2015年03月09日

光塾

「足音」は光塾のブログです。

光塾について書きます。不合格者実数など詳しいことはホームページにあるのでここではホームページで書いていないことを書きます。

1、光塾生の募集定員についてお知らせいたします。

募集対象 : 小学生のみ(中1生から高3生の募集は停止しております。小学部からの持ち上がりのみとしております。)
小学生はウラウラコース(浦和・大宮・一女)、セルフラーニングコースとも満席のため、キャンセル待ちのご予約のみ受付しています。ご予約をご希望の方は光塾のWebページをお読みの上、メールにてご予約ください。
ご予約番号順に、ご案内しております。

2、中学部や高校部での継続受講を希望する場合は、カンニングや3回原則を守っている限り、御断りすることはありません。

3、兄弟姉妹双子などの場合
同時通塾の場合、考慮しております。

4、母子家庭、父子家庭の場合
念頭におきたいと思います。お申し出ください。

5、片道60分以上の遠方からの通塾の場合
考慮しております。

6、光塾は埼玉県上尾市浅間台にある難関校受験指導の専門塾です。「セルフラーニングができるようになるための技術指導」を日々心がけております。独学教材は常時継ぎ足し、高品質のものを取り揃えております。市販の優れた参考書も新旧積極的に利用します。塾生の発達段階を見ながら、セルフラーニング習得度を引き上げるコンビネーション(組み合わせ)にいたします。

追記。
たまに、小学何年生で入るのがよいかというお問い合わせをいただく。
日本語が読み書きできるのであれば無学年式で進めるだけ進むことができるので、早くはじめて困ることは何もない。

語彙増強(ボキャビル)をしながら、音声記憶術を身につけ、計算技術(スピード)を高められる。要約力や説明力をトレーニングできる。セルフラーニングの仕方、勉強のコツがどんどんわかる。

入試範囲の学習を早めに終え、もう塾に学ぶことがなくなってきたら、塾をやめてセルフラーニングを始めることができる。

勉強を一人で進める方法自体の訓練に、年齢や学年は関係がない。

光塾での指導には大きく2つがある。
1つは受験準備。難関校の倍率をくぐり抜けて点数をとるための学習を先へ先へと無学年式に進める方向。これは進む学習で塾内では進度と呼んでいる。どこまで進むかは本人の目標に準ずる。

たとえば何かの国家資格をとる目標があり、そのために大学に進むという目標が明確であるなら、何歳からでもそこへ向けて学習を進めることが各教科、各単元でできる。

たとえば高校入学までの目標が明確なのであればそれを目標にして進むことができる。模試や入試で大きな花が咲くように。

もう1つは学習の仕方自体を深めていく、セルフラーニングを深化させる方向。小学生のうちに学習の作法を身につけておく、そこにフォーカスしている。光塾ではセルフラーニングの深度と呼んでいる。

自分のしたいことが見つかったときにそれに挑戦できるだけの土台をつくっておくこと。下へ下へと根を伸ばしておけるように。

posted by ヒカリ at 06:53| ヒカリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする