2011年07月13日

熱い

内に熱い熱をもっている人は、経路の差、所要時間の差こそあれ結果を残すための行動をとり続け歩みをとめることがない。

彼らはやる気が出ないと悩むことがない。

彼らはやる気は出すものではないと知っている。やる気があろうとなかろうと前に進むためには行動し続けるしかないと考えている。進むしかないと考えている。もがいていてもその目が前を見ている。

なにに突き動かされているのだろう、とりつかれているのだろうか、彼らはいつ会ってもまっすぐにそれに向かって突き進んでいるかのように見える。たとえぬかるみにはまり込んでいても、なんとかしようという意志はもはや隠しようがない。

とどまることを知らない。一言で言って、彼らは熱いのだ。