2010年02月28日

傍用問題集(2)

おはよう。おはよう(祈り)。


でね(でね?)、
学校の傍用問題集を使い倒すことほど力のつくことはないんよ。

学校の傍用問題集を解けるように学校の授業がある。
学校の傍用問題集を解けるように教科書がある。
どうしても(6回以上読んでも)学校の傍用問題集が解けないのなら参考書を開いてみたらいい。

学校の傍用問題集はわざと解答解説が簡易になっている。なんでかって?
な〜んでか?
目で追うだけでなく自分の手を動かして勉強できるようにだ。

学校の授業を前提にブラックボックスにしてあるからだ。
傍用問題集はわかりにくい→自学しにくい→つかえない…って?
んなこたぁない。授業を生かせば力がつく。わからないところは参考書を紐解いて予習復習したらよい。

学校の傍用問題集を徹底することもしないで自分の好きな本や参考書しかやらないとしたら学校の授業(それが生活の中で大半を占める)を無駄にしている。教科書(学校の授業の基本)を無駄にしている。基本を無視だなんて、もったいないオバケがでる。教科書や学校の傍用問題集も読まずになにがはじまるんだい?


合格者は基本を重んずる。合格者たちは学校の傍用問題集の価値を知っている。アプリーシエイトしてる。
それを解くことからわざわざ逃げない。

傍用問題集は見た目は地味だしみんながもってるから希少価値はない。でも力がつくんよ。まじでまぶで。

学校の傍用問題集を徹底的に使い倒して表紙もボロボロになるまで繰り返している子がいる。ヴォクはそういう子が成績が悪いのを見たことがない。字を丁寧に書く子が必ず成績がいいのと同じく、学校の傍用問題集に対して丁寧に取り組んでいるような子もまた実に成績がよい。

学校の傍用問題集を繰り返すのと成績は比例する(どうでもいい話だけど)。

親は子に本当は何の問題集を買い与える必要もない。傍用問題集にほとんどすべて揃っている。

傍用問題集を100パーセント身につける、これもまた実に力のつく稽古だ。


違う、ちがう、ち〜がう、そうじゃな〜い。志村〜、うしろ〜。
傍用問題集に気がついて〜。


ちが〜う。学校で配られたあれだよ〜(声を枯らしながら)。


入試でも基本を制するのが基本(基本だけに)。

学校の傍用問題集は地味にいい。



ほなね。今日も雨ですね。
posted by ヒカリ at 06:24| Comment(0) | 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

問題

100227_0510~01.JPG英と数を解き終わった。

数学は大問3の漸化式を立てるのが難しいな。
例年通りパターンの1、2をガッチリとれるかどうかで決まりそうだ。

英語は読解力重視になっている。90年代以前に戻った感じ。
要約の過去問30年分くらいを使って、正確に読む訓練が必要だろう。


国語はまた明日。
posted by ヒカリ at 05:27| Comment(0) | 大学進学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

1番ライト、イチロー(14)

100223_1506~01.JPGエンゼルスのボビー・アブレイユ外野手と同期のヴォクです。みなさん、こんにちは。雨上がり決死隊的なアンニュイな午後の昼下がり、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今日のイチロー選手もよかった。

同地区へ移籍した松井選手に対し、イチロー選手は言ったらしい。「早く赤い帽子が似合うようになってほしいですね」と。



200本について聞かれたイチロー選手:
「できないはずがないものを、わざわざ言うこともない。」


くわぁ〜〜〜!
野球盤でイメトレしよっ。うん。
posted by ヒカリ at 15:25| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期へ向けて

大学入試前期がおわった。高校入試前期がおわった。

中学入試の世界では難関校になると1日目で合格を決められないこともある。2日目や3日目で合格が決まることもある。
粘って最後に合格を決めるのも初日であっさり合格を決めるのも合格に変わりはない。大きな実力差があるわけでもない。4月から同じスタートラインに立って、行ってから努力を重ねたものが力をつける。

今年の高校入試は定員配分がちょうど中学入試のようになっている。
倍率は浦和、一女で3倍を超えてくるだろう。




以下、県のサイトよりリンクです。

倍率など:http://www.navi.spec.ed.jp/w/index.php

埼玉県公立高等学校 前期募集 入学手続に関する確認書提出者数・後期募集人員(2月25日(木)更新)
埼玉県公立高等学校 後期募集 入学志願者数(3月1日(月)更新予定)
埼玉県公立高等学校 後期募集 入学志願確定者数(3月3日(水)更新予定)

ボーダーと得点開示

埼玉県の公立高校入試の話。
例年、高校生から得点開示された点数を教えてもらっている。

よくボーダーという言葉が使われるが公立高校入試は内申が絡むので学力試験のみでのボーダー(合格最低点)は本当は存在しない。選抜基準はあくまで合計点であり、配点票の通りである。

次に、採点は学校別に行われるので採点基準は学校によって異なる。A高校の400点とB高校の400点が必ずしも同じ正解率であるわけではない。

点数開示は、3/17〜24の期間中、各高等学校に、その案内が掲示される。それに従って聴きにいけば自分の点数がわかる。それを待っての情報のみが正確で、今頃掲示板などで流れている自己採点結果などとはだいぶ異なることが多い。当たり前だけれど。

内申がきびしめなら試験で多めにとればいいまでだ。細かいことを気にする必要はない。

合格の可能性は?と聞きたくなるかもしれない。
なんでも可能性通りに進むような世界ではないんじゃないか。
可能性は日々刻々と人の力で変動する。
可能性は自分で切り開いてゆくものだ。

挑戦も安全運転もなく

中3は前期試験で自分の行きたい学校を受験した。
一年前の春から、夏休み前から模試の志望校判定の欄に書いていた学校を受験した。

挑戦もなく、安全運転もない。スコアを上げ、模試の判定を上げ、この受験に備えてきた。行きたかった学校があったからそれに向けて稽古を重ねた。
計画通りだ。


前期を終え、本番は後期1回となる。
挑戦とか安全運転とかない。
行きたい学校を受験する。
そのために練習をずっと何年も重ねてきたのだから。

本番がいよいよ来る。出願は今日からだ。
行きたい学校は自分が一番よく知っている。