2011年06月10日

早大本庄

今日の高校生。

早大本庄(早稲田大学本庄)でやっていることのレベルが非常に高い。

日本語なしの英語の授業。帰国子女が多数。多数。

サイエンスは物理化学混合。

数学は高2までの2年間だけで微分積分学、線形代数まで。内容に大学分を含む。

今日、驚かされたことに論理学もある。それは通常、大学レベルの内容だ。

さらに大学の単位認定制度もあり大学の講義を受講しているものもいる。


学びの環境として申し分ない。
posted by ヒカリ at 00:11| 大学入試、化学、物理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする