2019年06月12日

映画の話(2) 1970-2020 傑作名作洋画編

好きな映画は、いっぱいあるがこれだけはとなれば(いや、誰も絞ってくれえ、セレクトして、選んでなどとヴォクに言ってきたわけではないが、好きなものについてしか書く気は起きないので、)次の映画。

好きな本と好きな映画については某aに1000くらいいっぱい書きためていたのだが理由不明な縁により全部削除された。まあよろしい。そういうことは起きにくいことでもない。なくなったならまた書けばすむ。

はじめに題名を。何から書けばいいかわからないから書きたくなったときに書いていこう。ヴォクの好きな映画たちについて。

「グッドライ〜いちばん優しい嘘〜」 2015

「ガタカ」 1997

「この森で、天使はバスを降りた」 1996

「ジャングル」 2017

「ワンチャンス」2013

「グラディエーター」2000

「ショーシャンクの空に」1994

「父の祈りを」1993

「プラダを着た悪魔」2003

「ボヘミアン・ラプソディ」2018

「エリジウム」2013

「TIME/タイム」2011

「シングストリート 未来へのうた」2016

「ビッグ」1988

「インターステラー」2014

「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」2014

「ナイトアンドデイ」2010

「ザ・ロック」1996

「評決」

「スリーデイズ」2010

「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」2003

「セッション」2014

「パピヨン」1973

「交渉人」1998

「グラントリノ」2008

「ブラッドダイヤモンド」2006

「大逆転」1983

posted by ヒカリ at 05:54| Comment(0) | 名作傑作映画600選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント