2008年09月27日

ボキャビルの夏の成果

この夏に始めたボキャビル。今日のヒカリっ子は901〜1000を合格した。この夏だけで1000語ボキャブラリーが増えたことになる。

英単語は英語の基礎体力なのでこのまま続けてゆきたい。
単語暗記は苦手だ!と宣言する子も塾で一緒にやればすんなり覚えてしまうものだ。それを家でやろう、と伝えている(アシスト式)。

ペースに個人差こそあれ(係り結びの法則)、各自コツコツと増やしてゆきたい。


夏休みに速読英単語の入門編(準2級以上所有者はソクタン必修編やシステム英単語をやっている)をはじめた小・中学生のグループは、全員が大体1冊を覚え終わった。英検前にちょうど計算通り。

ほなね。

獅子舞

lionさんに独学教材をメッサいただきました。

大切に使います。ありがとうございます。

がお〜★

高校生の進路+温泉

また進路雑談をした。好きな学科がいいと思います。職業も意識しようね。

風邪をトバスため温泉に行ってきた。復活。しゃ〜〜!

2008年09月26日

ユンケルと塾ブログの狭間で

テキスト自作派の塾ブロガーのブログをガン見しながら読むとテンションがめっさ上がるヴォクです、みなさんおっはー。

ブログは高いユンケルより利くんです、ええ。こぅ、なんていうか内から元気をもらってく、そういう感じ。
風邪も一度に吹き飛ばすんだっ。


流れで(流れで?)、一句詠みます(いや、こっちは趣味のブログじゃないからっ)。


♪塾ブログ 元気をすこし もらってく


(ひとりでスタンディングオベーション、くわぁ〜〜〜!)

地域独自の問題とか学校独自の問題とか、みなさん、いろいろつくってるんですね。


ヴォクも今日はユンケル飲んでがむばります(結局飲むの?)。

ツクルンデス。

(カメラかっ!)

今日のヒカブロは、★「集中攻撃」。

もいっちょ、
補助形容詞」。

で、このヒカブロですが、ここからリンクもいつも張らせて頂いているので、読者のみなさんは巡回しているのかなぁ〜って。
かな〜って(なんとなくデジャブ法で)、
思いましたので、終了。

了津完吉。
posted by ヒカリ at 13:26| Comment(4) | TrackBack(0) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マックス、がんばる。

080925_2147~01.JPG模試も検定も習い事も有料だぜ。せっかくやるなら本気でやって自分に役立てないともったいない(おばけ)。

中1だったら模試は順位をとるために受けるわけじゃない。それを利用して自分の復習を進めること、受けた結果を通して自分の学習を振りかえること、そのためがでかい。断然そっちだ。

ただ数字をとって上位者リストに載るためだけに受けるんじゃない。

検定だってそう。飛び級して大学生になってから受けた方が本当は安い(ヴォクはそうしてた(飛び級主義といえばかっこいいがセコイだけ)。)

でも、ひとつずつ順をおって受けていくってのもペースメーカーやマイルストーンにはなるわけだ。

習い事…、ぼくがいうことじゃないね。うん。
ほなねぇ。

定期試験学年一位(34)

おはようございます。万年学級委員長をしてたヴォクです。前回の続き。さぁ〜!

定期試験で点をとるのと、実力試験(駿台模試や北辰など)で点をとるのと、入試で点をとるのは結構違う。

なぜって、問題の性質が違うよね。ヴォクの経験上、根性が利きやすいのは定期試験なのかな〜って。実力があんまり関係ないのが定期試験なんかな〜って。

(実力というのは範囲がない模試でのスコアだと仮定するね。)

だからね、ヴォクは定期試験ってのを根性を出す練習としてメッサ重視してるわけ。定期試験って、まず範囲があるじゃん(まぁ、模試にもあるけどさ、広いから)。たとえば英検準2級所有者でもあんまりテスト準備をしなかったりすると、英検3級所有者でも教科書本文を根性出して丸暗記してきた子に負けたりするわけ。

実力はどっちが上か、そんなのはよくわからないけど、その定期試験に勝つのはその定期試験に向けてがんばった子なんだよね。範囲を隅から隅までがんばった子なんだよね。

根性を出した人が勝てるってのが定期試験のオモロ〜なところなんだよね(っくす)。

野球で言えば、ペナントレースで優勝するのと、プレーオフで勝つのとでは求められるものが違うよね。

奇襲作戦でも工夫作戦でも心理戦でも、プレーオフという短期決戦に勝つには、それに向けた作戦や根性がいるわけ。とりわけがむしゃらがいるわけ。一心不乱にとりにいくがむしゃら。

でね、定期試験ってのは、短期決戦なんさぁ。

定期試験の準備なんかしないで実力で受けてまぁまぁの順位をとるのか、それとも、定期試験の準備もバシッと本気でやって、目標順位をビタ取りするのかは、自由なんさぁ〜〜〜!

定期試験の準備なんかしないで実力で受けてまぁまぁの結果をとるのは、「準備も対策もしてないからさ〜」っていうセリフ自体は実力派みたいでかっこいいかもしれないけど結果は結果。残るのは実力ではなく一つ一つの結果。


目標は達成するためにある。
とりにいこうぜぃ!
やったろうじゃん!!
どうせ受けるなら自分のベストを尽くそうぜぃ!(久し振りに赤虎語で)

さぁ〜!