2012年04月04日

学校の先生のブログ

高校生にまた学校の先生の書かれている教務ブログを紹介してもらった。ありがたいこと。

高校の話のみならず副教材などの本の採用方針、教務の重点などの情報がたくさん書いてあった。The Beatlesの勧めと音読の推奨など基本的なポイントも強調して指導なさっているようだ。ヴォクも幼少期ビートルズを聴いていて英語が好きになったことを思い出した。(いまはiTunesの方のApple社のおかげもあり再び三たびビートルズが身近で勧めやすくなっている。)
英頻、ネクステ、ドラゴン英文法など各種有名教材のわるい点よい点などについてのトピックは賛否両論ありそうだが、論点が非常に勉強になるのでGoogleのリーダー(iPadのFeeddlerで一日の終わりに読んでいる)に登録した。どんな本も一長一短あり、なにがどう悪いのかを考えてみるのは有用なことだ。
と書いているが、一番はこの子が読んでいるというので興味があったということなのだけれど。それに小ネタ満載でおもしろい。


ついでにリーダー(ブログ記事が更新されるとそのサイトまでとばなくても自動でコピーして保存してくれるアプリケーション)への350くらいのブログ登録数(下の「blogの最新記事」に出ているブログなどを登録して拝読している)を見てみると英語のブログが一番多く数学のブログが少なかった。
数学のブロガー自体、比較的少ないのかもしれない。
不思議でならない。

posted by ヒカリ at 23:29| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする