2013年04月20日

めまい図書 物理の講義[新課程]

実況中継的に話し言葉でポイントを講義式に解説してくれる独学参考書や独学問題集が増え、日本語の学参界はたいへん便利で初学者に親切でやさしい世界になった。紙面のつくりだけでなく、CD音声付きのもの、映像付きのものと聴覚面でも視覚面でも工夫が見られる。

一方で、ひと昔前、昭和の頃の参考書は包括的網羅的で詳細かつ体系的なものが多かった。それに、なにより分厚かった。

たとえば高校物理では現在『物理教室』や『新・物理入門』は方向性の差こそあれ辞書的にも利用できる詳しく体系的な参考書である。

これらとたとえば、昭和の2冊『親切な物理』、『前田の物理』とを比較的に並べてみると、古さを通り越した古典のもつ圧倒的な存在感にめまいを覚える。

高校の頃、『親切な物理』も『前田の物理』もいつも机の上の本棚の正面にあった。当時はそれが物理だった。ヴォクの物理生活のはじめの1冊は『物理の講義[新課程]』だった。ヴォクはこの書物に出会って物理をやろうか他の教科に本腰を入れようか迷っていたのを覚えている。
その次に出会った参考書で命運が決まった。それがこの2冊「親切」と「前田」だった。あまりの詳しさに打ちのめされた。

今は、本棚に物理の本が増え物理という言葉が喚起する参考書の印象は変わったはずだが、「親切」と「前田」を開くと、今でもやはりめまいに襲われる。

そのまま再び読み返してしばらくするうち、ああ高校の物理に戻ってこられたという落ち着きを取り戻すことができる。

似たような感覚は英語での『英文解釈教室』を開くときにも起きるし、数学での黒い表紙の『大学への数学』を開いても生じる。

それらは物理の、英語の、数学の体系的な何かを形作っていて、原風景のように思考回路に枠組みをつくってしまっている。

新しい入試問題に接して、破壊して創造するということを毎日やっているようでいて、同時に原風景を後から辿っているだけのようでもある。

これらのめまい図書は、精神衛生上のことを考えて本棚では奥の見えない列に保管するようにしている。手前に新しいものを置いて背表紙が見えないように留意し並べる。

それを目にすると圧倒され開かずにはいられない気分になってしまうから。

何十周と読み返しても落ち着きの得られない深い森の中にまたヴォクを閉じ込めてしまうだろうから。

めまい図書を開くのは休みの日だけがいい。

19738419-E740-4797-A0AE-5E9E1CCBAC91.jpg

plus 物理化学数学英語古文光推薦独学図書リスト


学級代表と始業の儀式

アイコーを喫茶店で飲んでいてふと思い出したので久しぶりに書こう。


ある意味めちゃくちゃな授業

・きょうは教室に来た学生が少人数。先生はしばし熟考したる後、数える。財布を取り出している。一、二、三、四、・・・八。少人数であるのを指差し数え再確認し、おごりましょうとドイツ語で言った。その年から大学へ出講している非常勤の先生で話をしたい上に暑い初夏におごりか、とうれしく思い、喫茶店まで同行。路地裏にある民家でここが喫茶店とは気づかなかった。一人ずつ好きなものを順番に、ヴォクはアイコーを頼み、授業自体は30分くらいで終了。テキストは開かずお話を聞いた、と。さて、会計になると、割り勘だった。
(茶店のコーヒーはうまかったのでまぁよろしい。チャイム通りに授業をはじめる中地先生が夕方の最終授業後にしばしば誘ってくださる中華料理屋と、校門前のフレンチのうまい店がすぐ近くにあっていつも昼行っていたのだがその後コーヒーだけ飲みに民家サテンもローテに加えた。)


・チャイムが鳴って授業開始(時間通りに来る先生は他には多くなかった)を知らせる。そのチャイムから50分くらいするとバイクの音。学生たちは席について待つ。先生がバイクで教室に横付けし1000人の講義室の非常口から入室。教官席にはドリンクなど差し入れがあり。
先生はヘルメットこそとったが皮ジャン、サングラス着用まま、しばしタバコをプカプカ(太い葉巻たばこ)、座ってマイク講義。葉巻たばこの煙は窓全開なので無問題。(ライブか・・・)


・とある授業にて。第一回目の記念すべき授業にて教官いわく、授業への出席は年間2、3回でよろしい。テスト前のいついつは必ず来てください。私の授業なんかよりも本を読んでください。
次にヴォクが行くと学生は一人だった。
その次に行ったときもまた一人だった。
またその次ははじめ誰かいたが教官がくるころにはいなくなっていた。
代わりに学生隊がやってきて途中「寮廃止反対」の演説と署名活動をやって授業(中の個人レッスン)の邪魔をした。
そしてお決まりのように、学期末の試験のときには先生の本を手にたくさんの人が試験を受けに来ていた。



と、授業?はいささか変だったが3人とも本を出版しており買うのを必修にしていた。
出費。

仕送り0、アパート代と食費に奨学金3種(育英会を2種借りているのは学内で2人だったのでやや希少だった。また語学で普通は英語と第2外国語にするらしいがヴォクは英語はペラペラだったので英語をとらないことにさせてもらい、第2外国語と第3外国語にしてもらってた。そちらは学内1人だった。ちょっと珍しくなってしまった)を回すと本が買えないのでたこ焼きを焼くアルバイト。
まかないめしのたこ焼きはやっぱりうまい。

という、すこし前の大学のころの話。
それに比べ、ヴォク自身の授業はひどいもんだった。
話はタコ焼き屋に勤めた頃にさかのぼる。

深夜までやっていたそのタコ焼き屋にはいろんな客がやって来た。

ストリートミュージシャン、大道芸人、駅で歌い終えてきた外国人。

センター店では外国人の客も多くヴォクがいくつかの覚えたての外国語で接客した。

そんな様子をはじめのうちは楽しく見ていた大将がある日まかないめしを食べるヴォクに仕事の紹介をした。

「予備校で働かないか?」チャンスというのはあるもので模試の成績データが残っていたようだ。試験なしで中に入れてもらうことになった。

予備校では大学の先輩やテニスつながりの先輩職員がいたりしたこともあって、大人数のクラス授業をはじめの年から任された。模試の成績はたいしてよくなかった地理と、一番よかった数学と、好きだった英語の3つしか当時は担当していなかった。いかに自分がいい授業をするかばかり考える日々だった。(いまとは発想が真逆である。)

2年目からはタコ焼き屋との兼任をやめ週に5日、出講した。
当時はマイクで話をするのが授業だと思っていた。

場所がら慶應女子、学附など国立私立のいろんな高校生が来ていた。





(ウラコーに話をもどして)

・チャイム、「起立、礼「お願いします」、着席」。
などというわけのわからぬ儀式は禁止。
「私が来て話が始まったらそれが授業です。」
と浦和に通う光子の一人が話してた。
ゴイス。他にもいろいろびっくりしたのだがびっくりすぎてちょっと・・・。
(バイクからおりて一服したら開始というのと似ていないこともない。ヴォクは大教室が苦手で結局その授業には二度と出ることはなかった。)



黄色いカエルをしばし見つめていたきょうの光子が質問。
せんせー、キー坊という名前はドラえもんの映画のキャラからとったんですか。

「あー、このキー坊の名前はヴォクの方が先だった。」


(てか、なんでこの喫茶店はたこ焼きがうまいんだ。なぞ。)


4月に聞いた限りでは、中学生塾生の半数以上が学代になっていた。生徒会長も数名。
部活と委員でいろんな経験ができてよさそうだ。

生徒会長の一人いわく、主な仕事は集会の挨拶なので会長は役職の中ではまだ楽な方です、と。
それはみんなで動くよい組織にみんなで作り上げたからだろう。

役割の中では文化祭や体育祭や修学旅行前後が忙しくなる子が多いようだ。

先の浦和高校の先生式でいけば役職についていようといまいとやるべきことを各自が考えてやる、みながそうであれば役職などいらぬということになろう。


他にも、シャチホコを作る門隊の話(→「浦和高校、門隊」でググるとよいらしい)や一人で3教科を教える高校の先生のことなどおもしろい話をたくさん聞けたのだった。
部活のことはまたいつか聞くとしよう。

ほなね。







posted by 花波 ヒカリ at 08:07| 独学独習参考書としてのヒカリ推薦図書リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月18日

東大入試、点数開示(入試の成績開示)

東京大学、二次試験の点数開示。
大学の教官による本採点の結果を朝一でご連絡いただいた。

その瞬間、早慶の付属校をお断りし私学トップ校の三年間特待をお断りし浦和を選んだ三年前の彼の顔が浮かんだ。
彼は15歳の自分の選択を全うするため18の春、東大以外一校も受験しなかった。
二月末の二日間に彼は勝負をかけた。


東大を受けるのに過去問を10年しか研究しないなんて中途半端でもったいないことはしない。
部活引退後から東大過去問30年分を彼は研究してきた。東大一橋の入試では大学入試センター試験はあってないようなもの。総合点はほとんど二次の筆記試験で決まる。最低でも過去問三十年分、数学なら100問は自力で解けるくらいになっておきたい。

空間図形でも東大数学ではどういうものが出やすいのか。
確率でも東大数学ではどういうものがテーマになっているのか。
東大数学30年分をやってはじめて見えてくるものがある。


すこし以前にわかっていた下のような不合格の成績開示同様、入試データとして最重要な情報となる。
【合否】不合格Aなど
【志望科類】
【センター得点】/900
【国語】
【数学】
【物理】
【化学】
【英語】
【実際の総合得点】 /550



6年間運動のハードな運動の部活動との両立生活。毎回、光に着く時間から八時半の男とヴォクは呼んでた(いしげかっ!)。

部活動引退後からセルフラーニングを加速し1980年からの入試問題を解いた。一年懸命。たかだか一年分に一週間かけた。

ずっと練習してきて10年、20年、30年分と入試過去問の演習を続けても、本番は1回のみ。
泣いても笑ってもこれだけが本番で一生忘れられない問題となることだろう。

限られた時間の使い方を毎日自分で考え、目標と計画を立て、毎週休みなく実行し、自己ベストを何回もなんかいも更新し続けた。

本番、それでもぶっちぎりの高スコアとはいっていなかった。勝負は僅差。成績開示の紙の小数点以下第4位までの数字がそれを物語る。
難関校の入試がどれだけ厳しいものであるかを思い知る。


数学は攻めた。
東大数学の大問1つを完答すれば20点になる。
数学による点数差は小さくない。
現行の東大入試制度では、この科目の差がつきやすく、合否を分ける。合格者平均点と不合格者平均点の差異はこの科目において大きく現れている。

彼がとった点数。
1教科ごと、2次試験のスコアを見る。
何回もなんかいも見る。
学部別採点。
練習であれだけとった科目の本番がこうか。
よくぞここまで伸ばしたな、見えないところで最後の最後までがんばっていたのだね。
善戦している科目のことを知る。

あの得意科目がこうきたか、苦戦を強いられた科目のこと、想像する。

一回しか受けられない。それだけにいろんなことを感じる。

今後ヴォクも何回もなんかいも見直すことになるだろう。

得点開示結果。
合格最高点、合格最低点(ボーダー)、合格者平均点。
そして彼の本採点結果。
最後の点数共有。
思い出になります。
ありがとうございます。


入学早々、駒場の大学生協で買ったCCレモンを片手に不慣れな道で次の講義の教室を探し、汗だくでうろうろしキョロキョロした初夏のことをなぜか思い出す。

彼もきっとがんばっている。




posted by 花波 ヒカリ at 16:18| 浦和、浦和一女、大宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする