2010年08月02日

セルフヘルプ

こんにちは。
またどうでもいい話。

ウチのやり方(セルフラーニング)だと、独学が身につくのは早い子で小3、4、遅い子で中2くらいになっている。5年くらいの差が出ている。

早い子は小学生で塾に来た頃にはもう独学習慣ができている。小3、4年で自分から勉強課題を設定し自分でノルマを消化している。ヴォクが教える前から。


独学習慣のある子の場合は、適切な本(センスも磨けるような良質の問題集など)があれば自分でドンドン先に進むことができるので授業は疑問の解消と課題管理(次のテーマを子どもが決めるのを見ること)が中心。

どうしたらその子が12歳までに独学ができるようになるのだろうといつも考えている。
中途半端になってしまうことなく、きちんと自分でやれるようにするのはかんたんなことではない。大体、中1の1学期期末試験の結果を見たら独学の習得度がわかる。

預かっている子の数は少ない。どんな子でも全員ひとり残らず独学ができるようにしてからウチの塾をやめさせたい。できたら小学生のうちにセルフヘルプ(自助)ができるようにしたい。
posted by ヒカリ at 05:28 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック