2019年05月15日

大学の入試の基本方針 東北大学の入試の公平性を見よ plus 有名人しか来ないファミマ

この入試に関して東北大学の判断がまともだと考える。入試は公平性を保つことが確保されなければならない。今回の東北大学の方針に賛同する。
まともな入試をすることがしっかりした人を惹きつけると考える。東北大学の入試の公平性についての考え方をよく見ておきたいと思う。

受験生はまともな入試をする大学を自分の目でよく見極める必要がある。自分でしっかりと入試制度を見ることが自分を守ることにもなる。

誰が採点するのか、どんな入試を課しているのか。誰がどう採点するのかは重要である。
入試問題はどのようなものなのか。
記述式なのか、論述試験なのか、選択式なのか、どうなのか。
時間は十分に長いのか。短いのか。
試験時間は十分に長いのか、形式的で短いのか。
大学が大学入試を行なっているのにはわけがある。
大学はどんな入試を行なっているのか。
入試を見れば大学の一部が見える。
どんな入試を行う大学を受験したいのか。
なぜその入試を行う大学を受験したいのか。
真剣に入試を見ればどこがまともな大学なのか見えてくる。
入試制度が変わるこの年を境に大学も全力で入試を改良しているところがある。そういう大学を見極めるのも受験生のやるべきことに含まれている。

ヴォクが大学の受験生だったとき、こういう入試を課してほしいという大学を探した。
いくつもいくつも大学の入試を調べていくと驚いたことに大学によって論述の長さがまったく異なり、大学によって試験時間や形式は千差万別であった。
入試問題を見れば大学が受験生に求めるものを知ることができ、受験生も大学を選ぶことができた。

今は仕事がら大学の入試問題を見続けている。
各大学の入試の過去問は40年分ほど遡って収集し分析している。途中大きく様変わりしてきた大学が目立つが、方針としてはあまり変わらない大学もある。

入試問題の質自体は年々洗練されていく。たんに難化させるだけなら制限時間を短くするなど形式的な条件で調整できるが形式を変えなくとも問題の質自体をよいものにして差のつく実力差のわかる名問を出題する大学がある。後出しジャンケンと同じで後から作られる問題は前に作られた問題よりも良くなることが多いはずだが、今振り返ってもオリジナリティのあるよい問題だったなとため息の出るようなよい問題もある。
名問、良問になったかどうかは入試の流れと背景の中で決まる。
いくらよい問題でも数年前にいろいろな大学で出題されたばかりということでは公平な問題にならない。

まだ決まらぬうちは購入、所有しなくともせめて過去問をじっくり読むだけでもどんな入試を行う大学なのか見て知ることができる。大学によって問題が違うことを受験生はよく知っておいた方がいい。模試と入試問題の本物はまるで別物である。
模試は模試。入試ではないよ。

じっくり見てじっくり解いてじっくり選んでしっかりとした入試を行う大学を受験し、しっかりとした実力を答案の中で示せるような入試にしたいものだ。

plus
慶應慶應義塾大学の入試にも独自のポリシーがある。
慶應大学の入試には独自性があり多様性がある。学部ごとに入試をこう実施するという明確な考え方を打ち出している。多くの受験生を魅了してやまない。

plus なんかカバンがでかい子が多い。
その本使うか?というのがいっぱい入っている。
なんだか悪いがかといって無駄にページを指定して開いてもらうのも悪いしな。

登山に行く前にここに寄ってるのか?

連絡帳が分厚すぎる。
入会以降のすべてのページをはさんだままにしてあり10年日記みたいな分厚すぎる感じになっているぞなもし。

鶴丸で言うところのブタカバンだな。前にも書いたと思うがカバンが厚いとカッケーという校風だった。なぜかメガネケースの中にもう一個メガネを入れている子がいる。そんなにメガネが好きなのか。うーん、突っ込まないでおこう。

plus

MacBookとiPadのsidecarにはまいった。最高の使いやすさだ。

plus youtubeにあがっているFU MIの「有名人しか来ないファミマの入店音弾いてみた」聴いた。感動した。
posted by ヒカリ at 05:53| Comment(0) | 大学進学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント