2014年09月23日

塾が売っているもの(6) 中学生のテスト範囲と合格実績にだまされないための高校選びの材料。

小学生のことばかり書いていた。
たまには中学生のことも。

中学生がいつものようにテスト範囲をおくってくれた。

その子のgmailは範囲のやりとり以外に使われることがほとんどない。無料なのでgmailを勧めている。たしかその子にも小学生のときにそれを勧めた。

テスト範囲の学習は前に終了しているが範囲を念頭においてこれはというところだけは補うように指導している。

当然、志望校と必要と時期に応じて個人差が大きいが、毎回20枚、30枚程度はプリントを配付している。

光塾を開いた頃、昔は50枚くらいの頃もあったが今は適切ということを知るようになった。それでも20枚という分量は多い方ではあるだろうか。一般的に考えて。
そういうことがしたくて子別指導を光はやっている。

範囲を見ると、たとえば次のようになっている。
一部抜粋(原文ママ)。
数学
教科書P60〜105

英語
教科書P38〜41、P44〜59

理科
教科書P63〜133
※ただし、滑車問題を除く。

社会
教科書P5〜62

これを見てヴォクが伝えるのは大体いつも同じだ。

数学は全高入を解きなさい。解けるまで解きなさい。

英語の教科書はいつどこを聞かれても全文英語で練習しなさい。言えるまで言いなさい。書けるまで書きなさい。

理科と社会は『実力錬成』レベル(ラ・サール、開成まで掲載)で仕上げなさい。滑車はとばさずにやりなさい。(範囲より広くやるが対策の基本なり。)

範囲を見て、手渡している問題集での対応力が弱いと感じる部分についてだけプリントを作成して渡しているという次第。

問題集は勝手に別を探して用意しても構わないが光塾で用意した問題集とプリントだけで入試までおつりがくるようになっている。

市販のものを独自に追加する必要は入試までないようになっている。

教材は塾教材と市販教材とプリント。
プリントは全国過去問最新12年分からセレクトした良問中の良問。

物理の『良問の風』くらい良問のセレクトにはこだわっている。ご存知のようにかの問題集はいくつかの良問を選んだ上、再構成して最良問たる1題を作成している。たとえば1題の出典が、「センター+早稲田+東工大」などと複数明示されている。こんな問題集をヴォクは他に知らない。

はじめて本を手にとったとき震えたのを覚えている。

精選するということ。逆にそこくらいでしか練習メニューのオリジナリティを発揮できないのが中学生のテスト対策指導なのだ。

あとは解説だが、出題範囲が教科書である以上、一発技などはそんなに多くない。高校で習う一発公式はたくさんあるのでどんどん紹介しているくらいか。

たとえば三角形の面積は高校入試頻出だが次の一発公式を使った解説を行っている市販図書は多くない(東京出版のものくらいか)。
8E7C4299-A76C-4CD1-A8BA-E90F6D94F623.jpg
使うだけで5分近くの時間を確保できる。



9月の駿台模試が終わり、10月北辰テストの会場が知らされ、中間テストの範囲を知った。

夢にあまりうなされない程度に息抜きしながらがんばって。

ほなね。なんとなくシリーズを再開した。
塾や(1)
塾や(2)
塾や(3)以降
塾や(4)
塾や(5)
塾や(6) ←イマココ。

塾や(7)↓これから書くところ。
独学で受験勉強するのはもちろん可能である。(どうでもいい例だがヴォクは独学で東大受験した。高校も中学も独学で受験した。)

独学することと塾や予備校の先生や家庭教師などに師事することの差の一つは質問できるかという部分にもあるだろう。
独学では質問する環境がない。

ざっくり例えるならスタバでひとりで勉強するのが独学、ジョイフルで人に時折質問もしながら勉強するのが質問付きの学習スタイルとなる。

飲食店名は例であって本質的なことではない。実際独学するなら自宅の方がずっと一般的だ。たまたまヴォクの経験上、そういう例が多く見られる店ということで書いているまでだ。家の中は見えない。

いずれのスタイルをとるにせよ最後は自分でできるまで練習するしかない。
誰もあなたの代わりに仕上げてはくれない。

近年、都立高校も埼玉の県立高校も補習授業が充実してきた。夏季講習が当たり前のようにある。
一部の私学よりも補習が充実している学校もあるくらいだ。
県立トップの公立高校&都立トップの公立高校と、国立の付属高との最大の違いがここにある。

入学時の偏差値は高校入試時点での高校生の偏差値を表すのであり、大学の進学実績は高校卒業生と高校を卒業した浪人生のレベルを示すものではある。

しかしそのどちらも高校の授業内容を表すとは限らない。
学校によっては補習指導に力を入れるところもあれば一切の補習を行わないところもある。
学校によっては生徒の大半が塾・予備校などに通うところもある。学校によっては通塾率が著しく低いところもある。

浪人が多い高校もあれば現役の進学生が多いところもある。
細かいことを言えば部活をやっていい時間帯ひとつとっても学校によって異なっている。

たしかに高校選びの指標として進学実績を参考にするのは一つの方法ではあるが、実際通っている高校生に聞くと数字には見えない発見がある。資料だけでは高校の姿は見えない。

ほなね。


posted by 花波 ヒカリ at 09:13| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

きょうの小学生英数国(2)と村上春樹

きょうの小学生(小6)。
中3数学は2次方程式文章題の鉄人審査中。

中3英語は疑問文否定文のマスターテスト中。

ほかの確認テストは今回まで213回連続合格継続中。

彼は浦和志望で、勝手に好きなところまでいつも予習してくる。

セルフラーニングの重要特性「自分で決める◯」が身についている。

61D16224-0DEB-4E29-AA46-3F60B909B661.jpg


好きな作家の本で時計をカバーしている。
カバーしているというのは、ヴォクは掛け時計を本棚にただトンと立てかけている。

壁に穴をあけたくないというのも少しはあるが、木で作った大切な本棚には時計を立てかけようと決めていた。

その本棚は部屋につけたというよりはむしろ本棚の広さに奥行きをつけて部屋にしたというようになっている。

部屋というよりはサロンか教室か何かのように設計されている。
本棚の一番上の段がそのまま天井で本棚の一番下の段はそのまま広がり床になっていて、本の中で勉強できるようになっている。

小説や哲学書の類は教室の本棚ではなく裏側の本棚に並んでる。教室の本棚はぎっしり光推薦独学図書で埋まっている。伝説的な名著ばかりが並んでいる。
でも時計の前にだけ例外がある。

時計を立て落ちてこないようにするのに村上春樹の小説がわるくない。

時計を見るたびに小説の背表紙が見えたならもうひとつの世界が時計の向こう側からこちら側につながって、楽しい気持ちになれるんだ。

本棚。ひとつのマスにA4が2列ゆったり入るようにした。
奥の列には絶版の本を中心に配列している。
経年変化の楽しめる白い木は細やかな木肌調整後、仕上げがされ、きれいな上、杢が味わい深い。



posted by 花波 ヒカリ at 17:56| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きょうの小学生英数国(1) plus 学校では絶対教えてもらえない受験勉強法~こうして僕は、京大にトップ合格した~

きょうの小学生(小5)。

中1数学、いま説明が終わったが、自分の限界がきたところをしっかり特定し、マークをつけてくることができている。

こんなにまっすぐきれいに貼られた付箋紙を見たのは久しぶりだ。限りなく平行に近いブルー。


これから方程式計算の鉄人審査。満点をとり鉄人になるまで毎週えんえんと実施の予定。
前回文字式の鉄人になり、きょうは方程式審査の初回。
とくに分数の絡む難しいところではスピードを落とし確認しながらすすめたいところ。
高校生が積分の計算を丁寧にやるのと小学生が方程式の計算を丁寧にやるのとは意識化させねばならない工程の複雑さにおいて似ている点がある。




中2英語、大事なだいじな文型の初回だったが例文がスラスラと言え、主語になることのできる品詞が言えた。

国語(無学年)、本文をよく読み解きしてきている。

確認テストは前回まで201回連続合格だったが今週はどうだろう。

1DC03A01-B29C-4348-AAB1-46D7043B3BB4.jpg


plus 『学校では絶対教えてもらえない受験勉強法~こうして僕は、京大にトップ合格した~ 』
きょうの高校生が読み終わったということで返してくれた。
彼も独学で京大志望なので同じ参考書を使っていると知ってうれしかったらしい。
posted by 花波 ヒカリ at 17:25| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

倍率ドン!

鹿児島県出水市。鶴の飛来地がうちの庭だったヴォクです。その頃からだ。
池を見るとパンが投げたくなってしまうんだ。



きょうの小学生数学算数。

割合か。

ここは一生理科数学で使う単元か。いや勉強で一生つかわないもんなんてなんもないけどね。けどね。
八百屋いったら割合勝負と。



スモールライトー。

ここにヴォクのお気にのペンがある。ヒアズマイフェイヴォリットペン。
色はもちマンダリンのオーレンジ。
10cmずだ。



スモールライト、零点ゴー(0.5)(のぶちゃんの声で)。



でね、このスモールライト0.5(懐中電灯)をかけるの(音の出るいやし系シャーペン、ぺんてるのスマッシュをカチカチ言わせながら)。

この光をかけるの。

うどんにはめんつゆをかける。
納豆にはオクラをかける。
花には水をかける。
はらたいらには3000点をかける。
そしてこのペンにはスモールライトの光をかける。

ビビビビBe〜ー(ぺんてるのスマッシュをカチカチさせながら)。
ハイビーム。


何センチになったと思う?

(5センチ)







ざんねーん。
正解は5センチミーターズ。

でもめっさ近いからOK。
長良川の鵜飼と木曽川の鵜飼くらい似てるからあたりー。


次いってみよー。

100円のジュースがある。
ヴォクのお気にのシークワーサーだ。

ぬおっ。
30パーセント引き。普段の0.7がけで売ってるし。
普段の値段を1とするときょうは0.7だし。
とどのつまりいつもの0.7倍だ。

シークワーサーさんに100円。倍率ドン!
ドーーーン(笑うせえるすまん風)
0.7倍。

念のため巨泉でもいっちょ。
倍率ドン!
普段の0.7倍だ。



(70エン)


正解。
今度は単位も間違いない。

というわけで出水市とか米ノ津みかんとかのおまけトークを除いてまとめよう。


普段は100円のジュースがある。いまでしょの人が0.3安くしてくれたためいまは普段の0.7で売っている。
いつ買うか。
(いやそこはいま何円か?でしょ!)






中学数学の独学図書はたくさん出ている。この本『中学数学を復習する本』はわかりやすい。この人のはいつもそうだけど。

image-00250621103714.png

中でも図形の説明が明快。



(ずっと前に樋口さんが紹介なさっていたもの)めっさ書きやすい。文具部で人気。


So-netに書いてた学習アプリ紹介と書評ブログ、文具部ブログもここシーサー「花の匂い」に復活させたいのだけども記事を移すというのも面倒なのでちょこまか書こう、ヴォクの指で。

ほなね。




posted by 花波 ヒカリ at 06:28| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

今日の小学生算数

今日の小学生(新小5)。

セルフに2月に入会して、はや2ヶ月が経過。

最初は、どんどん自分で好きなようにやっていいをテーマにしていた。

春休みも勝手に好きなところを好きなだけ勉強していい、がテーマだった。

今週は18単元、算数を解いてきていた。ちょっと多くてびっくり。



自己評価をつけている。

子どもが自分で採点し、自分で評価する。

Sはたしかに気持ちいいかもしれない。

でも、Aのところが美味しい。

そしてBはめっさ美味しい。

不完全単元のAやBを一緒にじっくり味わってみたい。
写真.JPG
posted by 花波 ヒカリ at 17:12 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

今日の小学生

今日の小学生(小6)。

『1対1の数式演習』は独習の質問なしからの満点大合格ゲッツ!

基本英作600選も大合格ゲッツ。高1程度の英作文はスラスラと書けている。

単語、リー教、理科、社会、現代文長文など他のものも採点、添削しよう。
写真.JPG
posted by 花波 ヒカリ at 17:44| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

今日の小学生数学。

今日の小学生数学(小6)。



セルフ値が日に日に上がって来た。この子は親兄弟姉妹親戚に質問するのを禁止にして何ヶ月かたった。



思考力は思考した時間に比例して高くなるから人に聞かないで自分で考えてみよう、と伝えた。



この子は約束を守って一人で進めているようだ。



結果、数ヶ月無事に?だらけのセルフ道となっていた。



12/15のセルフ課題の?は
『1対1の数式演習』(東京出版)で、
「p61演習題6(3)解説6行目からと
p62例題7(2)解説6行目から、(3)解説1行目からです。」と?の数が少し減ってきていたが、



12/22のセルフ課題の?は
『1対1の数式演習』で、
「p65演習題10(2)の解説3行目からです。」
とある(本人のメールからコピペ)。



?の数がずいぶん減ってきたかもしれない。あるいはたまたま今回取り組んだ箇所がカンタンだったのかもしれない。



自分のことは自分でやりたいだろうから、?箇所の共有を続けている。
確認テストは本人の?部分直撃で作成している。


明日の社会理科の確認テストでは満点がとれるだろうか。

posted by 花波 ヒカリ at 01:25 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

今日の小学生算数(小4)


今日の小学生算数は、割合。

めっさ大事なので(なので?)、のび〜〜〜たとドラおとミニップ(ミニストップ風)とセボンとミキティ〜にご登場いただいた。

わかるかなー、わからないかなー。

わからないだろうなー。わかるかなー。

この単元は小学校の算数で諸計算を除いて一番重要。

念には念を入れ、解説はいつものクリーム上田さんでなくて戦場カメラマンのシャベクリで挑戦してみよう、うん。

写真.JPG
posted by 花波 ヒカリ at 17:23 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

今日の小学生算数

今日の小学生算数(小6)。

高校への数学1対1の数式演習のp.42の例題で、1444,333,2555のうち平方数はどれ?という整数の問題点を質問してきた。(答えはもちろん1444で、これは38の平方数。38*38=1444である。)


子:「電卓ではわかったのですが、自分でやるには素因数分解でいいですか?」

花波:「勉強しているなぁ。自分のためになる勉強をしているねぇ。そういうことなんよ。」

子:「はぁ。(あれ、教えてくれないのかなぁ)」

花波:「いいね、いいね。いい問題点に気がついている。計算法があるけど、調べてみてどんな変化があったか逆に教えてね。逆に?」
写真.JPG
posted by 花波 ヒカリ at 01:38 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

整数の問題

小学生が整数問題に入った。
確率と並んでオモローな単元。



この子も自分の手と頭をしっかり使っている。質問が少なかった。




>今週の課題の?は数学シリウスp89 2の(3)の○3 (辺cd上)
と1対1の数式演習のp36演習題1(3)の解説三行目から
とp37演習題2(2)の解説7行目からと(3)解説6行目から
p39演習題4の(3)の解説一行目の13×19=247からです。
posted by 花波 ヒカリ at 13:15 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

放送大学

ある子(小6)が放送大学にハマっている。

たしかに放送大学の長岡氏の数学再入門も面白かった。

放送大学の番組票によると今日は解析とベクトルなどをまたやっているようだ。

聞けばわかる高校数学や旺文社の『本質の研究』シリーズもそうだが、数学の意味を伝えようとする様々の工夫がありがたい。



posted by 花波 ヒカリ at 20:57 | TrackBack(0) | 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

考える帽子

100204_1651~01.JPGこの子(小4)は毎週12ページ必ずセルフラーニングしてきた。12ページという単位に深い理由はなく毎日2ページ分鍛えよう!とそんな感じ。
多めにやることこそあれ、やらなかったことがなかった。ゴイス。

小5になり、中2数学の後半に入った。
この後は小学生のうちに中3数学→高1数学『本質の研究』と、理屈からじっくり考える数学をすすめてゆきたい。

posted by 花波 ヒカリ at 05:55| 算数・数学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする