2011年07月19日

受験生の熱、日本の熱。

今日は受験生だけ。



受験する学校の過去問をヴォクが指示する前に持ってきた小6生。
着席するなり
「持って来ましたぁ。夏からやると前に言われていたので。」
熱い。
確認テストは全部100点だった。




高2の子に夏にやることを聞いたら物理の力学の復習。
数学の確率の復習、と即答だった。
熱い。



熱い。

高3生。
極限も積分も行列もすごい勢いで解いていた。
集中モードに入っていて声をかけるタイミングがなかなか見つからない。




熱い。

高2生。
駿台全国模試の結果を答案用紙ごと丸ごともってきてくれた。
数学で計算エラーがあって大問ほぼ丸ごと1つ落としていたにも関わらず学年順位、
全国偏差値とも数字がきっちり残ってきている。
失敗しても、持ちこたえられている。
小学生の頃から意識している(はずの)第一志望大学の合格判定が良好。
記念に全国成績優秀者の紙を借りた。




受験生は全員ヴォクよりhot motto熱いということが判明した。




熱い。

(中3生に)昨日の学校説明会で何かあった?と聞く。 
「はい。入試は実力点勝負だと先生に言われました。
内申が多少悪くても点数をとれば合格しやすくなりますと言われました(県内トップ校は内申よりずっと当日点重視)。
しかも、その先生がちょうどサッカーの顧問をされている先生だったんです。」
秋の(厚い)教材も前倒しして手渡すと、
「ありがとうございます、うれしいです」と。
教材にほおずりって! 
ちょっとヴォクのテンションが追いつかない。
おかしいな。やっぱサッカー部は違うな。
なでしこや神戸出身のキャプテンを5試合や6試合応援したくらいでは追いつかないな。

でもなんで鉄人28号のカセットを持ってるんだろう。てか、カセットて何?(こわくてきけなかった)

ネタとして1000段テスト中28段のところだけ28号と仕込んでいたのがあっけなくばれた。


「せんせーここだけ28号になってます!
ぼく、鉄人28号のカセット持ってますよ。」



もしかしてヴォクって若返った、そういうことなんか。(スッキリ)

そういえば、今日の小学生はめん丸の餃子を知ってた。(通じる予感)

そういえば、今日の小学生はパーマンを知ってた。
「あののびたに似てるのですか」と。
そぉそれーーー(通じる予感)。


パーマンは、三角形の3つの内角の和という単元で、
「パーマン1号、パーマン2号、パーマン3号(3つの角を指差しながら)、その中で人間でないのはどれ?そしてみんな集まると何になる?何度になる? そして答えを証明して(同位角と対頂角が透けて見えるエンジェル補助線をすーーーっと引きながら)。」というところで出てきたのだけれども。


あ、でも同じパーでも、林家ペーパーの方はまったく通じなかったなぁ(鬱)。

iphone/image-20110719013420.png