2016年09月23日

化学は中1のうちに高校1年までの化学を紹介するしー。 plus Beatles 4 EVER plus 例文集に宇多田ヒカルさんの歌をのせて plus ヴォクのお気にシャーペン plus きょうの小学生国語要約

あのね、中学理科の二酸化炭素が水に溶けて酸性、アンモニアが水に溶けてアルカリ性というところがあるよね。
あそこで一気にイオンと水素イオンと水酸化物イオンと酸とアルカリと中性まで説明しているの。
すると理科が暗記なんてもんでなくもののひみつにせまる科目だということの楽しみが伝わるかなーって。

plus
梅酒の720mlの瓶が空いて捨てるのももったいないしタンブラーにしていつものお気に薬草茶を煎じた。さてそろそろ飲もうかなと思ったら熱くて手に持てなかった、ヴォクです。

キュンとする歌詞は例文集の中に自然に多く入ることに気づいた。

作りためている英語の例文集でもっとも多い映画の台詞や言葉ではなく英語の歌、歌詞からの出典を数えてみたらビートルズとクイーンの次に宇多田ヒカルさんが多くランクインしていた。with or witout you ほか。大好きなミスチルとMisiaは英語の歌詞が少ないからか数えてみると意外に少ない。宇多田ヒカルさんはもっと英語の歌も歌ってほしいなー。何語でも伝わるものは伝わる。copyでよく外人の方が宇多田ヒカルさんの歌をコピーしている動画なんかを見る。世界で愛されているんだね。

自分で自分の好みを例文集で知った。

「英語の本質がよくわかる英文法講話」みたいだが、気になる文は旗を立ててエクセルに保存している。文法的に気になるものがあるとストックしている。これは趣味なのかもしれない。

plus きょうの中1化学
蒸発と沸騰の違いを扱った。どうして洗濯モノは沸騰の起きる高温でないのに起きているのか。逆に沸騰とはどういう現象なのか。ニュートンとパスカルとアトムをやっていてよかった。力と圧力の考え方を習得済みなので沸騰の話が組み立てられる。圧力は、だから、化学よりも先にやっている。
これがもし化学が先だったら、圧力がわからないから、ボイルの法則も理想気体の状態方程式も通じない。
物理化学の学習順は重要だ。

plus ヴォクのお気に入り文具のコーナー
08D5BED5-C230-4E83-B781-DAC17E761094.jpg
画像はチャクテビガの木のシャーペンを白黒撮影し低画質にしたようなもの。職人のSさま作。1つのマスは5mmの正方形。
白黒撮影するとオレンジ色ではなくなるが、ホワイトタイガーみたいな杢を楽しめる。こちらは1秒を争う試験用、仕事用だけではなくヴォクの趣味のいやし文具でもある。芯は自動で出るタイプでもなく折れないデルガードでもない。1秒でも時間を増やすためのシャープペンシルデルガードの方はまた今度。

冷めてからなら持てた。
お茶と梅酒って色が似ているなーって。
A8185788-12C6-4CEE-A8F0-68154D911D57.jpg

D06339A2-F53B-44AC-B680-15F0D4495129.jpg

plus ヴォクのお気にラーメンの話。
家のすぐそばに日本一うまいつけ麺屋がある。
つけ麺はもちろんなのだが、野菜つけ麺のもやしがめっさやばい。

plus また眼鏡の話。
メガネが好きすぎる。たとえコンタクトがあっても眼鏡をかけたくなる。(天野ひろゆきかっ!)

好きなメガネを見つけるとサブや控えも同じフレームで揃える。睡眠用、風呂用、ドライブ用、書斎用、書き物用、読書用、PC用、映画視聴用、テニス用とどうしても最低5つはストックで揃えることになる。同じメガネにする理由は視界が同じだと頭がクルクルしないからというのも大きい。
メガネを変えると視界が変わり落ち着かないから同じ度数で同じフレームである必要がある。
フレームの色くらいなら変わっていてもよいので正確に言えばイロチで買い揃えることになる。1つのフレームだけでもう一生分持っているのだが10生分あって困るようなものでもない。

学生時代に1つ買うのと同じ予算でいまの時代は超薄型レンズにしても5つも買える。
なんていい時代なんだ。

plus きょうの化学
金属元素と非金属元素の説明を中1の子にするときまずヴォクは周期表に階段を書く。
AlとSiの間に階段があるしーと言いながら階段を書いているしー、そこの階段をアルシンド登るしー、しんどいしー、そしてヒキンゾクはHIKAKINの役、金属元素は正金属でセイキンの役とするしー。落語の聞きすぎかもしれないがそういう話はいくらでも作れてしまうし階段あるしー。きょうはこれで終わるといった後に、片付けた後に一言、ヒカキンの役の元素を5つ言ってなどとクイズするしー。
非金属が言えたら無事解散となるしー。

plus 今日の小学生国語要約。
テキストの中にあった話が面白かったということで小説を買って読んだとのこと。全体の要約をもってきてくれた。
ヴォクも小学生の頃にはまった本で懐かしく拝読させていただいた。本の虫になっているので要約はこのあたりで切り上げて、これからは日記(見せてもいい内容の方)を書くことにしよう。

plus 英語ペラペラのわけ。
ヴォクは英語が得意なのだが、理由はかんたん。
ちっちゃな頃からビートルズが好きだったから。そんだけ。

その後文法を習得し論理の後付けで補強され正しい英語が話せる書けるようになったが、土台は全部ビートルズ。ビートルズの歌には人間性が表出されていてどの歌にも自由があった。そんな歌がヴォクは好きだったんだ。

ほなね。



2015年08月19日

目標がその日その日を支配する。 plus マンデビラとホットリップスの1株2色の珍しい花が咲いた。 ローズマリーの生垣。

題は先日の『熱闘甲子園』の中である監督のことばとして紹介されていたもの。

その通りだと思う。

きょうの小学生。千葉県から片道1時間かけ電車で来ている子。
これまで質問を受けるたび解説を書き直して継ぎ足しているプリントなのだが、ファイルしていた。

はじめてこのファイルを見たとき、思わず「大学生がここにいるな」と言った。いつも持ってきているようだったのでいつかいつかと思っていた。質問を受けたチャンスに写真を撮らせてもらった。
これは個人的に真似したい。

この教材で英語をマスターした子は全員その級を通過してきている。
目標へ向けて等速で通過している。

数学の方は放っているが会うたびに加速している。
勢いがとめられないので楽しみは数学の方が大きいかな。

0DC71B8B-E483-4A03-82E3-B3CC2A448F0B.jpg

こだわりのノートやプリントには他人が立ち入れない(ような)どこか謎めいたものがある。

こだわりポイント?がいくらも見つかる。

質問が謎。スターが謎。他のページにもきっと謎がいっぱいなのだろうがキリがないことが確定しているので開かない。許されるなら1週間借りていろんなページを見てみたいが、それはない。

plus 庭のマンデビラが咲いた。
つるまきまきのマンデビラが咲いた。1株から2色咲いた(ように見える)。

ローズホワイトの2色の同時咲きにびっくり。これはおそらく(赤系やピンク系の花色は徐々に花色が濃くなるうちで、移行モードのピンクと後期ピンクを同時に眺めている)という現象なのだろうが、目の前にふたつの花があるということに変わりはない。不思議でならない。

そもそもマンデビラのつるはどうして反時計回りに巻くのだろう。不思議、不可思議、摩訶不思議。

ヴォク、柵いっぱい咲くを夢見て了。
556506AB-0D54-4A7A-BD09-6C626E6B7158.jpg

ホットリップスも咲いた。
またまた1株2色。
ひとり紅白花合戦。
FF2F8424-081F-4208-8FA5-4590DEA4096C.jpg

こちらは白ハーフと白。
1FBBCB25-007A-4B55-945F-65C625C23C90.jpg

庭には7色のチェリーセージが元気に咲いた。
せっかくなのでレインボウの順番に並べている。
花を見ていて波長の不思議、色の不思議を思うことはあまりない。
ただただ、きれいだなーとうっとり眺めていたい。

C0A1F9E5-BAF5-4AC9-8825-B6350E3470A8.jpg
レインボウの中でも桃黄はヴォクがいちばん好きなセージ。イエローピンクの中でこの株だけおもしろい色の花を咲かせている。大きな大きなプランターでいくつかのチェリーセージを寄せ植えしているとごくまれに変わった花が見られるときがある。
いちばん好きというのは今日のいちばんという意味で。

こちらは桃色率が高い。
32FD1921-88D7-41CE-B066-9EE56286AD31.jpg
こちらはワインホワイトとピンク。
AA4F3229-DDE5-43EA-B856-CF9541E16B6C.jpg
91F0A72D-4FAF-4CAC-9109-A02E907A66E5.jpg

最後に零れ種から育ったセージが左右ハーフの珍しい花を咲かせていた。
DC87C925-FD97-4643-A02E-DED7503D979E.jpg55488BA4-E98D-4C92-B314-FF935EC24B89.jpg

9ADD7B65-3DE8-445E-B315-5705990657DE.jpg


plus ローズマリーレックスの話。
ローズマリーで生垣を作っていた高校生の頃、レックスが樹種の一番手だった。20本ほどそれを庭の周囲に植えていた。

「樹種」というのは、ハーブはハーブでも月桂樹やローズマリーは木であり、とくに立性のローズマリーの中でもゴツゴツのこのレックスは月桂樹に負けず劣らず生垣向きだ。

コーチえのもとにあこがれてはじめてのボーナスで買った車は月桂樹だった。箱型のローレルで色も同じ車を買った。

さてこのレックス。真夏なのに花をつけている。
不調なのだろう。ふつう立性のローズマリーが花をつけるのは冬だ。
pHがくるっているので調整を行った。

CFF3D8FF-90A3-4E45-9385-6ABA472CBF8F.jpg
枝葉に似合わずかわいい花をつける。

CA49B0D2-4251-43B0-9EAF-64A7CF21ADC4.jpg
枝葉を見るとローズマリーが木であることを思い出す。まっすぐ上に伸びるレックスは生垣に最適だ。レックスは放置すると株元に枝葉がなくなる。このレックスもヴォクが葉を落としたわけではなくはじめ放任で育てた。後に風通しよくするためいくつか枝を切っているので株元はすいているように見える。この高さを調整することで生垣の下部に空間を作ることができる。

A23FC57F-5894-4E68-A1D0-B5C570A343FD.jpg
栄養分補給と酸度調整に「くどせっかい」は欠かせない。粒状にするかどうか粉状にするか、それが問題だ。画像はカインズホームの売り場にて。
ほなね。






2015年02月27日

合格最低点、埼玉県公立高校入試平成25年度数学、大宮高校理数科、ハイレベル数学問題集、平成27年度公立高校倍率(埼玉県 平均点 合格点 ボーダー)

就職試験の倍率の高さに比べ、入試倍率はさほど高くない。
「さほど」の「さ」は指示語で就職試験の倍率を指し示す。

するってーと、何が起きるかって?

まー、そうあせりなさんな。せまい地球、そんなに急いでどこへいく? 

たとえば、あるところは年間数名しか募集していないところに100人以上応募があるの。
入試の場合はどうよ?

去年をみてみて。
ふーん。たしかにそうだ。結構募集しているな。

倍率はどうだろう?
去年を見てみて。
「みてみる」の後ろの「みる」は「やってみる」の意味で、実際やってみて。

あ、そこまで高くないかも。

でしょうね。

するってーと何が起きるかって?
なーーーーにが?
なーーーーーにが?

むぉー、引っ張らないではやくおしえてよ。

いや、満点とれなくても合格点には届くの。

でしょうね。

ずこーーーっ。
「でしょうね、でしょうね」ってあんた知ってたの?

はい。私の第六感が薄々気づいていたと言っています。

しゃべるんか。いいセンスを持ってるね。
入試には合格点というのがあって、入試では合格者の最低点というのを定めて、定規でびーーーーーーーーーーーーって線を引いてこの線より上の人は合格って決めてるんだよ。

びーって定規で線を引くんですか。

うん。赤いボールペンが多かったな。男子ラインと女子ラインがあったね。

なんでそうなことまでわかるんですか?

ヴォクが引いたことがあったのよ。

でしょうね。

一々反応すると思うなよ。でも、ヴォクの意志でその点を決めたのではないのだよ。

過去何年もの数値を読んで、今年の手続き率があらかじめ計算されていて、定員より多い人数のところで何十人と決めるのね。
たとえば定員100人なら合格者を150人と決めるのさ。
この数字は人気のない学校なら定員の2倍、3倍にもなって、人気のある学校なら定員プラス1、2名。定員ちょうどしか合格者を出さない学校だってあるんだ。

もんげー。
あれ? でも、思ったより合格者が手続きしなかったらどうなるんですか。

欠員のまま入学式を迎えるよ。

でしょうね。
入りたかった次の人がかわいそう。

そうだね。
たしかあなたは最近眠れなくて、と言ってたけど、まさか入試問題が思ったほど解けなくて悩みモードに入っていないかい?

そうなんです。なんでこんなに問題が難しいんだろう。
届きそうにないないないって悩んじゃうんです。

あまーーーーーい。
合格最低点を意識しなさい。
C問題、D問題までとれなくても入試科目の合計点が合格最低点に届いていたらそれでよし。

そうですね。

驚くくらい、低いよ。
合格最低点をみてみて。

ほんまやー。

とるべき問題をきちっととれば点数は届く。
届くためにはとるべき問題で確かにとる。

もちろん、ビリ合格が嫌なら上位合格を目指したっていいさ。
開示されたとき、あなたは合格最低点より0.2しか上の点をとっていませんでした!って言われるのが嫌なら合格最低点プラス20点で目標ラインを組めばいい。
数学60、英語80、国語70、•••合計210で合格最低点を20点クリアと。ブブカみたいにラインより上の方で余裕でクリア、と。ほなね。

おまけ
2013年 埼玉県 数学 別解
3798B105-797A-496D-821F-01AA2D3DE190.jpg


ハイレベルな問題を解くための自学自習書が発行された。
非常にレベルの高い問題群を思いつきやすい普通の解法でさばく。このチャートの解説は明快。(美しい定理や技巧満載の名著『1対1対応の演習 図形編』や『高校への数学 図形の演習』と好対照だ。)
入試では解けるはずの問題をたしかに正解することが最も大事である。
本書はそこのところに焦点を当てている。

大宮高校の理数科は定員が少ないが、光での人気は高く、複数の塾生が志望している。と
そこから国立医学部、国立薬学部へ進むことは現実的になってくる。

大宮の場合は数学と理科の傾斜配点まで意識し、理科と数学の難問を完答することが要求される。

ここは授業をしていてとくに楽しい。

☆平成27年度 高校入試情報へのリンク




2014年11月06日

朝勉 plus 今日の中2物理 発電機 plus 数学自分流答案

朝勉強するのを朝勉という。
教室に7:00に着いて8:15まで誰も来ないので集中して朝勉していると聞いた。

部活の朝練が、引退後は朝勉に変わったということだろうか。

この子は国語2題の予定のところを8題やってきていた。

過去問は指示を受けなくても自分で決めて進めている。

セルフラーニング◎が身についているのだろう。
ここはというところ以外、細かく指示する必要を感じない。

なんとかできる人というのは自ら決めて行動できるこういう人のことを言うのだろう。

plus 趣味のペン
ペルナンブーコ。職人のYさま作。宇宙一オレンジ色な木。
ペルナンブーコよ、どうしてあなたはそんなにオレンジなの。

ペルナンブーコのオレンジはオレンジが好きな人にはたまらない。
こんな素敵なペンを使えることに感謝。朝顔やローズマリーもそうだが好きなものは瞬間を写真に保存したくなる。動いていないものを撮るってどういうことと言われることもあるが。

40B58609-95AF-4373-BD85-776A2A7319C3.jpg
(白いライトの下で撮ったので色みが出てないかなぁ。今度は赤い光の下で撮ろうかな。)

plus きょうの中2物理。
この子は中2の夏までに数学UBまでと数学Vの微分の一部までの独学が完了している。
『本質の研究』をメイン図書にしているので、ガウス平面など新課程の一部の単元だけは飛ばしている。
三角関数を終えており、微分積分の基本的な部分は終えている。
セルフラーニング◎◎が身についており、毎回来るたびに平均して5題くらいの質問をする。参考書の答え、自分の考えを書いたノート、そして疑問点がメモされている。

電流の発電機のところは、黄色い本(中経出版の自学自習用の参考書)に目を通しながら、高校物理の「電磁気」の本をやっている。

中学校でもちょうど発電機を学習しているということでタイミングがよかった。

彼女の読んでいる参考書には次のような感じで説明されていた。

発電機ではコイルが回転することによりコイルを貫く磁界が周期的に時間変化する。
ファラデーの電磁誘導の法則から誘導起電力を求める解法。
そこではオーソドックスな解法が図を多用しながら詳しく説明されていた。

「三角関数と微積分をやっていたのが物理でも使えるなんてうれしいです」と話していた。

たしかにそういう見方もできるかもしれない。
数学は数学のまま学んで楽しいが、物理の中でも使えるという楽しさもあるのかな。

発電機で消費される電力のグラフをルーズリーフに描いていた。たのしそうに。

質問のひとつは磁束密度の求め方だった。導体棒と磁束線が垂直になるように作図するところではまっていたのかな。

解けても楽しいが、はまってもしばらくは何日か寝かせて考えているようで楽しそうだ。

plus 数学ができるとできないの狭間に自分流がある。
数学ができるようになると模範解答にさほど興味を示さなくなってくる。

数学ができるようになってくると自分流の解き方ではどうなのかのほうが模範解答よりもむしろ重要な意味を持ってくる。

自分流の解き方ではどうなのかと答案を書いて持ってくる。ヴォクはその瞬間が授業中でもっとも楽しい。

自分流答案は直筆の答案写真をいただいて保存している。筆跡を見たら誰が書いた答案なのかさまざまの思い出とともにすぐにわかってくる。直筆のサインもお願いしたいところだが筆跡を見たらそれがいらない。

ほなね。









2014年02月04日

今日の中学生、天気初雪

春日部の子と東松山の子もなんとか来られた。
車がなかったら無理だったろう。(感謝)



雪で靴や靴下が濡れてしまい裸足で学習していた。
迷ったが靴下を出すことができなかった。
(かえって気をつかわれてしまい昨年新しい靴下をいただいたことがあったので今年は靴下を出すことはいまのところやめている。)

帰りはお迎えありとのことでひと安心。

慣れない雪かきをしたが道路が雪なのでとくに意味はなかった。
雪がたまにふるとここらあたりは慣れない人には不便もある。

せめて雪だるまを楽しもう。(いや、もうやんだから)



教室の高3、中3の併願結果がわかった。
全員抑えに合格とのこと。
全員小学生から一緒に練習してきた。
努力のたまもの。合格おめでとう。


来週も私立一般が続く、2/9早本、月末まで立教大、東京理科大、慶應大、早稲田大、月末2/25、2/26両日に東工大、東京大、一橋大。

3/3公立高校入試、浦和、一女、川越、春日部、上尾。
本命戦も自分の相撲をとるだけだ。



2012年10月02日

カウントダウン

三回原則通りカウントダウンをしている。
リーチになる前に説明する。

課題をやらないということは目標を捨てさることと同じだけど大丈夫? と。

やってだめなら仕方がない。
でもやりもしないというのではどこへも到達できない。
積み上げ式に課題は降り積もる。
一度捨てた(つもりの)課題でもどこにもなくならない。
時間が経てば勝手に解決するということはこの地上では起きない。
ひとつずつ片付ける以外に道はない。

どうせやるしかないのならいっそのこと徹底的にやったらいい。
覚悟を決めたらいいまでだ。

話変わって本番までの日数もカウントダウン。
1月に照準を合わせている。


11月3日は小6の会場模試。高3の東大模試(河合)。
11月4日は中3の会場模試。
重要な試験がどんどんある。

そして1/10から今年もはじまる。



いや試験日にはじまるのではない。
闘いはもうはじまっている。
実力をつけるチャンスは日々の練習の中にしかない。