2009年10月26日

たまぼく

むかし、ヴォクが中高生のテニス少年だったころ、『新釈現代文』と『田村の現代文講義』のいくつかを天文館のキンカイドウ書店に通って立ち読みし、とくによいものを買って勉強した。


その10年くらい後に、予備校に勤めていた頃にひょんな機会に恵まれ、語学と数学の教え子の高校生たちにまじって、現代文の田村先生の講義を半年受けた。


昨日、現代文(日本語読解)をものにしないといけない子が何人かいるので日本語のテキストや本を選んだ。


今、外は雨が降っている。雨の匂いがする。


これから、この記事の日本語を読み直してまとめたら、左の親指で携帯メエルの送信ボタンを押します。


ほなね。




(ご参考)今日買った本(生徒用)。
・受験国語参考書、ついに復刊。新釈 現代文 (ちくま学芸文庫) (文庫) 高田 瑞穂 (著)
・解法が丁寧な独学図書。解法の探求・微積分―大学への数学 (単行本)

勉強という名のスポーツ(1)

塾生のセルフ道を追求しており今年から計画を自分で立てるということをウチでもはじめている。計画とは学習の中で二番目に重要な要素だとヴォクは考えたからだ。

受験がはじめての経験である以上、計画立案のチェックはもちろんいれている。(『はじめてのお使い』というテレヴィ番組でもチェックはあったはず。)


計画は、まぁ、みんなきちんと立てられる。わるくない。経験を積むにつれ、ある程度何をしたらいいかがわかるようになっているんだ。足りない部分はコーチが修正する。



でね、計画が立ったらいよいよ松本いよ(自由が丘の道端で奇跡的に立ち話をしたのがなつかすぃ〜な)、実戦だ。実戦DO!だ。



よかった計画(プラン)だが、実行(ドゥー)の段階となると、いろいろ、セルフ道が分かれ道になる。
シリーズ(1)の今日の花波日記では、無理矢理これらの道をパターン化しよう。
大道、小道、中道を勝手に名付けます。ええ。代打でなく、この日記のレギュラーのヴォクが。


計画実行の分かれ道分類byはな


パターン1:計画より遅れる。主たる原因は、やらないこと。理由は実に様々。


パターン2:計画と寸分違わずやる。速からず遅からずそれでいて浅からず。トドのつまり、それでよし。目標数値達成者のうちの90パーセントくらいがここか。


パターン3:多め、早めにやる。悪くない。
少なからず。遅からず。それでいて密度が小さい(上島ネタで書かれた赤虎さんのパクリ)。
濃くないんかっ!確認テストで満点近くをとらないときもある。気合いと根性があって、わるくない。なんとかなりそうだ。


パターン4:計画票はあくまで最低ノルマ的に利用して、起きている間中、勉強。将来の中期的・長期的目標(のようなもの)にとりつかれたかのようにずっとなにかしら勉強している。コーチであるヴォクの指示になかったことまで、復習という名のもと勝手に隠れて勉強している。偏差値を数ヶ月で10〜20近く上げた子たちはここに入るか(春、合格後に全員に軌跡を詳しく書いていただく予定)。




計画って、なんのためにあるのだろう。
計画のための計画は、練習のための練習と同じで、ツオクならない。

結果を出す。そのことのために練習があり、その練習のメニューが計画なんじゃないか。

ヴォクはこんなものを並べてみたい。


料理(の献立):レシピ:料理すること

試合:練習メニュー:練習すること

学習:計画:学習すること


つまり、勉強における計画とは、料理におけるレシピみたいなものなんじゃないか。


すなわち、計画と勉強の関係は、レシピと献立の関係と同じなんじゃないか(反復主義)。


プロの料理人なら献立がなくても料理ができる。家庭でいつもご飯を用意するプロの人間がDSの料理ソフトやSMAPの料理本をはたして毎回参照するだろうか。
東神奈川駅近くの元祖ニュータンタンメンのシェフが調味料をハカリでいちいち測るだろうか(んなこたぁ〜ない)。

プロのスポーツ選手なら練習メニューがなくても練習ができる。イチロー選手は身体が求めると感じたらシチュエーションに関係なく身体を動かしていた!という話を青木選手がしているのを何かの番組で耳にしたことがあるという記憶がヴォクの頭の中にある(いや、長いからっ!息苦しいからっ!)。


ディナーに招待したジャパンの選手たちをよそにひとりその場からいなくなったイチロー選手は、(あれ、イチローさんいないなぁと青木選手が思ったら、)自宅のジムで筋トレをしていたらしい(伝聞推定)。



青木選手:「いつもしてるんですか」
イチロー選手:「身体が求めるタイミングで」(すみません、ヴォクの記憶が遠いのでニュアンスだけです、ええ。)



プロでも計画を立てながら練習する場合は多いだろう。ましてやアマであり修業中の身であるわれわれ子供は練習メニューや献立に従って練習する必要があるように思えてならない。

(つづく)

2009年10月25日

べた

091023_1800~01.JPGふらふらのふらんケンです。みなさんこんばん波〜っ!


lionがお〜★先生や英才先生も使われているとうわさに聞く名著、『英作文基本300選』(発想訳付きなのが魅力のひとつ)には重要な改訂があった。


たとえば、例文(281)では、
改訂前→The older you get, the more difficult it becomes to learn a foreign language.(年をとればとるほど外国語を学ぶのは難しくなる。)

改訂後→The older you get, the less innocent you become.(人は年を取れば取るほど無邪気でなくなるものだ。)
とあり、なんとなく内容面での配慮(のような匂い)を感じ取ることができる。

実際、うん、歳なんかとったって語学は学べるもんね、ぷんぷん(指を角みたいにして頭に立てるポーズで)!という気持ちになれるんだ。




たとえば(あくまでたとえばだが)、例文(245)では、the dark horse(穴馬)が→the favourite(本命馬)に変わっている。

かくして改訂版では

兄は所持金をすべて本命馬に賭けてすってしまったのです。

となった。
いったい、どのような内容面・形式面での配慮があるのか皆目見当もつかない。今度お聞きしてみたい。

そういう些細な改訂を見るのもまた楽しからずや。







ほなね。すた、すた、・・・CSが終わった。

今日は胴上げ(のような)写メが誰からも来なかった。

ねぇさん、ついてます。(だから高嶋かっ!)
posted by ヒカリ at 05:37| Comment(0) | 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の小学生

今日の小学生(1年)。
ひとりで○つけができるようになる一歩手前。あと少しかな。お母様が本人の代わりに○つけをしないご協力がありがたい。

小3内容に入っているので進度より姿勢に重点をおいている。
楽しそうに取り組んでいるようだ。

今日の数学

今日の数学(中3)。巣鴨中の数学もハイレボー。

中間考査には09年の東北大(理系)の大学入試問題や、センター試験からも出題されていた(もち、抜き打ちで)。
こういう良質の入試問題とのぶつかり稽古で、ガップリ四つに組んで格闘するというのはいいものだなぁ。うん。

2009年10月24日

今日のヒカリっ子

定期試験が月曜日にある子。目標順位を聞いたら学年2番と言った。
「わかりました。あっ手がすべった。」


もうそれは聞き飽きたので勝手に1番に書き替えた。ヴォクの手が。

負けるのを前提に闘うのはなんだか違う気がする〜〜〜。