2010年04月30日

ひさかたのホーム・ラム

100430_0226~01.JPGヒカリっ子に時折(あくまで時折だが)本をプレゼントすることがある。高校生の上の学年になるほど、1冊を100パーセント使い倒すようになるので渡すときには力が入る。でもこれはあげられないという書物もある。

『古文読解教則本』もまた、思考訓練の場としての英文解釈や英文解釈教室や新数学スタンダード演習などと同じくヴォクがうらわかき中高生時代に読み込み書き込みマークした本でありヴォクの汗とコーヒーが染み込んでいる。こんな書物は汚ならしくてあげられるわけもなく。

それでいつまでも手元にあるので今でも入試問題を解いた後に研究結果はその書物に継ぎ足している。時々、本と末が転倒して継ぎ足すためだけに新しい問題を解いているようなときがある。継ぎ足したいがために新しい入試問題を解いているようなときがある。己はラーメン屋の秘伝のスープかっ!


継ぎ足したなら本が一層強くなるような気がして、怪盗ロワイヤルやパワプロの育成モードをやるよりもこっちの方がいまのヴォクにはツボ。


130 ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ(古今集八四)

桜といえば思い浮かぶこの詩の中で、「らむ」を覚えたことを思い出す。

ときはちょうど、うる星やつらが流行っていた頃だったろうか、その詩を覚えた(それ、ラムちゃんです!)。

ヴォクは単語や文法はそのまま覚えるタイプではない。人にはそれぞれが作り上げる暗記の型があると思うが、花波のマイ・フォームは原典や原文の中で全文をつかみながらついでに用例の中で単語や文法も覚えるというやり方。
1つの文章を50回くらいは日を変え時間を変えて音読する。全文の隅々までわかるとたのしくなるし、わからないものがあれば継ぎ足しチャンス突入、旺文社古語辞典をひき、ハッとしたことを古文読解教則本に書き込んだ。

後から教則本をパラパラ読めば高速で復習までできてしまうという副産物もあるよな〜、って。キムヨナ〜、って。

そんなことを思いながら、敵チームの4番打者がホームランを放ったあと三塁ベースを回った直後に突き出す右腕のいつものポーズに、めっさ悔しい思いをしているヴォクなのです(それ、ラミちゃんです!)。
 
ほなね。

昨日書いた、「アマゾン川の世界◎長いURL」の実戦記
http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%A4%E6%96%87%E8%AA%AD%E8%A7%A3%E6%95%99%E5%89%87%E6%9C%AC-%E6%94%B9%E8%A8%82%E7%89%88%E2%80%95%E5%8F%A4%E8%AA%9E%E3%81%A8%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E8%AA%9E%E3%81%AE%E7%9B%B8%E9%81%95%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%82%81%E3%81%A6-%E9%A7%BF%E5%8F%B0%E5%8F%97%E9%A8%93%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E6%AD%A3%E6%B2%BB/dp/4796114785/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1272562848&sr=1-1

↑これが

↓こうなっちゃいました!
http://www.amazon.co.jp/dp/4796114785
アマミジ、ゲッツ!



(ブログはいくつか書いていますが、ヒカリ推薦独学図書ブログは、→です。セルフラーニング・アシスト・ブログ花波ヒカリさんのプロフィール  花波ヒカリさんをお気に入りに追加する
posted by ヒカリ at 02:22| 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

考える帽子(8)

3月模試結果と4月模試の自己採点結果、中3ヒカリっ子の平均をとったら、数学の平均点が1番高かった(4月はあくまで自己採点)。


2年前まではいつも英語が5科目中1番だった。去年から大体数学と英語が並ぶようになり、今年に入り完全に逆転している。数学がぶっちぎりターボになってきている。



春に行われた公立高校入試本番の前期試験でも数学95点、数学94点、数学92点、数学90点…と上位は90点だいをとっていた(開示結果より)。プレス発表では数学が難化したとされているが、上位は模試と変わらずとってきていた。



数学が得意な子が明らかに増えている。一体なぜだろう。花波数学がヒカリ英語を上回った要因はどこにあるのだろう。(あ、ヴォクはそういうことが知りたくて模試の塾生平均データを重視している。)

英語も塾生の平均偏差値は68だった。その英語が数学に負けるだなんて!

数学にどんな秘密が?このシャッターの謎は解かねばなるまい(マーシャル花波として)。


もちろん代により多少の得意不得意はあるかも知れない。でも高々中3までの教科内容の話だ。学習姿勢による差の方が大きいかもしれないぜ。
教材か? 教材は大差ない。
塾専用教材と市販の体系数学(チャート式)と市販のわかるとけるできるのクリンナップ。


指導法に関して、去年からコーチ花波が意識して変えたことがあった。


解答を見ないで自力で○になったらはじめて赤○をつける。それ以外のすべての場合には絶対に問題番号に赤○をつけてはならない、というもの。

そしてすべての問題に〇がつくまで仕上げるということ。
持っている問題集の1冊の中の全部の問題に〇がつくまで自力で解く。
〇は自力〇。



解答をチラ見してできたものはできたのうちに入らない。自力赤○をつけてはならない。これを共通認識とし、できようができまいが、自力で最後まで考えることを原則とした。







ぶっちゃけ、自分で解けるならそれでいいから。





例題やヒントを見ながら10問解くのより、何にも見ないで1問、2問、あ〜かなこ〜かなと髪の毛かきむしり、試行錯誤しながら、自力で考える、自力で解く方が力になる。



数学は解答を見たらわかるし(解説が詳しいから)、数学は人に聞いたらわかる(子別にわかるまでヒントを出すから)。

でも解答を見てわかっただけでは考える力はじぇんじぇんアップしない。


だって答をみて答を真似するのは九官鳥(むかし飼ってた)が人の声を真似るようなものだ。自分の頭で考えなくちゃ、人間だもの。結局、自力でできるまで自分ひとりでやるしかないんよ。



解答をチラ見してばかりなら、いっそ解答冊子なんか捨てちまえ!















からの〜
ってわけにはいかないが、解答は答合わせ以外にはもうたま〜に参考にするくらいで十分なんじゃないか。ヴォクはそう考えてる。



何時間も人から習う、何時間も参考書のたくさんの例題を読んで学ぶ、わからなくなったらすぐに人に質問する、いろんな参考書を調べる、他の参考書の説明を紐解いてみる、そういうことも否定はもちろんしない。もっとほっともっと、2位の唐揚げ弁当よりも、1位のチキン竜田よりも(by川越シェフ)、ずっともっと大切なことがある。

そして、その考える帽子は気がつけば誰でももってるんだ。

posted by ヒカリ at 01:11| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(私信) 成人式以来って!

赤虎さん、7枚もですかっ!


くわぁ〜〜〜っ\(◎o◎)/


攻略ぼ〜〜〜んっっ(ドロンジョ一味っぽく吹っ飛びながら三人こぎ自転車でフェイドアウツっ)

posted by ヒカリ at 01:11| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

アマゾン川の世界一長いURL

アマゾン川とナイル川、長いのはどっち?




からの〜


を英語で言うと
Which is longer, the Nile or the Amazon?
ですが、

(二重まるさんの釣り場である)アマゾン川から大量にイキのいい教材が届いた。
よかつたヴォクです。みなさん、おはようにゃ〜!(美しい入試問題が解決できてテンション高め&支離滅裂な日本語で)5:55の曙、いかがお過ごしでしょうか。







からの〜、



よくアマゾン川の本のリンクをブログやメールに張り付ける必要が生じる。
とくに高1生は3月からいろんなものを揃える必要が多い時期だつた。
楽天川ではチャートワイドは売り切れてたよ、だからアマゾン川のここhttp://www.gjwpgam#$%.co.jp/なが〜い文字列[&*ながながながなが〜(ラーメン官僚かっ!)な漫画に出て来る宇宙人の言葉風/番号

をクリツクしてね、みたいに。コピー&ペーストするとなぜかアマゾン川はむやみやたらと長い。さすが世界○!

そこでちょっちリーベンな技に気がついた。アマゾン川の世界○長いURLがめっさ短くなる術。

略してアマミジ。


http://www.amazon.co.jp/dp/
この後に最後の番号(アマゾン川に生息する商品番号)を打ちこめばいい、的な。


からの〜(のまま、了)。
posted by ヒカリ at 05:55| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

マイ・フォーム(1)

lionさんがよく書かれている。毎日やりなさい、と。

一夜漬けは定期試験には効くかも知らん。ちょっとは。でも実力にならない。要領よく覚えたものは使われないうちにすぐに消えてなくなる。
逆に苦労して何回も真剣に自分の手で考えたことは一生なくならない。
仮に忘れても取り戻しやすい。
まるでテニスのフォームみたいに。
何回も素振りをして手にいれたフォームは一生なくならない。30になっても同じフォームがある。

自分の型がないから自信を持てない。
素振りが足りないからフォームがなくその場しのぎになる。
反復練習がないからテストのときにあせる。大事なところでミスがでる。

たまたま結果が出るだけでもだめだ。周囲はだませても自分の心まではだませない。なによりフォームがないから安定しない。

今年の受験勉強が開幕した。模試が始まった。日曜日の自己採点結果を見ると点数はすこぶるいい。偏差値だけみたら悪くないだろう。自己目標偏差値を達成するものは多いだろう。たまたま結果がついてきたら自信は手に入れられるかもしれない。でもやっぱり一時的なものでしかない。とるべくしてとる、最後は内容の勝負になってくる。あなたはこれだけやった。あなたが通らなくて他にだれが通るの?と言いたくなるような子が毎年出てくる。そう自分に言えるくらいの練習内容が持てているだろうか。



自分の型をつくるんだ。
不動の型をつくるんだ。
それならたとえクラスが騒がしくても本に学んだらいい。
ロウソクの光さえあったなら、練習はどこでだってできるんだ。


中3受験生へ

中3受験生へ(2)

「マイ・フォーム」(ドつづく)  たまホームじゃないdesu。
posted by ヒカリ at 05:55| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

数学の平均50点割る公立高入試県、制度の検証へ(埼玉)

http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/02/20100422-OYT1T01314.htm

↑(2010年4月23日  読売新聞のニュースから)

昨年(現高1)から変わったばかりだが、もう制度の検証とのこと。現中2(2010年現在)からはまた大いに制度が変わる流れになっている。前期ー後期分離分割型ではなく一本化される流れ。

いつどんな試験制度になってもいいように、稽古して力をつけておけばいい。


(リンク+α)東大合格者 大幅増…秋田県
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20100325-OYT8T00341.htm?from=nwlb