2016年09月23日

化学は中1のうちに高校1年までの化学を紹介するしー。 plus Beatles 4 EVER plus 例文集に宇多田ヒカルさんの歌をのせて plus ヴォクのお気にシャーペン plus きょうの小学生国語要約

梅酒の720mlの瓶が空いて捨てるのももったいないしタンブラーにしていつものお気に薬草茶を煎じた。さてそろそろ飲もうかなと思ったら熱くて手に持てなかった、ヴォクです。

キュンとする歌詞は例文集の中に自然に多く入ることに気づいた。

作りためている英語の例文集で歌からの出典を数えてみたらビートルズの次に宇多田ヒカルさんが多くランクインしていた。ミスチルは英語の歌詞が少ないからか数えてみると意外に少ない。宇多田ヒカルさんはもっと英語の歌も歌ってほしいなー。何語でも伝わるものは伝わる。copyでよく外人の方が宇多田ヒカルさんの歌をコピーしている動画なんかを見る。世界で愛されているんだね。

自分で自分の好みを例文集で知った。

「英語の本質がよくわかる英文法講話」みたいだが、気になる文は旗を立ててエクセルに保存している。文法的に気になるものがあるとストックしている。これは趣味なのかもしれない。

plus きょうの中1化学
蒸発と沸騰の違いを扱った。どうして洗濯モノは沸騰の起きる高温でないのに起きているのか。逆に沸騰とはどういう現象なのか。ニュートンとパスカルとアトムをやっていてよかった。力と圧力の考え方を習得済みなので沸騰の話が組み立てられる。圧力は、だから、化学よりも先にやっている。
これがもし化学が先だったら、圧力がわからないから、ボイルの法則も理想気体の状態方程式も通じない。
物理化学の学習順は重要だ。

plus ヴォクのお気に入り文具のコーナー
08D5BED5-C230-4E83-B781-DAC17E761094.jpg
画像はチャクテビガの木のシャーペンを白黒撮影し低画質にしたようなもの。職人のSさま作。1つのマスは5mmの正方形。
白黒撮影するとオレンジ色ではなくなるが、ホワイトタイガーみたいな杢を楽しめる。こちらは1秒を争う試験用、仕事用だけではなくヴォクの趣味のいやし文具でもある。芯は自動で出るタイプでもなく折れないデルガードでもない。1秒でも時間を増やすためのシャープペンシルデルガードの方はまた今度。

冷めてからなら持てた。
お茶と梅酒って色が似ているなーって。
A8185788-12C6-4CEE-A8F0-68154D911D57.jpg

D06339A2-F53B-44AC-B680-15F0D4495129.jpg

plus ヴォクのお気にラーメンの話。
家のすぐそばに日本一うまいつけ麺屋がある。
つけ麺はもちろんなのだが、野菜つけ麺のもやしがめっさやばい。

plus また眼鏡の話。
メガネが好きすぎる。たとえコンタクトがあっても眼鏡をかけたくなる。(天野ひろゆきかっ!)

好きなメガネを見つけるとサブや控えも同じフレームで揃える。睡眠用、風呂用、ドライブ用、書斎用、書き物用、読書用、PC用、映画視聴用、テニス用とどうしても最低5つはストックで揃えることになる。同じメガネにする理由は視界が同じだと頭がクルクルしないからというのも大きい。
メガネを変えると視界が変わり落ち着かないから同じ度数で同じフレームである必要がある。
フレームの色くらいなら変わっていてもよいので正確に言えばイロチで買い揃えることになる。1つのフレームだけでもう一生分持っているのだが10生分あって困るようなものでもない。

学生時代に1つ買うのと同じ予算でいまの時代は超薄型レンズにしても5つも買える。
なんていい時代なんだ。

plus きょうの化学
金属元素と非金属元素の説明を中1の子にするときまずヴォクは周期表に階段を書く。
AlとSiの間に階段があるしーと言いながら階段を書いているしー、そこの階段をアルシンド登るしー、しんどいしー、そしてヒキンゾクはHIKAKINの役、金属元素は正金属でセイキンの役とするしー。落語の聞きすぎかもしれないがそういう話はいくらでも作れてしまうし階段あるしー。きょうはこれで終わるといった後に、片付けた後に一言、ヒカキンの役の元素を5つ言ってなどとクイズするしー。
非金属が言えたら無事解散となるしー。

plus 今日の小学生国語要約。
テキストの中にあった話が面白かったということで小説を買って読んだとのこと。全体の要約をもってきてくれた。
ヴォクも小学生の頃にはまった本で懐かしく拝読させていただいた。本の虫になっているので要約はこのあたりで切り上げて、これからは日記(見せてもいい内容の方)を書くことにしよう。

plus 英語ペラペラのわけ。
ヴォクは英語が得意なのだが、理由はかんたん。
ちっちゃな頃からビートルズが好きだったから。そんだけ。

その後文法を習得し論理の後付けで補強され正しい英語が話せる書けるようになったが、土台は全部ビートルズ。ビートルズの歌には人間性が表出されていてどの歌にも自由があった。そんな歌がヴォクは好きだったんだ。

ほなね。