2009年06月10日

定期試験学年一位(43)。

信じること。もしかしたら自分にはできないんじゃないかと思っていないかな?
できないと思ったらできないだろうね。親や親戚がそんなのできないじゃないの?とたとえ言ったとしても、やってみなくちゃわからないんだ。

今回は「分散」の話。
定期試験の準備はいつくらいからやるかな?そ〜だ、前回の試験では何日前から試験対策モードに入ったかな?

え?前日?
波〜〜〜っ(両の手の平を前方に勢いよく突き出しながら)!!


3日前?う〜ん。無理っす。


6日前?う〜ん。苦しいね。むしろ苦しくなくなくね?


7日前?範囲票が来たから?う〜ん。きついっす。


14日前?範囲がわかった頃?う〜ん。厳しいね〜。


21日前?半端じゃん!
季節勉強者って!!(試験前にガッツリやって、試験後は部活一本なのかな?)


うん、それでもいい順位はとれるかもしれない。でもな〜。部活でいい成績は残せるだろうけど、それでは試験の学年一位は難しいかな。
なんだか、できない気がしてきた?




分散。
もうどうせなら、部活を毎日するみたいに、自宅学習も毎日してみたらどうなんだろう?部活なら毎日まいにち素振りを繰り返すよね?

鏡を見て振り振り、
コーチの前で振り振り、
目を閉じてイメージの中でも振り振り。
もしかしたら夢の中でも。夢に見るくらい毎日素振りをしているのだね。


勉強も毎日コツコツってのはどうだろう。
学校から帰ったら学校でさわったページをもう一回読んだり書いたり解いたりしてみるのはどうだろう。
教科書のすみずみまでチェックペンを塗って音読したり、チェックシートをかぶせて音読してみたり。
消えた文字のところが書けるかどうか紙に書いたりなぐったり、つまり書きなぐってみたり。学校のワークでもいいんじゃないかな。
毎日30分でも30日で900分。

ん?テスト前の日曜日に15時間ぶっ続けでやったほうがはやいって?
ためるね〜。この前勉強した業界用語で言うところの「ため勉」です。ええ(だからそんな用語ないって!)。



でも反復しながら、スパイラル式に毎日やってた方が記憶に残るよね。


そもそも、ため寝とかため素振りとかため喰いができないのと同じで、ため勉はきついよぉ。きつすぎるよ〜。10センチのクロックスの靴くらいにきついよ〜。



なんで勉強が苦しいか、って、それはタメ過ぎですから〜〜〜!


か〜め〜は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜めはっ…(しゅっ・・・)





みたいな感じ?なんかいい波が出しにくそうじゃない?



毎日コツコツ。これは効くゼィ。それに毎日少しずつだと楽なんよ。毎日うまくなれるから楽しくなるしぃ。結果もついてきたらますます楽しくなっちゃうしぃ。

というわけで、毎日当たり前のことを(A)馬鹿にせず(B)ちゃんと(C)徹底的にやる(T)。これ効くよ。ABCTよ。




できるかなって?

波〜〜〜っ!(大沢元監督のノリで)



毎日実際にやってる子は、風邪なんかで一日勉強できずに寝ないといけない日があると、勉強できない苦しさを感じるらしい。


はなね。すた、すた、・・・スタバ。
posted by ヒカリ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック