2012年09月30日

2番 イチロー選手

今日のイチロー選手もわるくなかった。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012093001001049.html

ムネリン、チェスト!
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2012093001001134.html
posted by ヒカリ at 11:02| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄人位認定試験 旺文社の「分野別過去問」

鉄人位認定試験を行っている。イギリスの階級制度の真似ではなくただの練習段位確認装置として。どこをどれだけ練習したらいいかわかればいいかなー、って。

通過すると鉄人位がもらえる。その鉄人位が28分野で揃うと「鉄人28号」がもらえる。さらにその「鉄人28号」が・・・揃うと「FX」が・・・。

『鉄人28号』を読んだことのある子には会ったことがない。
「料理の鉄人になれるならなりたいです。音楽の鉄人になら、なりたいです。28号にも興味はありますよ」と言われたのが最接近だったと記憶している。



鉄人位認定試験は後半に難問題を含んでいる。10パーセント以下の正答率しかなかった問題などが並ぶ。

どうして正答率がわかるんですかーときょう聞かれた。

http://selflearning.seesaa.net/article/294677080.html
でも書いたが、単に便利な本のデータをメモっているだけだ。
各県のサイトまでジャンピングして調べることはあまり多くない。
それと先輩たちが解いたときに何周目で何点とったかをエクセル君にメモしている。
それなので歴代の先輩たちと一緒に分野別の勉強成果を確認することができる。

「分野別過去問」をやるときは難易度の確認が重要だ。
問題レベルがA問題、B問題、C問題、D問題なのかをみておくと実力段位がわかりやすいかも。
posted by ヒカリ at 01:31| 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

へい、カール(長嶋茂雄さんで)

せんせー、こっちの分野別プリントにも穴をあけてください。


と、ある子が三ヶ月くらい前のプリントをもってきた。
カールくん(カール事務器社製の斬れ味が十三代目石川五ェ門の斬鉄剣の次くらいにいい穴あけ機の名前)にガリガリ君してもらった。

記憶にないがどうやらヴォクが穴を開け忘れていたようだ。

復習したあと閉じておこうと持ってきたのだろうか。
次回のMGHはこれがいいかなーとおもったまほからメールのあった夜。

(オークションを時間に自由があるヴォクに頼むのはやめてー。)

どうでもいい話(171)川越高校と浦和高校の成績返却

思いの強さと練習力は比例する。



ある子が大学別オープン模試の結果を持ってきてくれた。駿台予備校の記述模試の採点は採点基準が明確で部分点評価が細かく厳格、とてもいいものだ。かつて『英文解釈教室』の著者伊藤和夫が書いていたが模試の採点基準の明示は模試の命。受験英語の世界のみならず、主任としても模試をよくし、業界に大きく貢献されている。

ついでに受験校を確認すると前期後期とも大学はそこしか受けないということだった。
後期は論文試験だが後期もそこ以外は考えていないようだ。
中学生の頃からそこを考えている子だ。
でも前後期ともだったか。

返却された模試の分析個票に感動した。
先生が独自に分析シートを作成し目標点数シミュレーションをして添付している。それは駿台が学校に配付する類のものではない高校独自のものだと思う。
浦高の進路指導ここにありと感じた。

川越高校の成績返却には男を感じる。
ABC評価をストレートにつけて向上意識を持たせる。
たかだか成績の返却ひとつとっても、愛がある

「かわごえ男塾!!」とヴォクは勝手にそうとらえている。


posted by ヒカリ at 00:59| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

どうでもいい話(170)バイエル

どうでもいい話。
勝手に先の方まで好きなところまで進めるのと力は比例する。



今日の小学生。
算数プラスワン4段までしか課題を課していないときに8段までもうやってきていた。
この子は「勝手に進める○」がみについた。
秋に力をつけるだろう。

1段上までやったらいちだんと力がつくに決まってる。バイエルも教則本もそういうふうにつくってある。

posted by ヒカリ at 09:34| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三回原則

今日の子が「限界です」に○をつけてきていた。

宿題は5-20時間分くらい出している。
連絡帳に宿題忘れの回数を書いている。
一回忘れたらマイナス1で三回で退会としている。それを三回原則と呼んでいる。

カンニングは一回でアウトとしたかったが立ち直って頑張る子が過去に1人いたので二回でアウトに変えた。
ルール通りに行うばかりで面談はない。
毎回の授業が面談みたいなものなのでそれ以上何もやることはない。

リーチの子が何人かいる。
リーチの子たちには伝えている。

「言ったことさえできなくて、言われないことまでできるようにはならないよ」と。

小学生は言われたことしかしない子がはじめは多い。
すきなようにやるように伝えるのが自分の仕事になる。



posted by ヒカリ at 09:20| 自分との闘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする