2010年09月02日

こんな参考書は好きだ(1)



おはようございます。ヒカリー伊藤のこんな参考書は好きだのお時間です。こんな参考書は好きだ。


こんな参考書は好きだ。
1、難易度と解答時間の目安が書いてある。

自分のレベルがわかるしAレボーも解けないと気合を入れるしかない。


こんな参考書は好きだ。
2、問題集の後ろにヒントがついている。

手が止まってもヒントちょーだい。あんたも好きねー、チョットだけよ〜(カトちゃんの片足を持ち上げるポーズで)。


こんな参考書は好きだ。
3、問題集と解答が別冊。

見やすいのがいい。問題と解答は同時に見られるのがいい。


こんな参考書は好きだ。
4、模範解答の前に略解があり、正解かどうかだけすぐにわかる。

で、○×どっち?


こんな参考書は好きだ。
5、解答が別解を含めてしつこいくらいに詳しい。

独学は解説の詳しさが命。


こんな参考書は好きだ。
6、模範解答の後にさらに解説がついている。

ここはこう解く。ここはこう考えている。ここの展開は発想に飛躍があるのだが暗記しておくこと、など解答者としての感想もあるといいなーって。


で、これらすべてを満たす問題集が存在する。天然記念図書だな、うん。

(7へつづく)


【関連する記事】
posted by ヒカリ at 06:58 | TrackBack(0) | 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック