2008年10月31日

今日はメールが20件くらい来た。

081031_1907~01.JPG中学生の中間テストが終わりメールデイになっていた。

反応してたらブログも珍しく多めに書いてた。

たこ焼き食べてもう一踏ん張りします。

ほなね。

親分古文漢文

081031_1920~01.JPG古文漢文は中高差が大きい科目だ。
国際化が進み英語のウェイトが増す一方で古文が少なくなってきたように思う。

古文や漢文は趣味の読書としても楽しい。

僕がかつて大学受験生だったころは実戦トレーニング古文単語(600語)、ギョーカイで言うところのジットレ古文がド定番だった。愛着があるのでなかなか捨てられないでいる。また卒業生が出る度にコレクションが増えてゆく。うちの書庫にはこういう箱が増えてきてしまった。虫がつかないようにしたいなぁ。


(追記私信)
明秀館様、すてきなものをありがとうございました。また御連絡させていただきます。

たこ焼きの粉(笑)

081031_1701~01.JPG最近は兵庫県の神戸物産さんのたこ焼きミックスを採用している。

来年の採用テキストについてのボヤッキ〜(3)

081031_1508~01.JPG予習シリーズや新演習、実力練成などをこの3日間じっくり再検討した結果、中学受験の理科・社会は新小学問題集と新小学問題集の『中学入試の攻略』に決めた。

整理ノートや一問一答も併用してゆく。

決め手は自学自習に適した詳しい解説。自分で自分を補強できるのがよい。
(それにしても我ながらウダウダ書けないなぁ…(笑))

告白(2)偏差値のひみつ

塾の平均偏差値をヴォクはなるべく書かないようにしてる。今年は中3が平均で60を毎回超えていて中2、中1は塾生平均で65を超えている。でもこういうのを書くと勝手に推測されるよ。

最初から偏差値のいい子?しかとらないんじゃないかとか(選抜はしないし、空きのあるとき以外、小学生からしか受付しないのでいいもわるいもない)。
偏差値主義なんじゃないかとか(むしろ偏差値は関係ないと考えている。本番でも合計点主義です、ええ。)
ひとりじゃなくて平均でみるのかよっとか(平均は人じゃないから参考まで。見るけど、一人ひとりの各科目の点数をガン見です。)
この学年から東大を何名出すというような考え方はヴォクが一番きらう考え方です。同じくこの学年から浦和・大宮・一女を何名出すとかそういうのもやりません。グループではなく個人の目標をみます。

その子の第一志望校が本当に行きたいところだと言うのなら、そこに行けるようにみていくということが、ヴォクの仕事の仕方なのだ。

ずっとA判定を出し続けてる子が今年は多いけど、そういう子たちに、志望校を上げようとか(いったいなにを基準にそんなセリフを)、ヴォクは言わないし、思わない。その学校に行きたいと思ってがんばって結果を出してきた子たち。その学校に行きたい気持ちを否定する何の理由もないし、上げるという入試偏差値上だけの話に何の意味も感じない。偏差値ってのは模試用語だよね。

私立高校が確約を出す物差しにしてるから、埼玉は偏差値の話が多いよね。でもヴォクは模試(業者テスト)でもどれだけがんばったかとか、やることをやったかとか、何点とったかという点を見ている。

それに一般入試は大学、高校、中学とも大方、偏差値ではなくて、合計点で決まります。というわけで偏差値ではなく、過去問の合計点を重んじています。
そしてそれをとるための努力を重んじています。
努力は裏切らない。


告白(3)に続く。

高校に上がるときのテスト代

ある中高一貫の私立の中学では高校にあがるテストを受けるのに受験料をとっているという。
学校で作っている(ただのクラス分けのペーパー)テスト。それが決して安くない。一般入試と同じうん万円の受験料をとっているという。