2012年03月29日

今日のムネリン(2)

落合博満さんが引退してから荒木選手と盗塁のポーズがうまい川崎のムネリンのファンになった。

昨日のムネリンもよかった。

プレイボールになった。

妹のまほが鹿児島から応援に来ている。

この席、わるくない。

ムネリン、今日もがんばれー。

活躍したら唯祈茉亜未蒼梧とラーメンでも食べよう。
posted by 花波 ヒカリ at 18:06| 133キロ怪速球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月28日

お役立ち系〜「大学パンフ」〜

AndroidやiPhoneなどのスマートや携帯で利用できるアプリ「大学パンフ」はお役立ち。

全国の多くの大学のパンフレットが携帯電話で無料で読める。

ダウンロードするだけだし複数の大学を比べ読みできるのもいい。パンフレットに関する限り内容は紙媒体と全く同じでも電子書籍版の方にメリットが多い。

こういったパンフレットや雑誌、新聞などもそうだが、電子書籍というもののメリットは多い。今更いくつか挙げてみると、かさばらない。片手で持てる。せまい電車の移動時、くらい布団の中、本棚のない公園のベンチなどせまいところ暗いところでも読める。

公園のベンチが研究室になる。

結果、開く敷居が低くなり手に取る回数が増え何回でも必要の度に利用できる。保存もしやすく検索も用意。しおりもつけられるしテキストやハイライトのメモもつけられる。

電子書籍版もわるくない。


image-20120326020627.png


image-20120326025614.png
↑「大学パンフ」にはじめからついている目次機能により見たいページにすぐにジャンプできる。
posted by 花波 ヒカリ at 23:58| 進路 国立大学入試に備える高校1年生の学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

児童会長と生徒会長が通知票を持ってきてくれた。

通知票を見せていただいた。

今日の小学生の通知票をぼーっと見せてもらったら、児童会長としてみんなをリードし云々とあった。
そういうものを学校でやっていたのかぁ。気づかないもんだ。謙虚で自分から言わないから私は全く気がつかなかった。ずっと前から一緒に勉強していると思っていたのにどうして気がつかないのか、それは雑談を全然しないからだよ、花波にぃくんと自問自答。

生徒会をひっぱっている中学生にも教えていただいた。彼はいつもそれをコピーして冊子の形にホチ止めしてもってきてくれる。原本かと思って返したことがある。

県立の浦和高校、大宮高校は通知票の評定や資格の有無が入試にあまり関わらないが、全く無関係とまではいかないので算出のために。
2人とも申し分ない数字が並んでいた。


それはさておき、毎度思うことだが公立中の通知票のつき方は運が大きい。
まず学校により5の割合が全く違う。
さらに、同じ学校でも平常点重視という名の好き嫌い重視から、定期試験の点数だけでつける実力主義の場合まで様々。
当たり前だが態度がいい子に悪い評定はつけにくいもんだ。人間だもの。
それ自体に問題はない。

問題は通知票ではなく入試制度の方にあると考える。
こんなに主観的な数字を入試の合否判定に一部利用することに私は反対の立場であるのは前から書いている通り。理由は、不公平だからというもの。
検定をポイント化するのには反対。
検定の受験会場がどこにあるのかを考えると、これは不公平。
そして検定の受検料は無料でもない。払えない人が不利になっている。
ああ。


でも批判ばかりしていても仕方がない。
コントロールできるものに気を遣う。
コントロールできることを増やしてゆけばいいまでだ。
実力点を上げられるだけ上げ切ることに専念する。実力なら練習するだけでいくらでもあがる。
目標はうんと高く持てるならそれはぐっと近づいていく。

毎週実力をつけ続けていけばいつの間にか、数ヶ月、数年で大きな差になる。
ずっとコツコツ練習を続けていけば必ず上手くなる。


本番の前には力試しの場が模試しかない。
子どもには模試で結果を出し子ども自身のやってできたという経験を積んでほしい。

5ではなく定期試験の100点や模試の100点の方を目標に据えて取り組もうと思う。
本番と模試で試験内容がうんと違うがプレマッチとしてなら役に立つ。

コントロールの難しい5の方ではなく、コントロールできる部分で目標設定、学習のプラニングをしてゆこう。




児童会長は英語の復習をしている。
中2英語まで2周目をやっている。
この子は英語ではUNITの1ページの英語長文を日を変えて25回読んできていた。(この子も日付の記録を残している。)
英語は同じ長文を何回も読んで知らないのをなくすのが基本だと伝えてある。

クイズをしたが全問問題なく、◎だった。

中1のいま得意だからといって今後ずっと得意でいられるかは誰にもわからない。
油断することなく英文法の理論を重ね塗りして、用例を覚える慣れ(帰納)と文法的に理屈で考えるロジック(演繹)の双方向から練習していきたい。

posted by 花波 ヒカリ at 23:52| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい話(165)

どうでもいい話。
?の数と成果は比例する。

わからない、未解決問題、「?」が多いのは疑問を持って主体的に考えていることに伴う現象だ。未解決になることを恐れなくていい。

テストとは「試す」が語源だ。
わからないのかわかるのか試したらいい。
たくさん失敗したらいい。
それが勉強のスタートだ。

今日の小学生の問題集に「?」の付箋紙がついていた。

この子がそれをつけてきたのは入塾以来初のことだった。

テンションが87上がった。

この子はがお〜★さんの言うところの「自分のやりたい勉強をやる」というステージに一歩近づいたかもしれない。

作業速度が上がっていた。

速くても遅くてもいい。

ひとつでも多くの「?」を見つけて研究したらいい。
自分でつくる解答はあっていなくていい。
好きな勉強をしたいだけしたらいい。
ノルマの先にしたい勉強が待っているんだ。

そのことをここ3週は繰り返し伝えている。

○でないこと、模範解答と書き方が違うこと、そういうものが増えていくはずなんだ。

赤○は少なくていい。
青と緑と?で汚れた方がいい。


いまはそういうことを強調している。

?を見たときは本当にうれしかったなぁ。


posted by 花波 ヒカリ at 01:11| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

たまが書きました(了)

ヴォクが書きました。
たまの代わりに書きました。



今日で卒塾となった子にヴォクの一番好きな文房具S3のシャーペンたちとたまのねずみ、そして気持ちのこもったお手紙をいただきました。

袋をいまあけてビックリ。
ヴォクの好きなペンがどうしてわかったのだろう。
もう10年くらいこのシャーペンを使っているのがどうしてわかったのだろう。

うちの塾は何のイベントもなく面談もないただの小さな塾なのに、いいところを探して書いてくれたのかもしれません。

卒塾とご進学、おめでとう。
「やる気をぶつける」のその言葉、覚えておきます。
12月の海陽学園中の試験、涙の不合格をヴォクは忘れません。
http://selflearning.seesaa.net/article/249758156.html
あなたは愛知県に何度も足を運んだ。
体験入学をし未来を思い描いた。
そこで寮生活がしたかった。
中日の本拠地ということもありヴォクは勝手にうらめしくおもった。
すばらしい環境の学校だ。
立地もいい。
自律のための環境もある。
しかし12月の試験では少しだけ合格点に届かなかった。
通知票には何点だったかさえ詳しく書かれていた。


悔しくて涙した。
親が悲しむことを悲しんだのかもしれないね。
でもあなたはそれを自分のバネに変えた。
涙を自分の力に変え加速しジャンプした。
そして桜のスプリングを掴んだ。



image-20120324222010.png

「やる気」という目に見えないものだけれど、そういうものが塾のどこかにあっただなんてきょうはじめて知りました。
全く気がつかなかったです。


いいえ、本当はそのやる気の火はあなたの中にあったものです。
そしてあなたのご両親がその火がますます熱くなるようにとごくたまに、息を吹きかけてくれたのです。
ヴォクにできたことは何にもなかった。
なぜならあなたには自律○がもうみについていたから。
セルフラーニング○がみについていたから。
あなたにの足にはバネがついていたから。


たまが書きます。
最後に書きます。


ありがとうにゃ。

image-20120324222250.png

たまが書きました。(了)

posted by 花波 ヒカリ at 22:20| たま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

留学

塾生がひとり留学する。
家族と離れ日本人のほとんどいない外国の地でホームステイ。それも長期間。
留学し現地の地元の学校へ通い、そのまま向こうで卒業するだろうと話していた。
長期でものを考えていていいなと思う。

自分の進む道を自分で考えているところを、私も見習いたい。
posted by 花波 ヒカリ at 00:28| 進路 国立大学入試に備える高校1年生の学習法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーボーとMGH

通知票メールがピークだった。卒塾生からもきてうれしかった。みんながんばってるなぁ。

数字はT様のお気にソフトであるエクセルにメモしてメールと紙は削除している。

期末試験の学年順位が判明した。
今年度は年間で全5回とも学年1位をとった中学生が3人いた。年間で全部とることの難しさはよくわかっているつもりだ。彼らにはとっても、いじめられない方法など、余計なことも伝えている。
通年全場所優勝者にはキーボー賞表彰をしよう。もれなくヴォクのお気に青歯キーボーをプレゼント。

テキストの配付を毎週1、2冊くらいずつ行っている。毎年教材ラインナップはガラッと変えているが今年は市販率が7割くらいになった。

今日も自己ベスト順位をとってきた子が成績票をもってきてくれた。この学校はカラープリンターで出力されておりその数字がいっそうまぶしかった。
ジャンピングしてる上にヴォクの好きなオレンジが多い。
image-20120328005903.png


彼もMGHだ。
今回は自己ベストのズクは何にしよう。
明日あたり何か悪くないズクを探しにゆかねば。

2012年03月19日

キクブンとミスチル、やさ理、ハイ文。

高校3年生の子が参考書問題集をプレゼントしてくれた。大きな箱に3つくらいいただいた。
ありがたくて、言葉にならない。キクブンがうれしい。



せっかくきてもらったのに、聞きたいことがほとんど聞けなかった。



image-20120319224605.png

でも、受験勉強の秘訣みたいなメッセージ(ワードのファイル)をいただいた。
家宝にします。

こういうことが書かれていた。

「問題集を解いた際、○つけだけでなく青ペンで何が足りなかったのか、どこがわかっていないのかを記入しておくと振り返りやすいし、質問しやすいのでよかった。逆に、問題集を何冊も取り組んだのはあまりよくなかった。5冊を2周ずつではなく、2冊を5周ずつやるぐらいの方が良かった。」

たしかにこの子のノートにはいつも、こういうふうに発想するとか、計算はここを気をつけるとかのセルフティーチングのメモが多く書かれていた。

2冊を5周ずつかぁ・・・。

image-20120324230136.png


って、
ミスチル好きだったのぉ〜〜〜っ!!(激しく動揺)

古い本もいただいた。

(数学はチャート、1対1、フォーカスの新課程版がすごくたのしみ。)
でも同時に昔の旧旧課程の参考書が役立っている。

実戦的定石や数学プロムナードや闘う50題。やさ理、ハイ理の旧過程版と黒大数がさらに生きてくる。


posted by 花波 ヒカリ at 22:47| 独学独習参考書としてのヒカリ推薦図書リスト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月17日

なぜの付箋紙をたくさんはっている子

『なぜ?という問いは、その答えより100倍重要だ』 (アインシュタイン)


分からないことがあったとき、

まずは自分の頭で限界まで考えなければ、

「なぜ?」という疑問の言葉は出てこない。

なぜ?と思ったことがあるからおもしろい。

何日でもかけて寝ては起きてしながら、好きなだけ考えてみたらいい。

ソレニシテモ ワカラナイ コトガ オオイ 

オオイモンダ
posted by 花波 ヒカリ at 00:35| 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

続き 会場模試結果

いま受け取った。
結果は塾生平均は2年、3年とも目標達成、子別個人別目標が未達だった。あとひとり。
この子はセルフラーニングができているので心配していない。
この子はもう失敗を恐れていない。


未達なのはありがたい。
次へ向けて課題があってありがたい。
塾生平均の方は一次目標を達成していた。
次回へ向けて二次ストレッチ目標へ切り替えてゆく。

それから、まだ詳しく見ていないが判定の方で目標校の合格ゾーン(B2以上)に達していない子がたくさんいるようだ。
非常にありがたい。
課題がたくさん見つかりそうだ。
失敗することができた。

やるべきことが己の目にはっきりと見えることだろう。
好き放題にやりたいことをやっていけばいい。ただしヴォクの課す課題は100パーセントこなした上での話だ。


この会場模試を受験したおかげでやるべきことがたくさん見えるようになる。
出題傾向がどうであれ失敗経験を積めたのは大きい。
テストは失敗するために受けている。


今夜じっくり分析して6ヶ月分くらいの補強教材を子別に用意しておきたい。もしも「こういうものを探している。こういう勉強がしてみたい。」何かそういうことを言われたらそういうものを差し出してみたい。そしてやると決めたことはやりとげてほしい。
もしも「こういうものをやりたい。こういう勉強がしてみたい。」何かそういうことを言われたらそれも自由にさせてみよう。
終わるまで見ておこう。一冊丸々自分のものにしてほしい。




教科別平均の数値も分析し過去5年間と比べ今後につなげてゆく。

ヴォクからの課題が中途半端になっている場合がある。
不要なものは削ぎ落としもっと彼らに任せたい。
必要のものはフォーカスしもっと徹底的に追い込む。

彼らならもう自分の足で歩いてゆける。
彼らならヴォクがどんなに追い込んでも投げ出したりしない。
欲しい成果は自分の力で掴み取るんだ。


image-20120315183339.png

ヴォクはどんな対策授業をやるとかは日記に書かない。
やっていることはとても当たり前で、ふつうに本を完璧に読んで解いているだけ。
ヴォクはどんな模試結果が出ているのかを日記につけている。
模試結果は指導経過のすべてだと思っているので。

posted by 花波 ヒカリ at 18:33| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新中2、新中3会場模試の結果(2012年3月)

今日は中学2、3年生の会場テストが戻る日だ。
とくに新中2ははじめての外部会場模試で右も左もわからない中、過去問もせず、なんの準備もなく受けていた。強制受験でも自動申し込みでも推薦でもなかったが積極的な受験が目立った。


受けるからには、その結果は目標を超えるものでなければならない。小学生の頃からもうずっと勉強している範囲だ。点数がとれないわけがない。


セルフ課題(セルフラーニングによるテーマ学習)プラスやりたい放題の自由勉強をしている以上、求められるのは結果以外になにもない。

受け取ったら夜、じっくり見てみたい。

私個人の一次目標はここ数年同じで、「光塾生平均で5科目の偏差値65以上、子ども別で全員偏差値60以上」を到達一次目標としている。中学受験生の多いこの地域ではこの数字はとくに高いものではない。
今回もし目標未達でもなんとかして夏7月までに全員で達成したい。
二次目標は5科偏差値平均68、ここも新高1生に続くべく3年の秋までに到達したい。

そこから先は個人が勝手に結果を出すことだろう。

隠れてたくさんやっている子がどれくらいいるかがすこしわかる。ひょっとするとびっくりするほどの結果を出す子もいるだろう。県内一位だって夢物語ではない。それは100点をとるだけで達成できるのだ。



「走った距離は裏切らない。」(マラソンの野口みずき選手)






昨年3月の結果
http://selflearning.seesaa.net/article/191257623.html


posted by 花波 ヒカリ at 14:56| 北辰テスト結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月09日

中3生,公立高校入試合格発表日,全員合格

今日は公立高校入試も合格発表。小学生の頃からずっと一緒に勉強してきた子たち。
自己採点では保健室受験だった風邪の子以外は自分の力が出せていた。結果はどうだろう。


発表の日の朝。
中3の子たち全員とすぐに連絡がつながった。


みんな、よかったね。


おめでとう。


(入試の前々日最後の授業の日にある受験生がもってきてくれた。)

image-20120317023355.png



posted by 花波 ヒカリ at 09:31| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする