2013年10月24日

宿題をやってない? あっそ

うちは三回でアウトにしている。

本当は一回でいいと思うがヴォクは仏なんだな。
仏なのでたまに間違って勉強する意味を話すこともある。
仏すぎるな。
こんなんじゃだめだ。

「はい、2回目ね。次でアウトだよ。」
「はい、スリーアウト。来週からこなくていいよ。」
これでいい。

勉強しないならこなくていい。

塾に金を払ってきてるんだろう?
posted by 花波 ヒカリ at 05:41| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

(lionさんの) 秋

http://lionlife.hakumon.info/?eid=938107

いつも勝手に拝読して勉強させていただいている。

読むとむしょうに入試問題をもっといっぱいときたくなる。

不思議でならない。
posted by 花波 ヒカリ at 05:40| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

(lionさんの) 学習の連続性

「名もなき詩」で拝読した。

いろいろと気づかされた。

http://lionlife.hakumon.info/?eid=938106
posted by 花波 ヒカリ at 05:55| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

シンジ ケイスケ シンジ

本田のユニクロのパンツ。
仕事着としてもずっと履いている。
気にいっている。
分厚くて頑丈なのがいい。

シマムラもそうだが、ユニクロはしっかりしたのが多い。
シマムラみたいに一点物を探すたのしみはないけど。

時計もふたつつけている。なぜに両腕に。
イタリアだなー。
ミラン風だ。



10シンジ(カガワ)、 4ホンダ 、5ナガトモ、 7ヤット、9シンジ(オカザキ)、1カワシマ、17ハセベ、22ヨシダ、6ウチダ、18マエダ、15コンノ、

子どもたちに聞くと好きという名によくあがる。

ぼくもすき。

あとで試合をみよう。音声を消して。

posted by 花波 ヒカリ at 07:35| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

(lionさんの)目標が自分を強くする

http://lionlife.hakumon.info/?eid=938047

ワールドカップ優勝を狙うチームの個が弱くなるわけがない。 

目標は好きなところに設定したらいい。キバレ!

そんなことを思った。
posted by 花波 ヒカリ at 00:37| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

(花の)種

コーチ榎本は僕らの心に種をまいた。水をくれた。18年分の肥料をくれた。


種を蒔きたい。
水をあげたい。


予約した。
『フォーカスゴールド』の改訂版、『全国大学入試問題詳解』、『全国高校入試問題正解』、『全国物理』、『全国化学』の今年版。大学への数学は自動で届く。
一日でもはやく手にとって読みたいから待ちきれず予約する。手にとる前の方が花だったなんていうことはヴォクが予約するものにはあまりないよ。


忘れた頃にとまではいかないが想像していない瞬間に手配完了の通知を受け取る。
ドキドキする。


逆の立場にたつこともある。来年度の小学生の予約をいただく。まだ見ぬ君を待つ。


予約とは「ドラゴンズがいいから一年待たせてください。」そういう心境に対応する制度だ。川崎ムネリン(ヴォクの妹はムネリンファンでムネリンの実家に何度も行った。)がメジャーに行ったときのオーダーの仕方に似ている。「イチローさんのところで。」


似たものを考える。注文を受けてから作る職人がある。手作りのオーダーメイド。世界にひとつのものをお願いする。注文通りにつくるのかな。いや、細部を注文できるようなものではない。あなたがたにお願いします。細部こそお願いします。
ドキドキする。なにができたとしてもいいよ。見る前に頼む。


いま作っているのかな。その机の木はどこでとるのだろう。雨の日に切り倒したのか。削り出しはうまくいったのか。


きた。みる。さわる。大切にできるものを注文する。許されるならそんな風でありたい。


削り出しを受け取る。触る。手入れの仕方を考える。丁寧に手入れしてみる。毎日なでてみたい。
5年後はどんな色になるだろう。
飴色の君はどんなだろう。
20年後の君はどんなかな。


種を蒔きたい。
水をあげたい。
育ててみたい。
posted by 花波 ヒカリ at 07:06| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

2012年10月28日

練り上げる, 自分でやる勉強

(lionさんの) 「練り上げる」
http://lionlife.hakumon.info/?eid=935988

(lionさんの) 「自分でやる勉強」
http://lionlife.hakumon.info/?eid=868768
posted by 花波 ヒカリ at 06:39| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

(lionさんの)徹底的に

睡眠時間の質問はすごく多いです。

http://lionlife.hakumon.info/?eid=937819
posted by 花波 ヒカリ at 00:40| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

2012年09月19日

(lionさんの) 価値観を変える

http://lionlife.hakumon.info/?eid=937813

すごく勉強になりました。

posted by 花波 ヒカリ at 04:17| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月15日

独自ルート(2)(こらぼ)

http://lionlife.hakumon.info/?eid=937746
lionさんの独自ルートにふたたび触発されて。

自学自習自体は難しいことではない。
それは目標と根性だけの問題だから。
ただしいくつかのハードルがあることも同時に否定できない。
自学自習もして実際にゴールにも届くかの点が問題となる。

自学者が困ることがある。
1つに何を使って練習したらよいのかがわからない。
良問というのはたしかに存在するのだが何が良問なのかがわからず途方にくれる。
まさか1年間の日本の全学校の入試問題をぜんぶ解いたり、あるいは1校を過去に遡って50年分全問題を解いたりすることは時間的にできないしそうする必要もない。
では何をしたらいいのだろう。
せっかくやるならいい練習がしたいと思うのは人の常である。
そういうわけで人は考えている。
「ピカピカ光る数珠の良問はどこにあるのだろうか」と。


2つ目にどれくらいのペースで進めてみたらいいのかペースメーカーのないことに困る。
しっかりやっているつもりが気がついたら亀の鈍足だったということではまるで成果にならない。
まさか図書館で、自分の世界にこもってシャカリキ自習している隣の席に座った人に尋ねるわけにはいくまい。
かくして人は考えている。
「その良問を1日何題解けばいいのだろうか」と。


2つの質問にヴォクがこたえよう。
まず問題は解けば解くほど問題を見る目が肥えてくる。
なんじゃーこの問題は、って言えるようになるしくぅーこの問題いいなーって思うようになってくる。
だから目の前の問題にくらいついて解けばそれでよし。

次に一日何題解けばいいの?
って、それはどんな質問なんだい?
わたしはどこに行けばいいの?
わたしは何になればいいの?
と同じでなにかがおかしい。
一日中解けばいいし、気がすむまで解けばいい。
逆に一日何題かなんて決まってたら汽車と同じで線路の上しか走れなくなるぞ。


何題でもいいの。
それは趣味の問題なの。
成果が出したいんだったら起きてる間中ずっとやれ。



posted by 花波 ヒカリ at 13:59| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする