2010年03月05日

傍用問題集(4)

091227_1617~01.JPG今日も入試を終えた子が学校の問題集と資料集をもってきてくれた。ありがたい。ありがたい。大切にしたい。プリントに継ぎ足したい。

傍用問題集(1)〜(3)でも書いたが、学校の試験はワークやノート類から出題される以上、学生は学校の授業とワークは大切にしなければならない。いやテストのためだけではない。教材を大切にしないで学びを愛することはできない。それはテニスにおけるラケットみたいなものだ。ラケットをなめたら変態かもしれぬが、教材はスリスリしたりカバーをつけて大切に使ったりしたいものだ。

今年の中3は模試の偏差値もわるくなかったが、通知票が非常によかった。45、44、43…と9科スコアが非常によかった。

3年間9科オール5の子がいた。

学校の授業や学校の教科書、傍用問題集、ノートを大切にしてきた結果だと思う。

定期試験の順位にこだわり努力を重ねることはそのまま高校入試にもつながるし、それ以降の生活にもたしかにつながっているに違いない。
posted by ヒカリ at 02:36| 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする