2013年10月24日

宿題をやってない? あっそ

うちは三回でアウトにしている。

本当は一回でいいと思うがヴォクは仏なんだな。
仏なのでたまに間違って勉強する意味を話すこともある。
仏すぎるな。
こんなんじゃだめだ。

「はい、2回目ね。次でアウトだよ。」
「はい、スリーアウト。来週からこなくていいよ。」
これでいい。

勉強しないならこなくていい。

塾に金を払ってきてるんだろう?
posted by 花波 ヒカリ at 05:41| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

セルフラーニング力の向上(5)

セルフラーニングの向上っていっても当たり前のことばかりなんだ。

セルフラーニングの技法(5)
興味のままに調べる。
興味のある方へ進む。


電車の名前をいろいろ知っている。
ポケモンのキャラの名前に詳しい。
キン肉マンのキャラの名前を全部知っている。
世界のカブトムシのことを知っている。
まんが日本むかし話の話に詳しい。
樹種に詳しい。木材はどんな色でどんな木目かな。
六角家が好きな人は六角家のラーメンに詳しく、京たこがすきな人は京たこのたこ焼きに詳しくなるだろう。
コーヒーが好きな人は豆や水や産地について詳しくなるだろう。

(誰のこととかそういうことでなくて例えばの話ね)


仕事のことなら詳しいのは当たり前だが人はみな趣味や好みのものについては他人よりも詳しいだろう。

なーんでかと吟ずるまでもなく、それが好きだから。
好きなものは好きだから何回も見る。
眺めたりうっとりしたり。
至近距離から見つめたり遠目から眺めたりして。
ファンだからと対象に近づけば対象の方も引き寄せの法則でファンに顔を見せてくれるかも。

人に習うとか本に調べるとかそういうきっかけや入口の魅力もあるかもしれないけど、その後見つめるから詳しくなっていって詳しくなるともっと好きになって。

好きになるのは詳しくなる道に続いてる。
好きなことに関してなら読めない漢字は調べたくなるもんだ。
この漢字はなんて読むのだろうと10回くらいはひっぱってひたすら想像するのもおもしろいけど最後は辞書かなにかで調べてる。
だって好きなんだもん。

知りたくてー知りたくてー。(リンドバーグの会いたくて風)


ほなね。
posted by 花波 ヒカリ at 05:46| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルフラーニング力の向上(4)

山奥の家の独学者にもできる学習姿勢(森勉)がある。

セルフラーニングの技法(4)
・毎日1題、問題を自力で解けるまで練習する。



セルフラーニングの場合、見極めをするのがコーチでなく自身になる。

新しい技を習得するために練習している。いったい何をもって習得できたとみなすのか?は問題となり得る。

そこでゴールを「自力でできた」におくということが必要になる。

問題を読む、問題を解く、解説や解答をどう利用してもよいが最後はできるまでマークすることだ。自力でできないうちは身につけたの数に入れてはいけない。自力で解けない問題は問題タッチ数には数えてよいが問題マスター数には数えられない。


途中がどうであれ自力でできることにゴールを設定しておけば間違いがない。
一流の本に学ぶことができる。
ゴールをそこに置くならば作者がゴールとしているところに自分でもたどり着けるようになる。

本の技を吸収できたかどうかの見極めとしてできるまでやったというのがよい。かくして世の多くの独学者は参考書問題集の問題番号に色々の印をつけている。


さらにペースも問題となる。セルフラーニングの場合、ペースメーカーが自分自身。
昨日の自分以上に今日がよくなるという改良回路をつくりあげるのは思うほど簡単ではない。物理的に一日で取り組める問題の数には限りがある。したがって最高速度は一定以上上がらない。
昨日4題を身につけたというのは今日もまた4題以上を身につけられるということにつながるべきものではない。
ペースを毎日あげていくことは物理的に難しい。
それはマラソンで後半に進むにつれて徐々にペースをあげていくのが困難なのに似ている。

ペースを作るというのはセルフラーニングの最も高いハードルのひとつである。
そこでペース作りの基準に問題数を設定する。
入試問題を解くなら毎日一題をノルマとする。
すると年間300題以上の入試問題を解くことができるペースとなる。
演習量が絶対的に少なくなるという事態が避けられる。

同じようなプログラムなら100題練習するのと200題練習するのとで差は小さいかもしれない。
しかし50題では明らかに不足するだろう。
200題、300題という高度のペースをキープする最もかんたんな方法は毎日たった1題だけやる、しかし必ず1題を終えるまでやるという作戦であり習慣的行為である。
かくして世の多くの独学者は参考書問題集の問題番号に日付をつけている。

毎日1題が自力でできるまでやるという単純な作戦がセルフラーニングの基準のひとつとなる。

「え、たった1題でいいの?」

5題を中途半端にさわるより1題自力でできるまで身につける方が実力になる。
何時間かけるかは問題ではない。
長いよりは短い方がいいに決まってる。
たとえ1日1題でも積み上げて大きな力になる。



夜、布団に入って振り返る。
今日もまた1題の問題を解いた。
今日もまた新しい技をひとつ身につけたと。
posted by 花波 ヒカリ at 05:06| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルフラーニング力の向上(3)

ボルト選手より200mが遅いヴォクです。



セルフラーニング力向上の手法は森勉含めて明確に存在する。


セルフラーニングの技法(3)
・時間決めで学習しない。解決できた問題数、解決できない問題数を基準に考える。



自分で自分に「どれ?」を言い、解決できるようになった問題数をカウントし解決できなかった問題数を数える。
一日の目標ノルマと実際の達成数の差をメモしプラスにして寝る。

ノルマをこなすためにはかんたんなところはサクサク進めばよろしい。難しいところではじっくり何回もアタックすればよろしい。

これをすると自分で学べるようになる。
ただ時間決めで今日何時間やったを基準に学習するのではない。学習効果は時間の多寡に関係しない。

いま目の前の問題が身につくか否かにフォーカスする。
むしろ、時間は短くともたくさんの問題解決ができるような集中状態をつくるようにする。たとえば模試や入試本番でそれが自力で解決できるのか?と。


森勉の手法には問題数という観点で見たときに2つの特徴がある。


1つは森全体でたくさんの問題にアタックすること。
途中何本も?フラグを木に立てながらどんどん進む。


もう1つは、?のついた木に戻って考える、調べる、考える、何回も何日でもタックルする。1つの特定の問題がわかるまでアタックする。森勉は今日10題さわったことよりも、3題身につけたことの方に大きな価値を見出す。
1章を完全に攻略することなしに教科を極めるのは不可能でありもっといえば1問がわからないままページだけ進めても身につかない。
だから1章にこだわり1題を大切にするべきだ。

そして、その1問が本当にわかったかどうかを知ることができるのはそれを手に入れたあなただけしかいない。本当の理解はあなたの頭の中にだけ存在する。




ほなね。




『解法のエッセンス』は関数・座標の完全攻略によい独学図書。
高校数学へスムーズに接続できる解法。
高校受験を控える人が先に進まず準備のため高校入試対策にたとえ一年間費やしてもロスが小さい。



セルフラーニング関連図書「考える力」


posted by 花波 ヒカリ at 03:55| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルフラーニング力の向上(2)

18の頃から通っている横浜、六角橋のラーメン家で大将にうまいうまい言い過ぎてしまったようで「のりたまとチャーシュー、お嫌いでなかったら、・・・」とサービスされてしまったヴォクです。(銭金のノリノリな冒頭風(海苔だけに))
いいんですかっ! ご馳走さまです。うまうまうまー。

なつかしさもまじって店内に入るだけでにやーとしてしまう自分が、いやになる、わけがないじゃん。



セルフラーニング力向上の手法は森勉含めて明確に存在する。


セルフラーニングの技法(2)
・章の順番に学習しない。



自分で自分に「どこ?」を言い、満点とるまで、いや満点とっても自分で自分に説明がつくまで何度でも同じ章をする。
これをすると自分で学べるようになる。
ただ章の順に何周も学習するのではなく一章が身につくまで滞在したり戻ったりする。

例えば、
1日目 1章と2章
2日目 1章と3章と4章前半
3日目 4章後半と5章と1章
4日目 6章と2章と1章
5日目 6章と7章と1章

森勉の手法には順番という観点で見たときに2つの特徴がある。


1つは森全体を俯瞰的に見ることができるよう1冊を進めること。
途中何本も?フラグを木に立てながらどんどん進む。


もう1つは、?のついた木に戻って考える調べる考えるを何回も何日でも繰り返すこと。
1章を完全に攻略することなしに教科を極めるのは不可能でありもっといえば1問がわからないままページだけ進めても身につかない。
一問の?問題がすっきりわかるまでやる。
わかったら時間をおいて今度は自分で解けるか問題だけを見てシャーペンを動かしてみる。
動かなければわかってない。なにがわからないかを書き出し考え調べ考える。
何度も考えると覚えてしまうものだ。
覚えてしまったものは理由を書き出してみるようにし、理由つきで正解できたら赤×、青×以外に、理由○をつけておく。


ほなね。

「私たちは繰り返し行動するものである。それゆえに優秀さは行動ではなく、習慣である」アリストテレス

「解法のエッセンス」は立体図形の完全攻略に特化しているセルフラーニング図書。
posted by 花波 ヒカリ at 02:03| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セルフラーニング力の向上(1)

学習の成果をあげるには技術を習得しなければならない。
技術を習得するのには自分で考えてみる。自分で解いてみるという自主練の確保が必要となる。
自主練をセルフラーニングと言い換えている。
自主練にもうまい下手がある。
うまい技術と下手な技術があるように自主練にもうまい自主練と下手な自主練がある。


セルフラーニング力向上の手法は森勉含め明確に存在する。勉強をしながらも「考え方」を身につけるのがセルフラーニングの第一歩。
それを書こう。



セルフラーニングの技法(1)
・自問自答する。



自分で自分に「なぜ?」を言い、自分で自分に理由説明、ポイント説明をする。
これをすると自分で学べるようになる。
ただ繰り返し読んで解くのではなく一回ごとに自分の言葉で解説をする。
講師になって他人に説明するつもりでやればよいかな。
同様に解き方やポイントをノートにとるのも効果がある。




ほなね。

セルフラーニング関連図書「自分で考える力」

posted by 花波 ヒカリ at 01:08| 考える帽子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

(lionさんの) 秋

http://lionlife.hakumon.info/?eid=938107

いつも勝手に拝読して勉強させていただいている。

読むとむしょうに入試問題をもっといっぱいときたくなる。

不思議でならない。
posted by 花波 ヒカリ at 05:40| この名もなき詩を | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

99連で記録更新がとまった

ずっと確認テストに合格し続けてきた子が100連を目前にして1点足りず0連に戻った。100連に万一到達したなら握手か森の木のペンがあっただけに悲しかったことだろう。しかし失敗経験はできるだけたくさん、しかもできるだけ早くにしておいた方がよい。
199連目でXになるくらいなら99連目でXをもらった方がよいということだって(時には)ある。
99連でだめになった場合は100回早くに気がつくことになる。仕上げがもっとも肝心だったということに。

一般に、満点をとるには90点をとるより倍の時間を要する。90点をとるのに10時間かかるなら100点をとるのに20時間くらいかかる。種類にもよるが。

満点をとるまで倍の反復練習をしていると基礎がくずれなくなる。かんたんなエラーが少なくなる。成否を決めるのはいつだって難問のさらに難問の部分のできというよりはかんたんなところのエラーが少ないことだ。守りが強いということだ。ノーミス、コントロールミスなしというのは思うは易く、為すは難しい。

土台を固めるだけで高得点がとれるようになる。土台は反復練習とおまじないを自分で自分につぶやく自分への言い聞かせがどれだけいえるかにかかってくる。

1つの満点のうらにはたくさんの自分へのよびかけと意識的無意識的な注意警告が潜んでいるものだ。満点者はだまってさけんでいる。「こうしなさい。ああするな。」うるさいくらいに。

逆にエラーを少なくするためにはほんの見開き2ページ分が満点になるまで練習しておけばよい。そんなに単純な、たかが満点主義がエラーを少なくしている。

だから99回でXになった君に言おう。
よかったね。


ヴォクが小学4、5、6年生全員に課しているセルフ課題。
漢字(中学受験程度)週速30熟語。
英単語(高校入試程度)週速25語。
英作文(高校入試程度)週速5-15文(時期差あり)。
数学・・・。

開始時はすこし少なく時期差が少しはあるが学校年齢関係なくこのペースが15、18で難関を目指すときまでに必要なのでこうしている。
この週速度についてこない場合はそのままアウト(オブ 光)となる。
逆にこれくらいはやらないと中学で学年トップレベルにいられない。目指せない。

以上のノルマは最低ラインであってやる子は勝手に先のところまでどんどんやるようになる。
セルフラーニング○が身につくとはそういうことだ。

posted by 花波 ヒカリ at 05:32| 失敗は成功のマザー by ミスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目標の県内順位に到達した後に

模試で目標の県内順位に、5回目やっと届いた子が答案用紙をもってきてくれた。この子はいつも紙をきちんとたたみもってくることができる。
こんなによい順番をとってオールA判定でもかんたんなエラーがまだ含まれている。それは人にみせなくとも自分でわかるものだしコーチにみせたらなにやってんの!大丈夫か?とつっこまれるだけだとわかっているくせに彼はそれでも紙をもってきた。みているところがちがう。どなられるためにもってくる。

模試でみるのは順位、県内順位と全国順位だとはじめから伝えている。志望校内順位は入学後順位だと伝えている。校内20番以内に入りたいなら県内順位TOP100入りははじめの目標。

模試の順位は第0学期の定期試験順位だ。偏差値と判定より先に合計点と順位がある。なぜなら本番の合否判定は5教科の合計点順位だけで公平につけられるから。入試当日点で450点をこえていたら大丈夫と言える。

今回の結果を受けて目標順位を更新した。ついに新しいところをめざすことができる。
スタートの笛がなった。

前方にまだ人がたくさんいる。
プロの世界だったら負けだ。追いついてみたい。そこにいってはじめてみえるものがあるかもしれない。
いや、ある。
全県一位だった人にはそれが見えている。

目標順位は大学入試の定員から設定している。
中学を卒業するときにその件は伝え高校での目標順位設定の資としている。
だからいまは設定する順位はあくまで15歳までに追うストレッチ目標であり達成目標であった。
本人は喜んでいる様子はなかった。
通過点としか考えていないのだろう。
ヴォクが勝手に喜んだというまでの話。

次のステージへ向け、練習は続く。
順位ではなく単元の進捗や単元の過去問の得点率だけで普段はメニューを組んでいる。
その指導方針はこれからも変わらないが、入試までの残り期間だけはメンテナンス期とし高校内容の学習を進めるのをストップしよう。





posted by 花波 ヒカリ at 05:29| 浦和、浦和一女、大宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

新漢文〜花波推薦セルフラーニング図書

今日もノリノリの中村紀で書こう。ヴォクの愛する独学図書のことを。(So-netの花の匂いが消えたのでシーサーにコピペ。)


漢文の参考書の中でもこれは復習に便利なつくりがとくに気にいっている。
漢文が好きという(すこし変わった)中学生と一緒に毎週購読している。

反復復習が容易にできる、穴あきシート付がうれしい。ipodだったらこういうものも比較的かんたんに作れるだろう。


このシートをかぶせると白文しか見えなくなる。

不思議でならない。
漢字だけしか見えなくなるから復習反復音読味読がしやすい。漢文の参考書は数あれど、この仕組みを採用した本は参考書マニアのヴォクは他に知らない。

「漢文穴あきシート」が漢文学習を変えた。母校鶴丸の国語科の副教材だった。
句形学習はたしかに有効だが漢文を読むのに漢字自体にはりつくことがずっと重要であることに気づかせる一冊である。
そう、漢文は漢字一語一語を文字通り読めばいい。

本書は漢字一語の文中での意味に詳しい。




写真.JPG



漢文は漢字だ。
語彙字典も詳しくて便利。

image-20110908152952.png
右:漢文語彙字典(尚文出版)

左:センター試験対策漢文キーワード200(明治書院)


辞書 漢語林
image-00250121111608.png



奥村幸治さんの書いた本より。


image-00250128021528.png


image-00250128022338.png

最近はkindleの書籍もよく利用している。
kindle版は割安な上、買う前に立ち読みできるのが助かっている。それに値段もちょこちょこ変わって割安どころかめっさ安くなっているときが多い。
なによりアマゾンでポチってから読めるまで5秒くらいってのもいい。
『決定版・日本史』(渡部昇一)

image-00250519153430.png



ほなね。

次回は高校数学の伝説。
『闘う50題』。
image-20131023130835.png
posted by 花波 ヒカリ at 05:24| 独学独習参考書としてのヒカリ推薦図書リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

ふしぎな試験範囲と六角橋の六角屋本店

ヤッターマンの歌の中では腐男塾バージョンが比較的すきなヴォクです。
でね、先日、中学生の中間試験の範囲票を見てふしぎに思ったこと。

原子記号の1番から20番を出題します。
1問1点で20点です、って。

要するに水素→H、ヘリウム→He、・・・を20問ということだ。
「水兵リーベぼくのお船」の語呂合わせは当然学校の授業で習った上での出題だ。

それって定期試験なのかな。
中間試験が実質、80点満点になるだけなのでは。

でもそこまで予告する以上、その20個を正確に覚えない人を想定しているということで、問題もかなり基本的になって、学校のワーク(『理科の自主学習』など)からも一部ほとんどコピペで出題するってことなのかな。

まあ、練習としては広く深くが基本だから範囲票を見てもやることはいささかも変わらないんだろうけど、そうはいっても無意識に気になるじゃん。よこはま、家系ラーメンの新しく開店した熱いお店くらい気になってしまうじゃん!(うまいけど六角屋では、ない。)

という、ただちょっとびっくりした話。
略して、ちょびくり007(そんなサイコロはありませーーーん!)

posted by 花波 ヒカリ at 10:56| 不思議の国のはなし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独りカフェとパイロットのアクロインキ

マリアンさんの「独りカフェ」と独り時間差コラボでヴォクも。
http://marianemile.seesaa.net/s/article/365696522.html

基本的に木がいっぱいある公園と家からもっとも近い24時間営業コーヒー飲み放題(ドリバ)の茶店と自宅書庫の桜の木の机がヴォクの独りホームなのだが本を仕入れに行った日にはここの喫茶を必ず利用している。
マリアンさん風に言うなら、2冊好きな本を手に取り、1階のカフェでゆっくりとコーヒーを飲みながら、その本を読むというのが決まったコースです。(コピペかっ!)

座って読めるように椅子のある書店はいくつか知っているがコーヒーが飲める(てか喫茶店)だけでなく書店の本も立ち読み(完全に座り読み)できるところを他にヴォクはまだ知らない。
本が好きでコーヒーが好きな人にはむぉーパラダイスなわけ。

本を2冊、コメダさんに持ち込んで開店から閉店までいたことは何回かあるがそれは自分の本だ。
それがこちらの蔦屋さんならささっと立ち読み(座り読み)させてもらえるという・・・。
しかもコーヒーが・・・(マイクを持った左手を読者に向けて伸ばしながら)。


image-20131022015801.png




読みたい専門書がただで読めてコーヒーがうまい。(なんで二回いった?)

前にも書いたがここの蔦屋は便利すぎる。
さらに木の本など専門書が多いのと、ヴォクの木のボールペンの替芯(パイロット)やラミーのオレンジ(2009)の替芯も扱っているのがポイント高し。


上尾の「ぶんぐ丸」よりはお気にのボールペンの替芯「アクロインキ」(改良されてA-inkに近いものを感じる)の価格が高いのでそっちの方もラミー(樋口さんの紹介で一気にファンになった)も見るだけだが、替芯を見るのは見るで楽しいのでよし。

帰りはバスに乗りたくなった。子どもかっ!! 初めてのおつかい気分だ〜!(コピペかっ!)


男はバスに乗りたいのをぐっとこらえ愛車に向かう途中、カルディで配る無料コーヒーの列に並ぶのであった。(あれほどコーヒーを飲んだ後だっちゅーに!)
posted by 花波 ヒカリ at 05:24| ぶどう糖・にんじん・マヌカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする