2011年06月09日

自分のハテナ

今日の小学生(小6)。
この子の問題集の解説集の行の上につけた?マークと付箋紙の質問の数が46個だった。
いつもより少し多かったので、いま数えてみた。

まず自分だけで考えてみているのがいい。
その上で未解決問題がこれだけたまったということか。

この子は勝手に先の方まで問題集を解いていて、週の中でどうしても聞きたい問題だけはノートに書きだして
自分はここまで考えたぞという思考メモや絵や図を持って、質問する。
何か月分の疑問なのかは聞いていないけれど。

今日はそのうち半分くらい、ノートに描かれた絵と図をみてみたい。
46個の問題点のうちの半分弱が解決できたなら、自然に8割、9割くらいまでは同様のツールで解決できるかもしれない。
あるいはすぐには解決できないかもしれない。

それはまた、どうしてもわからなかったら、どうにかしてみたらいいことだ。
posted by ヒカリ at 15:30| 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする