹種が違うが色は同色系。
チェリーセージの橙が花をつけた。
A0AFBC8C-8D83-49DA-9491-DE835EE04271.jpg

かわいいチェリーセージの欠点はどんどん大きくなるので場所がなくなること、挿し芽でかんたんに根が出るのでどんどん仲間を増やしたくなってしまうこと、素人のくせに品種改良に挑戦したくなることだ。
まともな庭がなくてよかった。

そして、池の鯉は食べないが、ハーブは増えすぎた分だけ摘み取っている。捨てるのはもったいないので飲むようにしている。
お湯に数本そのままいれてハーブティーにして飲んじゃう。
ティータイムもいいが、タイムティーは最高なんだ。


2011年07月19日

受験生の熱、日本の熱。

今日は受験生だけ。



受験する学校の過去問をヴォクが指示する前に持ってきた小6生。
着席するなり
「持って来ましたぁ。夏からやると前に言われていたので。」
熱い。
確認テストは全部100点だった。




高2の子に夏にやることを聞いたら物理の力学の復習。
数学の確率の復習、と即答だった。
熱い。



熱い。

高3生。
極限も積分も行列もすごい勢いで解いていた。
集中モードに入っていて声をかけるタイミングがなかなか見つからない。




熱い。

高2生。
駿台全国模試の結果を答案用紙ごと丸ごともってきてくれた。
数学で計算エラーがあって大問ほぼ丸ごと1つ落としていたにも関わらず学年順位、
全国偏差値とも数字がきっちり残ってきている。
失敗しても、持ちこたえられている。
小学生の頃から意識している(はずの)第一志望大学の合格判定が良好。
記念に全国成績優秀者の紙を借りた。




受験生は全員ヴォクよりhot motto熱いということが判明した。




熱い。

(中3生に)昨日の学校説明会で何かあった?と聞く。 
「はい。入試は実力点勝負だと先生に言われました。
内申が多少悪くても点数をとれば合格しやすくなりますと言われました(県内トップ校は内申よりずっと当日点重視)。
しかも、その先生がちょうどサッカーの顧問をされている先生だったんです。」
秋の(厚い)教材も前倒しして手渡すと、
「ありがとうございます、うれしいです」と。
教材にほおずりって! 
ちょっとヴォクのテンションが追いつかない。
おかしいな。やっぱサッカー部は違うな。
なでしこや神戸出身のキャプテンを5試合や6試合応援したくらいでは追いつかないな。

でもなんで鉄人28号のカセットを持ってるんだろう。てか、カセットて何?(こわくてきけなかった)

ネタとして1000段テスト中28段のところだけ28号と仕込んでいたのがあっけなくばれた。


「せんせーここだけ28号になってます!
ぼく、鉄人28号のカセット持ってますよ。」



もしかしてヴォクって若返った、そういうことなんか。(スッキリ)

そういえば、今日の小学生はめん丸の餃子を知ってた。(通じる予感)

そういえば、今日の小学生はパーマンを知ってた。
「あののびたに似てるのですか」と。
そぉそれーーー(通じる予感)。


パーマンは、三角形の3つの内角の和という単元で、
「パーマン1号、パーマン2号、パーマン3号(3つの角を指差しながら)、その中で人間でないのはどれ?そしてみんな集まると何になる?何度になる? そして答えを証明して(同位角と対頂角が透けて見えるエンジェル補助線をすーーーっと引きながら)。」というところで出てきたのだけれども。


続きを読む

2011年07月16日

タイガーチャージ(2)

今日の中学生。

会場模試前の最終回だったので、ヴォクが大事に思っているタイガーチャージの雑談があった。

(全英オープンにも出場していた)石川遼選手はどうして強いのか。

逆境に耐えることができるのはなぜか。

普段はどういう練習をしているのだろう。

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会にも出場しているなでしこJAPANはなぜ強いのか。

普段はどういう練習をしているのだろう。

結果をつくるための試験の受け方というものがある。

まず自分のやってきた練習を思い出すこと。

(生まれて以降のことは多少省略するにしても)12月からずっと総復習を重ねてきて今がある。

それは厚い熱い夏を経てこの秋に必ず形になって現れる。

練習したちょうど同じ分だけの数字になって自分に返って来る。

自己ベストは偶然によってマークされるものではない。

日曜日の会場模試。

自己採点の結果がたとえどんなものであってもそれは自分の実力である。

その結果を夏につなげ9月の自己新記録につなげてゆこう、みたいな話。

花火に対抗するための【太鼓モード】だったので、詳しいことはあまり覚えていないけれど、

そういう話だったような、

いや、メインは8月7日(日)の祭りの話だったような気がしないでもない。

タイガーチャージ(1)

2011年04月13日

お役立ち系サイト 〜NHK 10min.ボックス〜

http://www.nhk.or.jp/10min/index.html

10min.ボックスでは小中高生に役立つ番組がたくさんあります。

いろいろの種類があり、いつでも見たいときにネットで利用できて便利です。

http://www.nhk.or.jp/10min/nihonshi/ja/frame.html


こちらは日本史です。

2011年04月10日

お役立ち系〜NHK高校講座昨年度放送分〜 

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/library/

いい感じでヴォクも好きです。

数学Tを観る時に、

髪が短いのにっ!とかツッコミを入れてはいけません、ええ。