2009年03月10日

学年末試験結果(1)

090304_0246~02.JPG今回の学年末試験の社会で98点をとってきた子(新中3)がいた(学年に100はいなかったらしい)ので、聴いてみた。



ヒカリ:「どんな勉強をしたのかな?(至近距離でガン見)」


ヒカリっ子:「しゃ、社会は〜、学校の授業を聴いていたら大丈夫みたいです。(謙虚andいくらか引き気味)」


ヒカリ:「そっか〜(白目で仰天)。じゃあ塾のこの本は(バイブル本を指しながら)、とくには役立たない感じだったのかなぁ?」


ヒカリっ子:「あっ、でも、それも役立ちました。(おまけみたいにサラッと)」




なんでも欲しがるマミちゃんてCMが昔あってめっさ好きだったが、なんでも役立たせるそのやり方って!!

よくよく問題を見れば学校の授業では扱わないであろう、映画おくりびとなんかの時事問題も出てるしロッコウオロシもとい、○○おろしの○○に総理名を問う新聞切り抜き記事問題などもあり、いささかも簡単ではない(ニュースを見てたら基本だけど)。点数は普段の積み重ねと、それに裏付けられた自信のたまものなんだろう。

その学校の理科や社会の試験問題ではここでも事前に書いていた通り、今春の公立の入試問題が出ていた。出来たてほやほやの新聞をとってないと見られない問題が出ていた(こういうのは不公平でもある)。


ヴォクは授業で過去問は扱わない。そういうことをやる暇があればむしろ(諸事情で通知票の)5をとらねばならない科目は実力練成を全問解けるまでやる。

過去問が役立つのはせいぜい80狙いまでだろうとヴォクは個人的に勝手に考えている。過去問をやるくらいならウイニングプラスを全問解いている。

予想問が役立つのはせいぜい95狙いまでだろうとヴォクは個人的に勝手に考えている。予想問をやる時間があるならむしろシリウス21発展編を全問やり(もう、よろしいっ!)

なにをやるかというよりも、決めたものを徹底的に一から十まで全問できるまで何回でもやる、そういう意識を大切にしたい。


そんなわけで(どういうわけで?)、高校受験生はオリテキSを夏休みまでに三回転やります。つまりは3月4月に1周目が入ります。(オリテキにないという意味での)良問は(テーマ別に全高入(2005以降)から)かき集めて夏から演習で取り上げます(って、何の宣言?)。

新中3は公立のトップ校志望者も多い学年である。今日3/10時点で判明しているだけでも平均点低めの学年末試験で470以上が5人出ている。あと4人が結果待ち。駿台や北辰でも結果を出せるよう、復習もじっくりすすめていきたいところだ(自分に言い聞かせながら)。

ほなね。
posted by ヒカリ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック