2010年10月19日

10月模試の結果

中3生、小6生が10月に受けた模試の結果が帰ってきた。

中3は、A判定の存在しない学校(一部の学校は難度が高く、B判定からしか判定がつかない)を書いていた子以外は全員A判定。
塾内平均目標も達成。
今回が本番ならという仮定は無意味だが、全員の結果に満足している。

ただ、塾生一人ひとりの個人目標という点では、0.6〜2.5ポイント下回っている子があった。ここは次回以降の目標として設定。
11月と12月は全員で個人目標数値を達成したい。なぜなら目標は各人が本当にとりたいと望んでいる数字だから。一段上のストレッチ目標を達成するくらいの強い気持ちで進んでゆこう。

小6は、全員A判定。塾内平均目標(つまりは単にヴォクの個人的なあまりに個人的な目標)も達成。夏休みで過去問が10年分、20年分完了し、どこが出題されても波がなくなってきている。とくに心配していることはない。

(あ、また質問メールがきたので、いったんアップしよう。中間試験前にしては珍しく質問が多いなぁ。ギリレレにならぬよう、次回以降は、日々演習式の精度を上げねば・・・)
posted by ヒカリ at 23:59 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい話(114)

Come on!
しーさーアプリが2010年1月1日付け投稿になるエラーがなくなってうれシーサー。
たまにはどうでもいい話。



日課があるのと成績は比例する。



試験の前になって詰め込むのはもちろん得点力につながるが、試験があろうとなかろうと毎日身体や脳が求めるがままに決まったメニューを進めることのどれだけ実力になってゆくことだろう。

はじめから2つも3つも進めなくてもよい。はじめは超☆科目にしたいただそれだけを、ただし毎日何があっても続けることだ。

日課はやがて習慣となる。
いつしか、練習を休んでしまった日の自分を後悔するようになる。
ひとたびこの考え方が身についたならその人の学力はもう、
とどまることを知らなーい。ときのなかでー、いくつもの〜(それ、行きすぎですっ!)

(うつりーゆく)毎日それを繰り返しくりかえすうちに、改良回路が習慣的な考え方となる。その科目は誰にも負けないくらいの武器となり身を助けることになるだろう。

改良回路の思考とは、昨日よりも今日がよりよくなり、明日は今日よりもさらによりよくするという考え方のことである。
posted by ヒカリ at 14:40 | TrackBack(0) | どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電車◯が身についている。

さぁ!(卓球の福原選手で)
高2生の今週の自学メニューにあった一日のペース。


微分のグラフ毎日30分以内で1グラフ。大物は書くのに時間がかかるなぁ。

積分の計算毎日30分以内で3問。行きはよいよい帰りはこわい、こわいながらもなんとか積分。

古文の過去問毎日30分以内で1古文。本文の難度が高いが古文単語と文法ごと暗記。

漢文の過去問毎日30分以内で1漢文。おもろーな話題が多い。

英作文毎日電車の30分以内で15英短文ストック。600選が間もなく3周回終わる。

英語長文毎日電車の30分以内で1長文。リー教、300語、伊藤初級、500語、伊藤中級、700語と進んできた。




と、エクセルで共有している今週の計画表にあった。テストが終わり今日からまた部活もあったとのこと。部活にも全力投球のためセルフ勉強は毎日150分以内にしているようだ。電車の中で期限付きで練習するのはめっさいい方法だと思う。この子は電車の中でも自宅でもすべて30分を1ユニットにして進めている。ひとつが終わるまで飲み物もとらない方式で、終わったら自分にご褒美というやり方をしていると話していた。

微分積分、古文漢文、英短文英長文。ぶんぶんぶん、ぶんぶんぶんぶん、ぶんぶんぶぶぶんぶんっ(ヤッターマンの腐男塾で了)。

2010年10月15日

きたー

かもーーーん!(クルム伊達公子選手で)(3回め)


600選の第一弾がきた。

花波のテンションが600上がった。

カバーをつけながら仕分けしよっと。

制限時間6分。

写真.JPG



あ、カバーが足りない・・・(残念確定(人として))。
posted by ヒカリ at 16:17 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

立ち話

出版社の方と立ち話がここ2日で4件。

改訂になる教材の情報などをいただいた。

ありがたいことだなぁ。

test投稿

あいぽんのシーサーアプリがカムバック。うれシーサー。

書けどもかけどもアップップすると1月1日付けにUPされるメズラーな仕様だったみたい。

大宮のバンガード(vは発音が苦手)とLOFT(fは得意)とハンズで中間MGHのズク関連をゲッチュ。

みんな目標がめっさ高いが多分55パーセントから89per centの子が達成するだろう。多めおおめのありありで仕入れ。

ダイソーのブックカバーは在庫切れにつき、100個オーダーした。ついでにミニノートもあるだけいただきます。

600選も鹿児島のきのくにやさーん経由で間もなくかな(ドキドキ)。


posted by ヒカリ at 14:16 | TrackBack(0) | mgh ポテンシャルエネルギー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

from Nagasaki お土産

長崎へ修学旅行へ行っていた高校生にお土産をいただきました。

3泊かぁ・・・いいなぁ・・・。

長崎、なつかすぃーなぁー。
 
写真.JPG

どうか、気をつかわないで下さい(反射的に手を伸ばしながら)。

これから晩御飯の、おかずにいただきます。

ありがとうございます。
posted by ヒカリ at 22:11 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教材とカバちゃんとミニノートの3点セット。

中学入試の問題は中学の教員が作成している。中学の教員は中学内容に詳しいので試験問題でも大学入試や高校入試を意識したものを出題する(ことがある)。

高校入試の問題は高校の教員(など)が作成している。高校の教員は高校内容に詳しいので試験問題でも大学入試も意識したものを出題する(ことがある)。

大学入試の問題は大学の教員(など)が作成している。大学の教員は大学の研究に詳しいので試験問題でも自分の専門領域を意識したものを出題する(ことがある)。

そういうこともあるので一つ二つ上の学年で習うようなことでも飛び級して勉強しておくことは入試で有利に働くことさえあれ、不利になるということはない。

今日の高1生はもう高3の数学3をやっていた。この学校では高1でもうそこまで進んでいるのかぁ。



道理で、数学が得意な子が多いわけだ。



ここ数年は中学入試の国語も高校入試用の中学生の問題集を使ってきた。
今日はそれを人数分発注した。100字要約キャンパスノートと、200字要約コンプリートノートと一緒に手渡したいな。
届くのが楽しみ。


オーダー済みの英作基本文例600と古文上達と1対1もはやく届くといいな。

ほなね。すた、すた、・・・
posted by ヒカリ at 01:04 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

from スミソニアン博物館

修学旅行帰りの高校生にお土産をいただいた。


(ほよ?)水の中や宇宙空間など無常力の中でも書けるボールペンらしい・・・。
宇宙空間で書いてみるのがたのしみ☆
その前に、これから何か文字を書いてみよっと。
その前にOMEGAのスピマスと並べて記念撮影(パシャ)。
pen.JPG


河合の全国模試結果ももってきてくれた。
英語の偏差値が82って!
しかも学年がひとつ(バキューン・・・

相変わらず突き抜けているなぁ・・・。
他も全部よかったとのこと。
これからじっくり結果票を拝見します。

続きを読む
posted by ヒカリ at 23:30 | TrackBack(0) | 大学進学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

from cover to cover,Completeの赤は国語100字要約用かな。

カモーン(クルム伊達公子選手で)!

中学の数学と英語を終えた小学生(6年)。




英語はリー教など(他色々)、数学は1to1など(他少々)に入っている。hkrからの週課題は10時間分くらいか。

人間は課題を解決したい動物なのでそれくらいの課題の分量はまぁちょーどいいかもしれない。

hkr以外にも勝手にnhkなどをやっている子なのでヴォクからはあまりボクー(たくさん)にせず、これくらいがよかろうもん。




どちらも蘊蓄少なめの要所ズバリーでスルドーな書物だが、

最近の1対1(東京出版)は各問題の解答直前にある前文が、

日本国憲法のそれのように丁寧気味でそれでいて無駄がなく独学が可能になっている。

親兄弟姉妹親戚祖父母に質問するのをこの子は(セルフラーニング◎を身に付けるため)一時禁止モードにしたが、

質問メールは今週2通しかなかった。

習得は近いな。




少ない原理原則を用いてたくさんの応用的課題を解決するという(ニルスの旅のように)不思議な書物だが、

最初からこんなに簡潔だったわけでもあるまい。

伝統と長年の努力のたまものであるこれらの書物をfromカバーtoカバー味わい尽くそう。

筆者に敬意をはらいながら。




そのため、まず本にカバーをかける。

話はそれからだ。

ダイソーのブックカバーは(保護者のK様にご紹介いただいて以来)むぉーやみつき(餃子)だが、

それをかけると魔法のように本の使用効果が上がることがわかった。




これを勝手に「ザックの魔法みたいなカバーの魔法」と呼ぶことにしたい。

ただ若干長いので、「カバちゃん」でいい。今日の授業からみんなにこの「カバちゃん」をちゃんと伝えねば。




ほなね、すた、すた、•••Mさんの買われたスキャナー、ヴォクもほすぃーの。

今日は小学生は会場模試。

自分の相撲、とってきてね☆ 

さぁー!!(卓球の愛ちゃんでフェードアウッ。からの〜ハッシュシベリアンハスキーのアネットちゃん☆どすーん(ブラダンスのポーズでフェイドアウト))

daiso.JPG Campusミニノートに近いA6サイズ・コンパクト・ノートのComplete(for daiso)。

Cはじまりって!!名前も似すぎぃ〜の。100円で何冊も買えるのがプライスレス(文字通りの意味で)。

コンプリのピンクはめっさ縦書きなので国語用に便利かな〜、って。

これからはこれを国語の100字要約・指定ノートにしよう、うん。

 おどりぃーの。
posted by ヒカリ at 05:56 | TrackBack(0) | 伝説の参考書、独学図書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

そういえば範囲票

そういえば、今日は範囲票を持ってきていない子がいた。

次から持ってこない場合は、「ぷんぷん」てします(さとうタマ語で)。
posted by ヒカリ at 01:43 | TrackBack(0) | Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする