2010年05月12日

中3の模試もどる頃

戻ってくるはずだ。

ドキドキ・・・

今回は自己採点をしていない子がいたので、まだ分からない。

自分の問題用紙にしるしをつけるのをしなかったとのこと。

自己採点は次からね。

だからドキドキは2倍だ。

ドキドキドキドキ・・・









調子付けにさらに倍、どーん。

ドキドキドキドキドキドキドキドキ・・・

できなかった気がします、とかその子は言ってた・・・。

できていてもいなくても次の6月につなげたい。

〇×チェックがいいだろう。

http://www.hokushin-t.jp/test/deki/deki_index.html

みんなの目標(個人の偏差値目標)、

ヴォクの目標(塾内5科偏差値平均68)、

とれているといいな。
posted by ヒカリ at 15:14 | TrackBack(0) | 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

中3開幕戦

中3も開幕戦を迎える。これから2月、3月まで闘いが続く。

はたして目標数値を取ることができるだろうか。

先月の模試までで数字はかなり上昇してきたと思う。その好調上り調子のまま今日の日を迎えた。今日に向けて総復習がさらに重ねられてきた。確認テストの合格を重ねてきた。開幕戦から全試合結果にこだわりたい。
いきなり目標数値はとってしまってもいい。

自分の相撲、とってきてほしい。

どんな結果でも、それは今の自分のあるがままの力。よくもわるくも、これから先につながる大事な開幕戦。
posted by ヒカリ at 03:33| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

点数開示と次への目標

100405_0332~01.JPG今年の春、ある公立高校に合格した子の点数は開示された結果、次のようなものであった。


>国語…90点
>数学…95点


この点数は開示結果であり、その高校の担当が採点した結果である。難易度が上がった今年の埼玉県公立高校入試の中でのこの数字、県内でもトップレボーのスコアをとっていると思う。(ほかの科目もすべて練習試合(模試)同様によく、5科トータルも模試と同様に9割を超えていた。)

これとは別に入試直後には自己採点結果もいただいている。この子のように模試の自己採点が普段極めて正確な子の場合は高校の採点の辛さ甘さも垣間見ることができるだろう。

この開示結果点数からわかるのは何点とって合格したのかという(後輩にとってめっさ有益な)事実以外にもいくつかある。そのうちのひとつについて書かむとす。

この子が練習でとりあえず3年間の間(とりあえずというのは12歳までの過ごし方がさらに重要であろうから)、取り組んできたものは大別して、学校の教科書、学校の傍用問題集、塾の問題集(市販の高校への数学日日の演習などを含む)、過去問(私立、公立)の4種類。

精神的な部分(向かってゆく気持ち)は目には見えないが、物理的になにをどれだけ練習したのかはそれらの書物をテーブルの上に積み上げてみたら体感することができよう。
少なくともヴォクの頭の中にはそれがある。いついつにあれこれをどれだけやって、かくかくしがじかになったのか、と(いや、意味わがんねから!)。

日々の練習がどれだけ本番に通用しているのかを見るために、模試もある。そして本番の点数開示がある。


ヴォクは塾生からいただいた点数開示結果の平均をとった。模試も戻ったらすぐに教科別偏差値の平均をとり、数学、英語、国語、理科、社会の指導水準を確認する。

なにがつよくて、なにがよわいのだろう。


たとえば数学が英語より良過ぎたら(これは先日行われた新中3の3月模試結果の場合なのだが)、すぐに英語のカリキュラムを修正し、国語が数学より良過ぎたら数学を強化するというように戦術を修正している。
個人で塾をやっているから明日からでも変えられる!この仕事がたのしいゆえんだ。


こんな風にして模試結果や点数開示の数値はコーチの指導についても重要なデータとなる。

内容も見たらなおよい。国語の記述はどれくらいとれたのか。数学の図形的な応用問題はどうか。英語の作文はどうか、などなど。模試の場合は点数開示と違ってすべての問題の結果が開示される。模試は現状を知るためだけに受けるわけではない。これから何をしたらいいのか作戦を立てるためにもあるのだろう。



中3の次の模試は4/25。塾生平均偏差値は例の目標数字を達成する予定で(どういうわけかすべからく)順調に進み、確認テストはここ3週間不合格者が1人もなかった。

ある子たちは偏差値70ごえではなくある県内順位を目標に取り組んでいる。
彼らが素晴らしいのは向かってゆく気持ち。
ヴォクからの、確認テストに不合格するなというプレッシャーを全く感じるそぶりもなく、また親の期待というプレッシャーに押しつぶされるようなこともなく、ただ自分の決めた数値目標に向かってゆく姿勢。
ある子はマイクリア社会・マイクリア理科の確認テストで、確認テスト対象範囲でない場所も勝手に練習していた。確認テストは1章から順番に実施しているというのに、その子は合わせて後ろの章も勝手に隠れて自学している、という。まるで忍者みたい。

またある子は英語の長文読解練成を毎日5文必ず読んでから寝ているらしい。読まないと寝たくないらしい。

そういうゴーイングマイウェイな姿勢もわるくない。

目標は達成しないより達成した方がいい。でもそれだけじゃない。目標には人を向かってゆく気持ちにさせてくれる、そういうふしぎな力がある。
目標をもつのは自分だし、目標がつよくしてくれるのも自分。目標とはなんとも不思議なものであることだよ。
posted by ヒカリ at 03:33| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

3月北辰結果(2)

100318_1612~01.JPG小学生が来たかと思ったら、くろねこ便で今届いた。

今年の新中3は1年前の中1の3月模試受験時に、平均偏差値がすでに68.2と目標をクリアしている代だ。1年でどこまで伸びただろう。

同じ今年の新中3(写メ,左から国、数、英、社、理の順,素点です)のヒカリっ子平均は全県平均より100点くらいはよいようだ。
残念ながら目標平均偏差値68まではあと少し。



次回4月では、達成したい。




うん、わるくない。
でもまだまだとれそうな子がいる。
この時期いつものことだが、単に忘れている。
とくに、理科、社会のスコアは、マイクリアのセルフラーニングが1周する次回4月受験では上がるだろう。


新中2(現中1)は受けていない子もいるが全体的にはよい。


子別の偏差値や第一志望校判定など、詳細は授業後に詳しく見よう。

個人別に数学と国語の教材を決めねばならない。


前年はこちら
posted by ヒカリ at 16:18| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3月の北辰テスト結果

そろそろ3月の会場模試・北辰の結果が届くはず。

全員が受験した新中3。

第一志望校全員B判以上、
半数以上5科偏差値70アップ、
全員の5科偏差値60オーバー、
塾生の5科偏差値平均68達成
がヴォクの目標。

今年は毎回この数字を目標にして取り組む。

はやく来ないかな。
posted by ヒカリ at 15:50| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

日曜日は北辰テスト

受験生(新中3)は全員受験。新中2も2人を除いて受ける。

試験前にすることは範囲の確認と、未習範囲、弱点範囲の学習。
各自の目標とテーマを立てて仕上げてゆきたい。
入試対策教材も配付を開始した。4月第2回模試からのロケットスタートにつなげたい。

ヴォクが個人的に立てた塾生平均偏差値(5科)の目標は、新中2が65。

新中3は現中3と同じ68。
夏休み前までの早めの回に達成したい。
posted by ヒカリ at 23:03| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

自己採点結果(中3 10月模試)

中3会場模試の自己採点結果が集まってきた。


目標偏差値74と言っていた子がそれくらいの点数を、


目標偏差値72と言っていた子がそれくらいの点数を、


目標偏差値70と言っていた子がそれくらいの点数を、


目標偏差値68と言っていた子がそれくらいの点数をとっている。


ちょうど目標達成ギリギリくらいの結果を出せているのはセルフラーニングしている子の特徴のひとつ。


でもここまで目標差異がない結果は珍しいなぁ。


こまかくみてたくさん課題はあるが、報告いただいたすべての子がとっているその合計点にヴォクは満足している。


例年11月、12月にピーク(年間自己ベスト)が来るようなカリキュラムにしているが、今年の中3は仕上がりが早い。


今後がますます楽しみ。各自のテーマで突き進もう。
posted by ヒカリ at 00:00 | TrackBack(0) | 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己採点の結果

中3の自己採点結果が集まってきた。

やったことに対しての結果が集まってきた。

得点箇所と失点箇所をみつめて、

今日以降の練習に生かしてゆこう。

やったことの結果は必ず出る。
posted by ヒカリ at 00:00 | TrackBack(0) | 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自己採点

結果が集まってきた。

練習した分だけの結果。

失点箇所と得点箇所をしっかり受け止めよう。
posted by ヒカリ at 00:00 | TrackBack(0) | 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

中3北辰第7回自己採点と解き直し(了)

これまでの流れに加えて、今回模試結果での基準点をクリアしたかどうかも念頭におきながらこれからの学習にメリハリをつけてみたい。

今回の北辰は難度が高かった。平均点が下がるだろう。

基準点は、
国75
社75
数80
理68
英75
計373。

このラインに届いていない科目は多めおおめですすめたい。

同じ本を何回もパラパラと見直しながら取り組みたい。

逆に基準点に到達している科目は、努力が点数にあらわれている。勝負科目として磨きをかけてゆきたい。
posted by ヒカリ at 00:57| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

北辰テスト第6回結果

エクセル入力を終えた。塾内平均は5科偏差値68.2。大台には届かず。

秋3回の平均を昨年度のデータと比べ、子別教科別に作戦を微調整中。

教材とリスニングの準備中。記述の教材だけあと1週間最終検討。
中3の塾生には最後のコーチとなる。

12月、1月、2月、3月へ向けて、さらに思考特訓を重ねたい。差がつく難問対策には難問演習しかあるまい。
posted by ヒカリ at 03:24| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

中3北辰第6回

自己採点が集まり中。

今回は理科と英語が難レボーだったのか。県内外の受験者平均点は下がるだろう。

逆に受験者平均点が上がるようなことがあれば、ヒカリっ子の平均偏差値68目標は達成できないかもしれない。


失敗したと感じた人はチャンス!!
よく振り返り、具体的な行動に落とし込み、入試へ向けた学習のまとめに生かしてゆきたい。


成功の前に壁がある。そして壁は打破るためにある。


難しかったと評判の中2理科、モーター。
http://www.mabuchi-motor.co.jp/motorize/academy/a_0100.html
posted by ヒカリ at 20:27| 北辰テスト結果、全員偏差値68 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする