2012年03月08日

読みたい本

受験生は国立大学の合格発表、公立高校の合格発表が今日明日と続く。今日は発表だった子からいらなくなったからと参考書や問題集をいただいた。有難いこと。

一般生は期末テスト期だが失敗と反省点が多い。
失敗から学び自分の勉強を組み立てなければならない。たとえ連続学年一位の合計点数でも失点から学べる点が多くある。失点をみつめよう。それをしなければ次のスタートが切れない。

失敗ほど人を成長させてくれるものはない。人がそれに学ぶ限りにおいて。

たとえどんなに教材がよくても、決めたことを決めたようにきちんとやらなければ価値はない。
経験を積みながら、計画は自分でも立てられるようにし、自分の決めたこととして主体的に学習を進めるのが最も身につく。

「人が最高の力を発揮するのは、自分がやりたいと思うことをするときなんだ。」 (アンドリュー・カーネギー)

姉妹塾や獅子舞塾、lionさんのおかげで教材の選定はいったん白紙になったり最終選考になったりしている。ミスチルの中で好きな歌を5つだけセレクトせよと言われた時くらい悩む。好きな野球選手を5人だけ言えと言われるときくらい難しい。

小学生中学生高校生とも教科書改訂の荒波の中で、脱ゆとり教育の流れに乗って、個性的な新教材がたくさん出てきたように思う。とくに理科、社会、数学は大改良や大型新人が目立つ。
新旧の教材の中からギリギリまで比較と選考を重ねよう。
去年のラインナップもよかったと信じていたが今年のラインナップ(仮)はもっとよくなっていると思う。
最後は、ボロボロになるまで使いたい、そういう気持ちになるような素敵なアイボをみつけたいなぁ。

高校生は市販の書籍がメインになる。数学は「フォーカスゴールド」と「闘う50題」。
英語は基礎のベーシック教本、リーディング教本、英文法教室だけでなく、耳からも聴いて覚えやすいもの「キクブン270」、『よくばり英作文』を活用したい。
身体をつかって勉強する、手を動かしながら勉強する、聴きながら勉強するという身体的な勉強法はどれがその子に合うかわからないがどんどん取り入れてゆきたい。
国語は古文読解教則本、現代文格闘する、最強漢文など。
posted by ヒカリ at 04:45| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする