2008年04月30日

超科目をつくろう。

厳しい戦いにおいて僅差を制するために伝家の宝刀があるとよい。
伝家の宝刀の使いどころ。

まず試験で点数を稼ぐことができる。合計点が上がるので得意科目をトコトン伸ばそう。ひとつやふたつ苦手な科目があってもフォローしやすくなる。いわゆる攻撃は最大の防御なり作戦だ。

東大入試では440点中220点もとれば理科3類以外はおおむね合格点だが、英語だけで120点中100点近くとるなら、国・数・理または社の他3科では320点中120点だけとればよい。得意科目以外は37.5パーセントの得点率で東大の試験に通過する計算だ。
私立中受験なら国語が圧倒的にできるならかなり有利な展開となる。入試は合計点。


第二に、ひとつの科目を極めたその学習法をほかの科目に応用し全体的に学習法に磨きをかけることができる。苦手科目もなんとかしのげる点数をとるくらいのタフネスが身につく。

第三に、これだけは負けないという科目があると、自信になり、日常の単調なトレーニングにたえるだけのパワーが出しやすくなる。柔道家井上の内股、投手上原のフォーク、筋肉マンの筋肉バスター、アラレちゃんのアラレパンチみたいなものだ。

以上三つの理由により、超科目があることは圧倒的有利となる。

就職試験でパソコンや英語ができると採用に有利になることと似ている。

職人的生き方ではなく学問を修めて生きる術を選択しようと思うなら、必死に超科目をつくることを戦略としてオススメする。1科目でも1/200の科目があれば、戦いに断然有利になる。

ほなね、すた、すた、……野茂のフォーク。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック