2011年03月31日

どうでもいい花波詩(129)

365のどうでもいい話。(日めくりカレンダーかっ!)


日々の小さいノルマを立てて実行するのと学力は比例する。


ニュートンの運動方程式を持ち出すまでもなく、ものを押すとき、重いものほど動かしにくく、力を加えるほどよく動く。


学習を進めるにあたっても、「毎日1章ずつやる」というように日割りにしておき、軽く消化しやすいノルマ設定にしておくのがいい。


100章編成の重く充実したものでも毎日力を加えられるのでよく進むようになる。


1日で見たらたかが1章。しかし彼は毎日1章必ず進む。毎日新聞みたいな休刊日さえもなく。


進めば進むほど加速がつき1日に1章進めるのは少しずつ楽になってゆく。ちょちょっとノルマが終わる日も多い。Aのテーマのノルマをやったら他の教科のBのノルマにスパッと移行している。まるで毎日の弁当を作るかのような手早さでいくつかのメニューをこなしてる。


ということを、桐原100を100日で極めた子を見ていて、ふと感じた。この子はそれが得意になっていてその科目も次のノルマに進んだようだ。
posted by ヒカリ at 23:29 | TrackBack(0) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォク、スケジュール管理でミスって。

ここ20日間、停電の振替でふだんの95パーセントくらいの参加率だった。

連絡ミスも何回もしてしまった。塾生のフォローでなんとかなった。こちらが間違った連絡をしても、ご確認をいただいたりご質問をいただいたり。

4月1日からはもっと、こー、バシッといきたい(適当かっ!)。

指差し確認、復誦、読み合わせ、最終チェックを強化します。
posted by ヒカリ at 22:56 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

折れ線グラフの右端で

模試で目標を超えた中3生にちょっとしたプレゼントをしている。今回は自己ベスト更新者を対象とした。ものをもらうために勉強しているわけじゃあないが、まあ「よかったね、失敗経験を生かせたね」の握手変わりに。


前回3月模試の結果では、Signoのマンダリンオレンジとオレンジ4本セットか、パイロットS3の0.9と0.7の2本セット(ブルーブラック)か、たこ焼き20個焼き器1つか、予算のライン上であれこれと悩んでいた。と書いてしまうと予算がバレバレになるから、書くのはよさんかいっ!
てかケイヨーだとそういう値段です。



迷っていたが、初回かつ4月ということで、今後にもっとも生きそうなものにした。長く使えるものにした。数学のイメージ多めの独習用問題集にした。そう決めて発注した。若干予算をオーバーしたがまぁよろしい。


今日注文したばかりなので届いた後で手渡せるのは来週かな。


小学6年生も同様にスタート。
模試で4科偏差値の自己ベストをもし更新すると結果的になにかがあります、ええ。
あ、でも年度がわりだと前回の記録って継承されたんだっけ。受験番号は同じにしてあるけれどどうだったかなー。
V字やW字アップの折れ線グラフがみてみたいなーって。


というわけで勝負の模試1回戦、受験生全員分、申込完了しました。
posted by ヒカリ at 22:22 | TrackBack(0) | 自分との闘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

A letter from New Zealand No.3

ニュージーランドに行っている留学生からお便りをいただいた。


今回は日曜に電車で行ったsirvia park shopping mollと時事英語について色々書かれていた。


NZ最大のmollの屋根は日差しが差し込むガラス張りで、チョコレートのフラッペが飲める店があり、素敵な洋服屋さんがあり・・・、


授業では先生が時事問題やニュースに関連する文章を速攻で作って取り上げて下さって、そのすばやさに感動しているとのこと。


最近は日本の大学入試問題でもニュースや新聞をソースにしたものが非常に増えている。日本人でも無料で読めるもの(新聞、雑誌)が多く、また海外のメディアが取り上げている様々の視点からの記事を同時的に読むことで利権や圧力から少し離れある程度客観的に問題を捉えることもできるだろう。ヴォクもTime,Newsweek,Nature,USA today,
New York Times,Le Mondeなどは大体毎日読んでいる。あ、アメリカが多いなぁ・・・W松井選手のせいです、ええ。でも他の国のものも読んでみたい。


身近な出来事を題材にした授業が楽しそうでうらやましい。


てか、電車に乗ってまで行くモールって、めっさ気になる。
posted by ヒカリ at 18:31 | TrackBack(0) | category not found | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

どうでもいい花波詩(128)

寝る前に目を閉じてそのことを考えるのと成績は比例する。



あの公式は本当に成り立つのかな。

ちょっと証明しながら寝よっかな。






本は最低3回読むのがいい。いい本だと思うならなおさらだ。

いくらイメージ性に富み、写真でいっぱいで明快な本でも、初読でサラっと読むだけではなかなか頭に入りにくい。

わからないなら、まず3回ゆっくり読む。3回も読んでいたら時間がかかるって?

いや、よくわかるところは1回目の半分の時間で進むぜぜぜ?

よくわからないところが2回目には浮き上がってくるはずだ。2読目になればそこが周りに比べて?ゾーンとして目立っているでしょう?


そこに時間がかかるのは当たり前のこと。
わかりたいのか、かけぬけたいのかどっちなんだい?
な?

かけぬけたくはないよ。
わかりたい。

じゃあ、ゆっくり再読するの。
それでもわからないならいったんピシャリ閉じて今度は自分で紙に書いて考えてみたらいい。

なんでもかんでもわからないからとすぐに本に調べてたら図書館がいくつあっても足りない。

参考書Aでわからないのを参考書Bに調べて、参考書Bにわからないのを参考書Cに調べて、参考書Cにわからないところを参考書Aに調べて、、、、って、Aに戻ってるしっ!!ループしてるし!

なんでもかんでもわからないからとすぐに人に聞いていたら質問教室がいくらあっても足りない。足下をごらんよ、きっところがってるさー(またミスチルで)。



まず参考書を読むときはわかろうと覚悟を決めて最低3回ははりつくようにして読まなくちゃいけない。

それでもわからない。本があってないのかなぁ?
いや、あきらめずにもう1回読んでみようかな。この本はわかりやすい本のはず。

そうだ、なにがわからないのか線を引いて特定してみよっかな。ここか?
いやこの行は行ける。
じゃー、ここか?ここなのか?

いや次の、・・・ここまではいける。
わかりやすく書いてるなー。感動する。


じゃ、次か?
ここか?
すこしわからない気がする。

ここなのか?
そうだ、どうしてもわからないことを紙に書き出しておいて一晩寝かせて考えてみよっかな。
いや、書いてみたらわかった。ここはわかった。寝かせてなんかおけないな。

わかってないと思っていたけど紙に書いてたらやっぱわかったわ!

わかったわけだし、とりあえずそこだけ飛ばしていや飛ばしてなくて、わかったわけだ。
仮にそれがたしかに自分なりにわかったとしてまた読み進めてみようかな。

てか、3回読んだら結構わかるかも。これ、やっぱいい本だなー。

調べるのが好きだったけど考えることから逃げてただけだわ。
この独学図書をヒントに傍用問題集を自力で粘ったほうがいいな。
限界までこの独学図書一冊を信じて粘ってみるのも悪くない。

とりあえずわかるまで読もっと。わからなくなっても自分の頭で考えるまでさ。

限界まで考えるって、楽しいなー。対話してるみたいだ。この人としゃべってるみたいだ。

この本はわかりやすく書いてあるなー。一つ一つの公式の証明もあって意味も書いてあっておまけにイメージまでつけてある。

考えたら考えるほどいいこと書いてあるなー。
読めば読むほど味わい深い本だ。
posted by ヒカリ at 04:59 | TrackBack(0) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ヴォク、卒業生に本をいただいて

卒業生がわざわざいろいろ本を持ってきてくれた。

物理、化学、数学の参考書や問題集などをたくさんダンボール箱2杯いただいた。

ありがたいこと。

高校物理の絶版のものもある。
ぼくが昔プレゼントしたものがもどってきてしまった。
「ぼくには兄弟がいませんから。」




大切にしよう。

入学祝いや卒業祝いには本を贈ると決めている。
とっておきの本を贈りたい。
できたらブックカバーをつけて。


でも、いただく量の方が多くなっている気がする。
ありがとう、ありがとう。
下の子に渡します。


本が倒れて大変なことになったと話していた子のことを思い出す。
無事に片付いただろうか。
posted by ヒカリ at 18:50 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする