2015年06月18日

水挿し、根がでたーーーっ plus 匍匐性ローズマリー 斑入りの葉のローズマリー タイム セージ

という題でブログを書くため(そこ目的が反対だからっ!)、
さっそく行きつけの園芸店に来た。(車内で流す妄想曲はもちろん「水に挿した花」)



「えーと、は、は、ハイフレッシュください。」

マリアンさんの水挿しのご様子と比較対照するとどうもヴォクの水挿しは全体に雑だったと反省。
思うにマリアンさんなら茎をズバッと綺麗に斜めに切っているだろうしマリアンさんなら速攻で水に挿しているだろう。
下に敷く白い紙1枚、さらにその下に置く高台装置ひとつをとっても、あらゆる点でヴォクの水挿しは雑だった。



「1点、やりなおし」(欽ちゃん風に)

あれはあれで続けながらも次の挿し芽を作らねば、チェリーセージに申し訳ない。



この後は携帯を隣座席に置いて17号上尾店までBダッシュっ。

ヴォクはいま猛烈にあの瓶が欲しい。

plus ネットで見つけたときにびっくりしたローズマリー(匍匐性)
394CCB6B-9F42-46E5-9409-54A74CEAAD67.jpg

髪型もすごいが、やっぱりポーズがすてき。

plus
斑入りのハーブ。
斑入りの葉が好きでチェリーセージ、ローズマリー、タイムの斑入りを見かけると一株ずつ分けていただいている。
そうこうしているうちに庭が斑入りだらけになってきた。
斑入りの場合、花が咲いていなくても花が咲いているときに負けず劣らず楽しめるというのがある。
斑入りの斑がしっかり入ったまま花も満開なんてなるとむぉーおなかいっぱい。
斑入りなだけで咲いていなくても満足。

posted by ヒカリ at 08:43| セージ、ローズマリー、タイム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする