2020年09月04日

今日の小学生 plus ゲルインクボールペン替芯 UMR-05S ユニボールワン plus 今日の中学生 今日の高校生 変な問題は練習で使わない

今日の小学生。
英語の辞書に付箋が200枚くらいきれいに貼られていた。
なんで?と聞かなかった触れなかったが、ガラス越しに見えるその英和辞書は七夕の願いごとを書くツリーのようなものよりもきらびやかだった。さぷらーいず。

plus 今日の中学生。実力テスト結果が返されてもってきている。最高記録を更新していた。前回の1学期期末試験で英数国理社の5教科498点とフォーカードを揃えていた。普通ならいささか油断し調子を崩すような頃だったが逆に勢いが増してきている。サプラーイズ。どういう自分を目指しているのだろう。いつも細部を大事にする子で尊敬している。
E6CF0614-E1DB-42B4-8293-1A50BE0B8163.jpg

plus シグノ307をメインにしていた。
ユニボールワンもめっさいい。当分メインはuni•ball oneに変えることにしたい。
ヴォクの好きな色があるのがうれしい。
ペルナンブーコの軸たちにoneを入れることとした。

plus 姉妹塾などへのリンク集に不具合がありページ自体が表示されなくなっている。
一度削除して再度構築するしかなさそうだ。

plus 今日の高校生。
苦戦していた志望する国立大学の2次記述試験の国語が現代文古文漢文とも合格点をこえてきた。surprise. 何回もヒントなしで直しをやってきていることが実力向上に繋がってきている。
本番まで化学と数学に一層力を入れるというようなことを話してくれた。初見の問題演習を多く取り込むことにする。

plus 今日の小学生英作文
毎週用紙2枚みっちりの英作文を添削している。今日の小学生、自作の英語文法ノートが分厚い参考書のようになっていた。「theは相手にどれとわかる」などと自分のまとめた自分の言葉で書いてある。自分の誤答例がつまった世界に1つだけのノート。サプライズ。

他にもいろいろな驚きがあった。メモしておくことにする。
ヴォクもサプライズでかえしたい。
驚かされたら驚きを返す。恩返しです(大和田常務と静かなるドンで)。

plus
ある全国模試の問題を見て驚いた。設定ばかりが複雑で何を聞きたいのかよくわからない。
そんなところでややこしくしても。
入試問題は単純であればあるほどいい。
要約問題をすればどれだけ本文を理解しているのかがわかる。
600字論述をすれば歴史をどう掴んでいるのかわかる。
英作文をA4用紙にたったの1枚書かせたら大差がつく。トップを受ける人でも間違いだらけなのだから。
物理で電圧とは何か電位とは何か述べなさいと言えば十分差がつく。
数学で点と直線の距離の公式といういたってシンプルな公式でもなぜその式が成り立っているのか証明を課すと十分差がつく。それがトップでも現実だ。
しかし十万人採点をこのような記述試験では公平に実施できない。だから2次試験か大学独自試験でそこを課している。いい入試をする大学はそうしている。
それがいまの流れだった。一次試験をへんにこねくり回すのには意味がない。
意味がない。
傾向とか形式とかうんぬんの前に、きちんとやるべきことがある。

posted by ヒカリ at 23:00| Comment(0) | 小学生の学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント