2008年11月13日

独学習慣のバロメーター

081113_0207~01.JPGどれくらい独学ができるのかを知る指標がある(そんなバロメーターが役に立つかはおいといて(目に見えない箱を横にささっと動かしながら))。


問題集を見ればよい。

問題番号のところにくっきりとわかりやすく、○、△、×、?とついていたら、彼または彼女は独学者である。セルフラーナーの問題集のページ上には、それらの記号が濃く、くっきりと、バシっと、書かれるているものだ。

英才さんも前に書かれていたと思うが、問題集の○のつけ方については、どんなに強調してもし過ぎることはない。

それらは、使いはじめはひとつのささいなテクニックでしかないが、まるで手帳のように、使いこむごとに勉強の相棒となるのである。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック