2014年07月25日

虎杢のボールペンと極上替芯 plus 万年筆の古典インク

好きな芸人さんは波田陽区、ヴォクです。

最近ボールペンのことを書くことがいくつかあった。
バラバラだったのでもくじをつけておこう。

・ユニボールシグノ signo (キャップ式ノック式でなく、スタイルフィットの方)


・アクロインキ A-ink, パーカー クインクフロー,シュミット easyFlow

・ダイソーのゲルインキ(パーカー互換)とジェットストリーム

・「ボールペン 青」
他にもいくつか書いてみた。

・「ヴォク、モク」

ボールペンのインクはブルーブラックが好きだが、なかなかよいのに出会えず青が強いがジェットストリームのブルーをレギュラーにしている。

plus
万年筆のインクの方は申し分ないブルーブラックがある。
ヴォクの好きなインクは、
モンブラン・ミッドナイトブルー(ボトル)、
ペリカン・ブルーブラック(ボトル)、
プラチナ・ブルーブラック(ボトル)、
ローラー&クライナー・スカビオサ(ボトル)だ。

とくにスカビオサ scabiosa は、水に強く光にツオイ、没食子で、紫色インクだ。
パープルハートの木軸万年筆と組み合わせたい古典インク、ナンバーワンだ。

書いた瞬間はムラサキだが、時間が経てば黒のインクとなる。

ペリカンの青が好き。光っ子に使用者が多いのが、「カクノ(中字:M)と古典ブルーブラック」の組合せ。万年筆カクノの書きやすさは入門者の万年筆の中で群を抜いている。
91B76BA1-9F8B-4CB8-94EB-129711727DB8.jpg

Scabiosa 色が好きでヴォクが一番使う万年筆のインク。好きという理由だけで写真の好きな木軸の中にも入れている。
も、というのは、万年筆の軸でいちばん好きなのはふるさとの木、屋久杉。そしてハワイアンコアの虎杢。

外国産の木が多い中、万年筆には屋久杉がしっくりくる。
屋久杉の虎杢の迫力は、他の木ではちょっと出てこない。脂がのったものはやばい。
鹿児島県の屋久島の屋久杉にしかない存在感を感じながら万年筆を使いたい。
04D90431-8943-4D85-B689-B08F8091712B.jpg

シャーペンは虎杢ばかり。
虎の模様が好きで三度の飯より虎杢、六度の飯よりは選べるなら虎杢をとる。
毎日つかっているのは、0.5芯がパープルハートの虎杢、0.7芯がハワイアンコアの虎杢。

ボールペンは虎杢だらけ。
虎の模様がすきで九度の飯と比べて選べるなら虎杢がすきだ。
毎日つかっているのはピンクアイボリーの虎杢、ハワイアンコアの虎杢。

虎杢がどうしてこんなに好きになってしまったのか自分ではよくわからない。





posted by ヒカリ at 07:04| 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする