2008年09月22日

歴史用語や英単語などのメッサ速い覚え方

記憶が苦手という人がいるよね。が、だれでも普通は記憶は苦手なもんだよ。
記憶が得意だっていう人だって、記憶の仕方を修行して体得してる場合がほとんど。


でね(でね?)、こういうのはどうかな?


単語や用語は書いて覚えるよりも1単語1秒間で見て覚えるの(もちろん覚えにくいよ)。
これぞ、名付けて「右脳式シャッフル流スピード系記憶法」(長いよっ)。

でね、さらにそれを何度となく覚えるまで繰り返すの。シャッフルしながら。


繰り返すと、記憶は定着するの。シャッフルよ。


このやり方は書くより脳に負荷があるから(短い時間でも覚えようとして必死に何度も繰り返すんだからきついよ)、覚えやすくなるんだ。シャッフルで。


いいか〜い、シャッフルしながら繰り返すんだ〜(シャッフル・シャッフルって、己は往年のトランプマンかっ!)


だって、シャッフル問題集を一日中つくってたからさぁ〜(シャッフル・シャッフルって己は柔道家かっ!←いや、それはハッスルだから)。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック