2012年09月12日

9/16はヴォクの妹も誕生日

16日はまほも誕生日なのだが、塾生にも誕生日の子が何人かいるようだ。奇遇だ。
カレンダーでバッティングしていてスケジュールが見えなくなっている。(誕生日はもっとも重要な出来事なので携帯のスケジュールはそれが一番上に表示される設定にしてある。)



まほへ いつもありがとう。


posted by ヒカリ at 23:29| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

読みたい本

受験生は国立大学の合格発表、公立高校の合格発表が今日明日と続く。今日は発表だった子からいらなくなったからと参考書や問題集をいただいた。有難いこと。

一般生は期末テスト期だが失敗と反省点が多い。
失敗から学び自分の勉強を組み立てなければならない。たとえ連続学年一位の合計点数でも失点から学べる点が多くある。失点をみつめよう。それをしなければ次のスタートが切れない。

失敗ほど人を成長させてくれるものはない。人がそれに学ぶ限りにおいて。

たとえどんなに教材がよくても、決めたことを決めたようにきちんとやらなければ価値はない。
経験を積みながら、計画は自分でも立てられるようにし、自分の決めたこととして主体的に学習を進めるのが最も身につく。

「人が最高の力を発揮するのは、自分がやりたいと思うことをするときなんだ。」 (アンドリュー・カーネギー)

姉妹塾や獅子舞塾、lionさんのおかげで教材の選定はいったん白紙になったり最終選考になったりしている。ミスチルの中で好きな歌を5つだけセレクトせよと言われた時くらい悩む。好きな野球選手を5人だけ言えと言われるときくらい難しい。

小学生中学生高校生とも教科書改訂の荒波の中で、脱ゆとり教育の流れに乗って、個性的な新教材がたくさん出てきたように思う。とくに理科、社会、数学は大改良や大型新人が目立つ。
新旧の教材の中からギリギリまで比較と選考を重ねよう。
去年のラインナップもよかったと信じていたが今年のラインナップ(仮)はもっとよくなっていると思う。
最後は、ボロボロになるまで使いたい、そういう気持ちになるような素敵なアイボをみつけたいなぁ。

高校生は市販の書籍がメインになる。数学は「フォーカスゴールド」と「闘う50題」。
英語は基礎のベーシック教本、リーディング教本、英文法教室だけでなく、耳からも聴いて覚えやすいもの「キクブン270」、『よくばり英作文』を活用したい。
身体をつかって勉強する、手を動かしながら勉強する、聴きながら勉強するという身体的な勉強法はどれがその子に合うかわからないがどんどん取り入れてゆきたい。
国語は古文読解教則本、現代文格闘する、最強漢文など。
posted by ヒカリ at 04:45| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月01日

三回原則と二回原則

たまには塾のことも。

うちでは三回原則と二回原則をとっている。

成績や性格に関わらず三回課題を忘れたらアウト、二回カンニングがあったらアウトというもの。カンニングでなくても試験中に紙が見えるところにあってもカウントされる。課題をばっちりやってあっても家においてきていたらアウトとなっている。

このあたりのルールは基本的なことなのだが守れるように一回目できちんと本人に伝えている。

せっかく来てもらっている。期待には結果で応えねばならない。
だから結果につながらない姿勢を見過ごしていても仕方が無い。
posted by ヒカリ at 12:41| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

(続)通知票メエル

塾生だけでなく、あろうことか卒塾生(のお母様)にまで1学期の活躍についておしえていただいた。

高校が楽しい、と。

楽しさを感じられるっていいなぁ〜、見習おっと。

花波のテンションが27上がった。(感謝)
posted by ヒカリ at 01:12| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

1学期の成績票

教室に来た子が問題用紙と答案用紙を全部見せてくれた。結果のよかったものもわるかったものも。
ありがとう。


高校生から写真メールで、1学期の成績票をいただいた。すべての教科の得点が書かれてあった。
ありがとう。
ヴォクはそれをあとからゆっくりすこし昔の数字と比べながら読んでいる。記憶と数字が小学生の頃まで遡る。そういうものがあればあまりご飯のおかずはいらない(くらい)。


結果はシリーズの最終話のようなものだ。気にならないわけがない。
テスト(全国模試や定期試験)の結果や成績票(通知票)を見せていただくこと、この仕事をしていてこんなにうれしいことはない。


しかし、シリーズの最終話には必ず続編がある。学期が終わって終わりではない。進学して終わりではない。むしろ進学はただのはじまりに過ぎない。
卒業生に時折いただくお手紙、そういうものには続編が書かれていることがある。臨時増刊号なだけに驚きに満ち溢れている。
posted by ヒカリ at 23:36| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

雨の目

目が疲れているとき。環境が変わる季節。キー坊にはうれしい雨。ときに人を滅入らせる雨。ヴォクは普段から雨にテンションを合わせてるので雨だと調子がいい。


たまに目が疲れている子がある。


小さい子は放置。助けを求めてきても無視してる。自分でやらないでどうすんの?


中くらいの子は勉強の意味。勉強するとどれだけいいことがたくさんあるか一方的に話す。


高校生には5月病の話。東大の保健室はこの時期行列だったことを話してる。「将来何がしたいかわからなくて・・・」駒場でたまたま2年続いていただけの蓮実さんも嘆いていた話。


身体が疲れるのは構わない。でも目まで疲れるのはどうなんだろう。
posted by ヒカリ at 15:45 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

ヴォク、卒業生に本をいただいて

卒業生がわざわざいろいろ本を持ってきてくれた。

物理、化学、数学の参考書や問題集などをたくさんダンボール箱2杯いただいた。

ありがたいこと。

高校物理の絶版のものもある。
ぼくが昔プレゼントしたものがもどってきてしまった。
「ぼくには兄弟がいませんから。」




大切にしよう。

入学祝いや卒業祝いには本を贈ると決めている。
とっておきの本を贈りたい。
できたらブックカバーをつけて。


でも、いただく量の方が多くなっている気がする。
ありがとう、ありがとう。
下の子に渡します。


本が倒れて大変なことになったと話していた子のことを思い出す。
無事に片付いただろうか。
posted by ヒカリ at 18:50 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月26日

ヴォク、メエルで失敗して

昨日のこと、みんなにメエルを配信した。
何曜日は何時からあります、みたいに。

Toのところにみんなのアドレスを書いてしまった。
どうして、いつものようにBccにしなかったのだろう、嗚呼。

今日のこと、Gmailがいっぱいになってしまい、かといって有料追加をせず、
勢いあまって全メエルを削除した。
そしたらみんなのアドレスがわからなくなってしまった。
PCのアドレスは貴重な存在だったのに。

アイムポンタの方には、携帯メエルの方しか記録をとっていなくて
エクセルにバックアップをとってあるほうを見てもやはり携帯の方しか
記録がなかった。嗚呼。

PCメールアドレスをまたお聞きしなければ。
送受信に便利だったんだよなぁ。
クロネコメール便よりもときに便利だったんだよなぁ。
posted by ヒカリ at 01:18 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴォク、通知票のコピーをいただいて

車はガソリンで動いているが、ヴォクは子どもの成績票で動いている。

今日は、テスト結果のコピーをいただいて、模試結果のコピーをいただいて、

通知票のコピーやメエルをいただいた。

こんなにうれしいことはない。

全部見せていただくのはいつもなんだか申し訳ないような気がするけれど

せっかくだから、端から端まで読ませていただこう。


posted by ヒカリ at 00:50 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

文書配付中につき

昨日から悲しい文書を配付中。
子どもたちがみんな聞いてくる。

これは何ですか、と。

ああ、落書きのことだね。
年齢関係なく小2から高3まで全員同じ紙を配ってるから、よろしく。

塾生に配る紙はA4の用紙1枚で全員いつも同じと決めている。
ルールは多くないが、徹底せねばならない。

昨日は教室の貼り紙が落ちてきた。落書きをポスターで隠すなというサインだな、うん。

ビリっとはがしましたとも(隠してたんかっ!)。
posted by ヒカリ at 12:38 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

塾内の連絡網に関して勝手に改良宣言。

午前2時起床す。気象衛星ひまわり。
桶川マインで2時間、3時間お待ちいただく間にお読みになっている方へ。おはようございます。今週もお子様はがんばっています。

母へ。私は元気です。

妹へ。がんばって。あ、でもここは読まなくていいよ。

家族へ。ブログには家族のことは書かないけども、なぜなら家族の誰ひとりここを読む人はいないから。でもまあがんばって。


昨日はSさん、ごめんなさい。
塾に来たのに、ヒカリが鍵をかけたままだったのに気が付かず、帰ってしまったのだね。
今度会えたら、ひみつの呼び出しボタンのありかをしおりさんだけに伝えます。

そういえば、通常ボタンが邪魔で電池を切っていた。
そういえば、電話の音が邪魔で回線を切っていた。
そういえば飛び込み訪問が邪魔で看板を外していた。
そういえば、電話の転送が邪魔で転送スイッチを切っていた。

そういえば携帯の電話が邪魔で電話連絡機能をオフにしていた。
するとたまにメールが来るだけとなっていたのだが、・・・
すると緊急連絡の際に困る、ということに気が付かなかった。

メールについては、来たらBluetooth接続の腕輪がブルブルと振動するように設定してみます(反省×2倍)。首輪をつけた家ネコみたいに。

というわけで、ひみつのボタンと、ひみつの(ひみつでもないけど)番号をお伝えします。

てか、書きながら思い出したが、火曜日の子のお母様に到着メールをするのを忘れていた。

で、それで思い出したのだが、、Sさんのお母様にも到着メールを勝手にお送りすることを思い付いた。ご迷惑でなければそうしてみます。

というわけで、連絡網を強化します。
posted by ヒカリ at 02:30 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月02日

セルフヘルプ

こんにちは。
またどうでもいい話。

ウチのやり方(セルフラーニング)だと、独学が身につくのは早い子で小3、4、遅い子で中2くらいになっている。5年くらいの差が出ている。

早い子は小学生で塾に来た頃にはもう独学習慣ができている。小3、4年で自分から勉強課題を設定し自分でノルマを消化している。ヴォクが教える前から。


独学習慣のある子の場合は、適切な本(センスも磨けるような良質の問題集など)があれば自分でドンドン先に進むことができるので授業は疑問の解消と課題管理(次のテーマを子どもが決めるのを見ること)が中心。

どうしたらその子が12歳までに独学ができるようになるのだろうといつも考えている。
中途半端になってしまうことなく、きちんと自分でやれるようにするのはかんたんなことではない。大体、中1の1学期期末試験の結果を見たら独学の習得度がわかる。

預かっている子の数は少ない。どんな子でも全員ひとり残らず独学ができるようにしてからウチの塾をやめさせたい。できたら小学生のうちにセルフヘルプ(自助)ができるようにしたい。
posted by ヒカリ at 05:28 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

お問合せ

中学生、高校生のお問い合わせをたまにいただきます。

今日もお祭りのついででしょうか、飛び込みのご訪問と

お問い合わせのお電話がありました。

あいにく小学生からしか受付をしておりません。

せっかくですが、すみません。
 
ありがとうございました。
posted by ヒカリ at 17:41 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

3回原則

今日は宿題忘れが1件あった。
カウント1/3。
このままではセルフラーニング○は身につかないな。


次回念押ししよう。「宿題は3回忘れたら退会」と。

模試の偏差値はひじょ〜〜〜にいい子だ。ほとんど毎回前進の優秀者リストに載っているんじゃないかな。ひじょ〜〜〜に力がある。



で、こんな記事を保存して何になるのだろう(反語で)。
やっぱこっちの記事は保存するのはもうやめにしよう、うん。



小学生の頃から指導していてなにしてるの?ヒカリ、大丈夫?
ヒカリ、ちゃんとやれ!
やるならやれ!(と、コーチえのもとなら言うだろうな。)
posted by ヒカリ at 03:34 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

3回原則カウント中。

たまには塾の話も。

12月にも書いた記録があるが、3回原則を守らない場合は全員例外なく退会という約束で成り立っている。
昨年は結局6人みな退会だった。3回宿題を忘れたので仕方がない。
課題を消化せずにどうして夢に近づくことができるだろう。それは無理な話だ。
90の結果が欲しいなら120,150,180やらなくちゃ。

今年は中間試験の狭間で中途半端になっている子もいる。
学期で3回カウントするだけなので、何もややこしいことはない。

きちんとやりたいか、中途半端にやりたいか、わざわざ聞くようなこともない。

だらだらやりたいのか、徹底的にやりたいのかは、目を見たらすぐにわかる。

やりたいなら毎回やるしかないし、やりたくないならやらなければいいまでだ。

本題に入って、中間試験。

中1生や高1生の試験結果が返ってきつつある。
報告メールや報告写真が集まってきた。ありがたいことだ。

残念ながら目標の点に届かなかった場合があった。
たとえば60点をとってしまったなら、もうそれは仕方のないことだ。
問題は次に100点をとって平均を80点にできるかの一点にある。
早速、計画を立てた。

ひっくりかえっても、挽回して立ち直る、そのことに挑戦したい。
posted by ヒカリ at 07:38 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

独学書籍を揃えねば

レサー(lesser)パンダはより劣って(lesser)なんかいやしないんじゃないかとひそかに考えているヴォクです。おはようございます。
中間試験前になっていくつか揃っていない書籍があったことに気がついた。これからはリストにドンドン書き足さねば。試験のはじまりと終わり。副教材の種別。ちょいと教材管理ができていなかった。あまい、あまずぎるよ。

長期的に考えて、それらを今日入手したい。
というわけで神田川へ5。
posted by ヒカリ at 07:01 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

定期試験の目標

たまには塾の話。

定期試験が近い。
中学生は全員5科目400点以上、塾内平均450点を達成したい。

3回原則を守る子しかいないのでこのラインはとくに問題ないはず。

自己目標については今回は目標記録をとらない。
自己目標は自己ベスト順位奪取に挑戦でいいかなと。

自己ベストが学年5位の3年生がいる。ベストをつくして記録したベスト順位をさらに超えるのはかんたんなことではないが、目標はひとつしかない。

今まで最高が学年2位の子たち(←多い)には1位以外に目標はない。やはり個人戦になってしまう。その(特定の)子に勝たないと達成がない、と。
それでも現状を打破するしかない。せっかく受けるんだ。得点をとるため徹底的に準備をしたい。

塾で中学生たちに伝えられることは多くない。

徹底的にやること。

自分の力でやること。


そして細かい学習計画は各人に立ててもらおう。
posted by ヒカリ at 14:13 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

机の掃除

100420_1607~01.JPGウチはいわゆる掃除のおばさんがいない。大手にいた頃は倉庫によく寝ていて朝方、掃除のおばさんに起こされた(would sometimes不規則な習慣の助動詞で)。
遠い昔の記憶。


いまはヒカリっ子たちは授業中に消しカスが床に落ちないようにし、授業が終わると箒できれいに掃除してくれる。

おかげでヴォクはオレンジクリーンの拭き掃除と玄関やトイレ清掃からはじめられる。

ありがたいこと。
posted by ヒカリ at 16:13| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

3回原則スタート

「学期で3回忘れまで」の3回原則が今月からスタートしている。3回忘れたらアウト(塾から)。

当たり前だけど、言い訳はナシでいこう。
台風、地震、風邪、・・・言い訳は聞かない。

(初回は2月、3月でカウント中です。)


3回原則
posted by ヒカリ at 16:19| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

光塾で行っていないこと

光塾で行っていないことが二つありましたので書いておきます。


一、私立の学校への塾推薦
 
私立高校へは開塾以来、全員が合格しております。特定の学校に対して塾から推薦することは行っておりません。子どもが行きたい学校を実力で受けていただいております。



二、学校の定期試験の過去問配付

定期試験に対しては、目標を持って取り組みます。特定の学校や特定の教員の作成した過年度の問題を配布するカンニング行為は一切行っておりません。



以上、ご説明申し上げます。
posted by ヒカリ at 16:24| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

準備の準備。

今週からまた3回原則を伝えています。

課題忘れは即帰宅。
学期中に3回忘れでOUT(塾から)。

1月中に周知して2月からスタートします。


準備の準備は覚悟の準備。
posted by ヒカリ at 03:33| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

ぼやき

ここ2,3か月だろうか、6人の子に、伝えた。
「中途半端にやるなら塾をやめるか、きちんとやるかどっちかしかないよ、わかった?」と。

課題をやってこない場合には退塾と伝えてあった。
他にも、うそやごまかしに対しては全部、やかましく言ってある。
言い残さない。
鉛筆の書き方ひとつでどなりつけてしまった子もいる。
結果、まだやめた子は1人も出ていない。とりあえずなんとかなっている。
まだぜんぜんわからないけど。

6人以外にも、たまに中途半端にやっている子がいる。

点数をとるか、とらないか、そういうことは正直あまり気にしていない。
適当にやっている子がいる。
そういう子たちにも、きちんとやることを伝えたい。

コーチ・えのもとがヴォクにしてくれたように。
posted by ヒカリ at 16:20| Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

自己採点結果集まる

090621_2251~01.JPG今日も2人の子が昨日の模擬試験の点数報告メエルをしてくれた。この仕事をしていて一番うれしい瞬間。




ヴォクの方から子供たちに報告してください、とは普段も事前にも一言も言わない。

そういうものは首をなが〜〜〜くして待っているに決まってる。興味がないわけがない。そこを目指してやってるんだから。

なにも言わなくても結果を教えてもらえるような関係づくりを心掛けているつもりだ。

嗚呼、うれしいなぁ。うれしいなったら、うれしいな。


ほなね。すた、すた、…スタートライン( by 奈々さんで )。
posted by ヒカリ at 23:36| Comment(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

勝つんだ!

勝ちたい。

ウチは定期試験の対策より実力養成メインにしている(一度450をとるまでは逆)。入試がそうなっているのに合わせて。

普段から復習をノルマとし予習をノルマとし目の前の当たり前のことはもちろんのこと、模試で毎回点数をとる、受験校のただ1回の学力試験で点数をとる、そういうことを目標にしている。

中3にもなると予習復習の独学習慣がつき模試の偏差値はもちろん上がってくる。小学生のうちから継続してきた努力が裏切るわけがない。

去年は中3の9月に目標達成した。(全員が結果を出し全員が私立の推薦ももらった。)

今年はまだわからない。夏休みを待たずして遅くとも7月の模試で目標を達成しておきたい。各人の目標偏差値を達成しておきたい。判定も合格圏内にしてゆきたい。

ついでに塾内平均偏差値65に(今の学年はまだ到達していないので)届きたい。試験は今月末。

夏休みは駿台全国模試を目安に私国立受験対策が本格化する。公立レベルは夏休み前に形にしておきたい。夏休み7月・8月の伸び(復習3回転目)をたしかにするためにも、復習2回転目の6、7月を大事にしたい。 6・7・8月を制する者は受験を制する。

たとえば毎回のように模試には出る連立方程式の文章題。12セットも解けば慣れるはず。繰り返し解いて得点力をたしかにしよう。


ほなね。すた、すた、…コメント(たまにコント)欄は、しばらく開けたままにしてみます。



勝つんだ!
posted by ヒカリ at 12:29 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

MGH(1学期中間)

090510_1804~01.JPG中2のヒカリっ子。
100、100、100、100、96で、学年1位初ゲッツ。


手帳を見たら中1のはじめのテストでは432点、34位。33人抜き。
宿題をやらなかったことは一度たりともなかった。


100を目指す努力が実を結んでよかった。おめでとう。
連覇に向けて野球根性でがむばりん。





2人目のM・G・Hは中3のAさん。前回から78点アップ。ナハっ☆おめでとう。



3人目のMGHは、95、96、100、100、100とターキーを出して学年1位復帰が確定した中3のYくん。おめでとう。



ほなね。

posted by ヒカリ at 04:54| Comment(4) | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

今日の中2生(2)

090530_1457~01.JPG彼も課題はかんぺきにいつもやってくる。
高校や大学の明確な目標があるから当たり前だが。

今週のセルフ課題は、社会4ページ暗記、理科7ページ暗記、英作文20文暗記、国語4ページ解答、速読英単語3章暗記、英文法ドリル9ページ練習、英文読解2ページ練習、数学予習12ページ解答、と大体いつもこんな感じ。入学以来定期試験では学年一位を逃したことがないらしい。

せっかく遠いところから毎週来ているのだからしっかりアシストしたい。

ほなね。
posted by ヒカリ at 15:08 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の中2生

090529_1708~02.JPG数学予習は先まで終わっているので、学校より先目の連立方程式や不等式の問題演習をしている。
メイン教材はシリウス(発展編)。

問題のパターン数はそこまで多くないが難易度の高い思考力を高めるトレーニングメニューが並んでいてめっさ気にいっている。典型的な問題の網羅率も高く、ド定番系もはずしていない。

頭の体操も兼ねて、塾に来たらまず数学からやっている。ヒントも少なくない科目なのでちょうどいいかな〜、って。

彼の学校は中間テストがないので年間で定期テストは3回のようだ。代わりに小刻みに小テストがある。

もうちょっと定期テストの数が多いほうがいいような感じがしている。


ほなね。
posted by ヒカリ at 14:17 | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

当日欠席を認めません。

子別指導塾のメリットのひとつに曜日が選べるというのがある。
部活との両立や遠方通塾が可能となるだろう。

ウチは当日連絡の欠席はたとえインフルエンザでも振替授業をしていない。
それをやったら今日はなんとなくやる気がないから休もうかな、なんてことになる。


姿勢のよい子はそもそも休むということがほとんどない。学校でも塾でもめったなことでは休まない。やる気などというアップダウンのあるものに左右されない姿勢を獲得しなければならない。


試験日もまた振替られない。強い身体をつくり、体調管理につとめ、いつなんどきでもベストの自分を出せるようになりたいものだ。

ヴォクもまた、祝日でも大試合のときでもたんたんと授業という仕事をしている。やる気があろうとなかろうと授業を通して力をつけるのがヴォクの仕事なんです。

ほなね。
posted by ヒカリ at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

ぼくが声をおさえておこるとき

納得できてないのにチャチャっと書いて青い○を子供が問題集につけているとき

そういうときはヴォクはうるさくなる
うるさくなっちゃう
(牛乳を飲んでカルシウムをとりながら)


だれのためにいま問題を解いてるのかな?
お母さんのため?
兄弟のため?








自分のためだよね?




で、わからないけどそのまま放置して次のページにすすむ?

この青い○はなんなのかな?
なんで○にしたの?



とりあえず次にいく、そうするかな?


そういうやり方にたえきれなくて?やめた子も年間で1、2名はいたかもしれない


ここは塾だから


力をつけるためのやり方を小学生のうちからビシッとしたい
posted by ヒカリ at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

通塾のコスト

二月まで春日部からずっと一時間以上かけて電車で通ってきてくれた子がいた。週に何回も三年間彼は来てくれた。今春見事、志望の高校に合格し春から進学することになった。

(うちはチラシをまかない塾なので通塾エリアというものがない。どこの学校の子が多いとかいうこともない。)
今年も蓮田、行田、深谷、浦和など電車組の小学生が多い。テンションマックスで教室につくのが彼らの共通点だ。そりゃあそ〜だろう。行き先についてイメージせずに電車に乗るのは難しい。電車が近付くにつれ、心の準備が出来上がるのだろう。


ヴォクのテンションは基本的に雨の日モードに合っているので、やる気マックスで入って来た彼らとはあまり言葉は交わさずに黙って机の上に確認テストを置くだけである。


でも頭の中では思っている。今日のひとときをその通塾コストに見合う時間にしたいね、と。
posted by ヒカリ at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Mr. myself | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする