2012年11月09日

埼玉県公立高校入試の過去問10年分

東京新聞のサイトへのリンクです。

平成14年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/02/index.shtml
平成15年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/03/stm2/stm_main.html
平成16年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/04/stm/index.shtml
平成17年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/05/stm/index.shtml
平成18年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/06/stm/index.shtml
平成19年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/07/stm/index.shtml
平成20年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/08/stm/
平成21年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/09/stm/
平成22年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/10/stm/
平成23年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/11/stm/
平成24年度
 http://www.tokyo-np.co.jp/k-shiken/12/stm/



(気になった記事より最後のパッセージを引用)

For most people,
大部分の人々にとっては、
the world is quite different than a typical classroom.
世界は典型的な教室とはかなり異なったものである。
There isn’t one right answer that leads to a clear reward,
明白な報酬につながる一つの正しい答えが存在せず、
and facing the wall of choices in front of each of us can be quite overwhelming.
私たちのそれぞれの前にある選択肢の壁に直面することはときに私たちを圧倒する。
Although family, friends, and neighbors will happily give us pointed advice about what to do,
家族、友人、隣人が何をすべきかに関して喜んで辛辣(しんらつ)なアドバイスを与えるだろうが、
it is essentially our responsibility to pick our own direction.
私たち自身の方向性を選び取るのは根本的に自分の責任である。
But it is helpful to know that we don’t have to be right the first time.
しかし1回目に私たちが正しくある必要はないということを知っておくことは有益である。
Life beyond school presents each of us
学校の外の生活は私たちのそれぞれに与えてくれる、
with many opportunities to experiment and recombine our skills and passions in new and surprising ways.
実験して私たちのスキルと強い興味を新しく驚くべき方法で再結合するたくさんの機会を。



気になった記事の引用元blog
http://creativityrulz.blogspot.jp/2009/08/life-is-the-ultimate-open-book-exam.html?m=1