2009年11月30日

ありがたいこと

去年の高校入試前期試験。
不合格者からすぐにメエルがあった。朝の8時だいだった。きっと一番に掲示板を見てすぐに連絡してくれたのだろう。合格者たちよりも早かった。
「だめでした。後期はがんばります」と。


定期試験。悪くてもよくてもすぐに報告してくれる子たちがいる。とくに、点数がすこぶる悪くても、順位を大幅に落としてもすぐに連絡をくれる。ありがたいことだ。コーチ冥利に尽きるとはまさにこのことだ。


いま中3生たちはまさに入試シーズンなのだがその都度報告をいただけることがありがたいことだ。


ヴォクはそういうことをバネにして生活している。
posted by 花波 ヒカリ at 04:20| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定期試験学年一位(了)

中3生は次回の学年末試験で中学生活最後の定期試験となる。泣いても泣いてもファイナルラウンドだ。

何度か書いたが中学の科目の学習内容に才能なんてものは関係ない。
中学の科目の学習内容に才能なんてものは関係ない。



中学の定期試験は努力したものが点数をとる世界だ。
ヴォクの塾は定期試験の過去問は一枚も配らないが、努力することを教えている。

最後まで自分の話ばかりでかっちょわるいが、ヴォクは高校入試で一位合格を目指して勉強していた。塾にはたまたま行ったことがなかったので教科書と書店で買い求めた参考書・問題集を利用した。
中3になっても14クラスで学年一位をとっていた。

中3の学年末試験。高校1位合格を目指す以上、中学内レボーでトップをはずしておきたくはなかった。その中学は県内トップの公立高校に例年何十人も行くような勉強中学だった。校内順位はヴォクにとってそのまま入試を占う目安になった。

中3の3学期。最後の定期試験。通知票に関係なくとにかく点数をとるために勉強した。3学期の成績が高校に行かないことはどうでもいい。ヴォクはヴォクの決めた目標を達成するために準備を重ねた。

結果は数学、英語、社会、理科、国語とも学年1位の得点だった。完全勝利。

点数は数学100、英語100、社会100、理科100、国語81。国語はこんな点数でも学年1位だった。

自信があったからだろうか、高校入試当日の朝にアクシデントで眼鏡が割れたのだが試験はなんとかなった。

高校入試を前にする。通らなかったらどうしよう?(という不安がよぎることがある?)


あなたが通らなくて誰が通るの?という子がいる。
ヴォクは言いたい。あのね、あなたはあのときのヴォクよりがんばっているよ。
むしろトップ合格、めざしてもいいんじゃないかな。


後記:
定期試験学年一位を目指して猛練習を重ねた子がいた。
残念ながら3年間15回の中でとれなかった。


ほんの僅差であったかもしれないが、金メダルには届かなかった。


でも次につなげたい。
本人からまだ目標を聞いていない。
ヴォクはコーチに就いたので勝手に考えてしまう。


高校ではそれをとってみたい。
社会理科が鍵になるだろう。
英数国では失点はほとんどないはずだから、と。


難易度はさらに上がった。
オリンピックみたいだ。
天下一武道会みたいだ。
でもあの子ならそれができるかもしれない。



定期試験学年一位(了)
posted by 花波 ヒカリ at 02:28| 特急ひかり新幹線 hikari | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

22年度,埼玉県,高校入試,公立

項目がすこし多いので、9つのポイントだけ簡潔に書きます。

@もしも倍率が気になる人は・・・
平成22年3月中学校等卒業予定者の進路希望状況調査結果
(平成21年10月1日現在)では、各種統計表も参照できるので便利です。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BG00/chousa/101sinro/101sinro.html

A今年度は、入試科目に関して、2/16の前期試験が5科目、3/4の後期試験が3科目(英・数・国)です。

B新学習指導要領の移行措置において指導するものとして加えられた内容は出題範囲に含まれますので注意が必要です。

Cインフルエンザなど急病その他やむを得ない理由により学力検査を受検できない場合は、その事由を証明する書類を出身中学校長を経て、当日までに志願先高等学校長に提出していただくことになります

D受験生の心得と採点の原則には目を通しておきましょう。お弁当など持ち物も説明されています。
→(心得)http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/22nyushi/22kokoroe.pdf
→(採点原則)http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/22nyushi/22saiten.pdf

E高校別の選択問題は存在せず、すべての志願者が同一の問題で受検することになります。

F英語の試験では前期募集・後期募集ともリスニングテストが実施されます。

G過去の問題の分析を参照すると、記述問題の出題が予想されます。
→(分析)http://www.center.spec.ed.jp/index.php?action=pages_view_main&page_id=387

Hスケジュールは確認しておきましょう。カレンダーや手帳に書き込んでおくと便利かもしれません。
特に複雑ではありません。学校の指示に従えば大丈夫です。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/22nyushi/22nyushinittei.pdf

以上です。
posted by 花波 ヒカリ at 21:37| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わかれの桜

合格者は合格と進学が決まれば塾に来ない。


中学受験、高校受験、大学受験。

進学後も一緒に勉強しよう、とヴォクが声をかけるようなことはない。
今までも一切なかったしこれからもない。


だから受験生とはあと数十日の時間しかともにすることができない。

残された短い時間だが入試本番へ向けた総合練習と仕上げができる。


最後まで本気の取り組みが見たい。
桜咲くお別れの日まで。
posted by 花波 ヒカリ at 12:17| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単願、併願、確約、抑え、本命。

J選手の話ではないがはじめに手をあげてくれたところには愛着が増すもんだ。

ぜひ来てください。学校の担当者に話をいただく。ありがたいことだ。

もしそこが志望校であるならばたくさん準備をして試験に臨んだらいい。

もしそこが本命でなかったなら、たくさん感謝しながらも、来るべき本命のテストへ向けて、もっと稽古を重ねて自分の力をつけてゆけばいい。


やるべきことは学校選びだけじゃない。

問題集の中の点○を線○に、青○を赤○にかえてゆくことだ。
中3ならいま2次関数絡みの入試ド定番問題をトレーニングできる。いままでは比例反比例、1次関数しかメニューがなかった。いまが絶好機だ。

今なら相似、三平方絡みの図形問題を練習できる。
今なら関係代名詞、分詞がらみの高度な英文読解も練習できる。
今なら理科の復習3周目4周目の高密度高速度のチェックができる。
今なら歴史年表や地理地図を見ながら流れの中で社会の強化ができる。


いまから本命のテストまでじっくりじっくり稽古したらいい。
目の前の相棒の問題集。
点○が線○に、青○が赤○に変わってゆく。
ひとつずつ。
またひとつずつ。
posted by 花波 ヒカリ at 12:02| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期末試験中

まだ始まってもいない学校も多い。中学生は期末試験シーズン。

終わった子たちから一枚ずつ報告メエルが先週は続いた。

簡単だったのだろうか、まだ順位がないのでわからないが484、492、490、485と点数を取り切っている子が目立っている。

そんな中で1枚、2枚失敗した子もいた。失敗はわるいことなんかじゃない。失点の中に得点アップの要素がつまっている。

目標の点に届いていない答案用紙なんて捨てたくなるかもしれない。でもその科目、本気で準備していたんじゃなかったの?
だったら何点でもいいじゃん?
本気を出して準備をしてその点数をとった。なにも恥ずべきことなんかない。みて、みて、見直して次に繋げたらいいんだ。


アマは成功を忘れない。
プロは失敗を忘れない。
posted by 花波 ヒカリ at 11:35| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルバツハテナ(10)

前回のマルバツハテナ系記事独学習慣のバロメーターから、ちょびっと時間があいてしまつた。シーマスター。久方ぶりに○×?話。略して(バキューン・・・(何でも略さんでええねん!)


高2のヒカリっ子が使っている○×?判別法がある。あまりに便利なので紹介させていただこう。
 

1、はじめからできた問題→赤い○(実線)。 

2、(解答などを参照した後にまた)自力で解きなおしたらできた問題→オレンジの○(実線)。 

3、解答を読めば理解できるが、自力で何も見ないと正解にたどり着けなかった問題→青い○(実線)。 

4、解答などを見ても理解できなかった問題→青の点線○(点線)。  



この○×?判別法のよい点。 

よい点1、色だけですぐに到達度がわかるのがゴイス。赤やオレンジなど赤系の○は自力でできる問題。(これから何回も解きなおしたりしなくても)時間があれば自力で正解にできる問題というわけで、一目で自分の達成度が見てとれる。自分はいま、この章は何パーセントくらいできるのだな、と。逆に、復習は常に青系(青実○や青点○)からはじめたらいい。

→作戦ネーム「いつも青から」。

 

よい点2、点線の○は未解決問題。未解決の問題は思考の補助線を形作る宝。ひょっとしたら散歩しているときにふと頭に解法が浮かぶかもしれない。その日その時にわからない問題でも、頭の中に寝かしていることが勉強になったりする。他の問題点を考えているときに点と点がいつかどこかでつながって線になることもあるだろう。ときには人に質問したり参考文献をさらに調べたりして、解決行動をとってみるのもいいだろう。

→作戦ネーム「点をつなげ、わからない問題こそじっくり寝かして考えるのもまたよろこばしからずや(ながっ!)」 



というわけで、めっさ便利なのでヴォクも使っています、ええ。よかったら、ご一緒にいかがですか。



追伸 わからない問題がわかるようにならないかな、ナントカナラナイカナぁ〜って考えるということは勉強の一番の醍醐味なんじゃないか。
得意科目のわからなかったところ、苦手科目のわからなかったところ、どちらにせよ、わからなかったことがつながってわかるようになる瞬間の喜びは何事にも代えがたい。ユーリカ!

マルバツハテナ
(1)
(2) 
(3) 
(4) 
(5) 
(6)
(7) 
(8)
(9)

posted by 花波 ヒカリ at 02:27| 赤いマリオと緑のルイージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どうでもいい話(82)

こんばん、波!
正しく××、をつけてセルフチェックするのと成績は比例する。


わかってもいないのに青(解き直しの)をつけている子が多いような気がする。(ねぇさん、ピンチですっ!)

なんでなんでなんで〜、って自問自答しなくっちゃ!

まるには、なんでなんでなんで〜の理由もセットなんだ。

今度からノートに青つけるときは理由も一緒に書いてもらおうかな。
それも大変そうだけれど。


ほなね。腐っバイ!
posted by 花波 ヒカリ at 02:03| どうでもいい花波詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

森勉(大)

コンパクトにうまく書けないのでシリーズ化しているモリベン。カタカナで書いたらたしかに弁当みたいだ。せっかくだから(大)にしてみよう。

でね、いま何をしないといけないかの答えは配点票の中にあるの。

どの科目を勉強するときでも目標値を頭におきながら練習できるんじゃないか。どの科目の何をやるときでも合格のためというチームプレーができるんじゃないか。
(入試という名の)大地図の中で、(1教科に過ぎない)小さいその教科の、さらに小さいその単元学習に安心して専念できる。カーナビみたいに行き先が大画面の方にいつでも表示されているから。合格まであと何キロって。所要時間あと何日って。


ヴォクも中学、高校、大学受験をする前の一年間、はじめは配点票を机に貼ってた。
いま何点とれるかなと指折り数えるうちに配点票は頭に入ってくる。だから満点が何点で合格点が何点でそのためには、何の教科で何点とったらいいかっていつも意識できるの。
いまだにたまに夢でシミュレーションの合計点が合格点に足りなくてうなされるときがあるけど(鬱)。夢から覚めたら、あ、受かっていたんだった、ふぅ〜、って。

たとえば440点中230点とりたい。キャプテンの英語で90点、副キャップの国語で70点、リーダーの数学で40点とる。あとはDHの社会で30点か。日本史で25点、代打の世界史は5点でいこう、みたいに。
誰しも中学の定期試験ではそんな風にして合計点を数えるよね。失点は各科3点以内にミニマム485点を目指して準備をして、減点法の方が計算がはやい人もいる。4科目戻ってきた時点で、よし490行けるかも、みたいな。あれを日々入試配点でシミュレーションするの。

これ、マジでマブで気合い入るよ。嗚呼、まだあと、20点足りな〜い、って皿を数えながらぼやく昔話のお岩さんみたいで自分で自分がこわくなるくらい。

どこの何のテーマを勉強するのもまずは実力を目標値(大)に到達させるため。いつでも自分の頭の中で合格までの点数を逆算したり、チームの戦力を合算したりできるから、コーチや親や仲間の励ましがなくてもがむばれちゃうかも。



小さなものから
大きなものまで、
動かす力だ、
配点ひょ〜〜っ。






ほなね。
森勉(茜色)につづく
posted by 花波 ヒカリ at 03:02| 反復という名の漆塗り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

複雑な高校入試をクリアに眺めながら(埼玉県公立高校入試)

高校入試がまもなくやってくる。とくに公立高校の試験は、大学入試や中学入試と違って選抜基準に調査書が絡むことがあるため一見、複雑さを帯びている。埼玉県では今年から、調査書も点数化されだいぶクリアになってきている。それでも、合否判定に調査書が含まれるため、選抜方法が単純でないことに変わりはない。単純に見えないものを相手にする場合には、分析してポイント化して、視界を一段クリアにして臨んでみたい。

 

たとえばある公立のK高校の選抜の基本方針。次のように書かれている。もちろんこの文書は県民の誰もが閲覧できるように公開されている。

 

(1)学力検査と調査書に差を設け、学力検査を重視した選抜とする。


(2)調査書においては、学習の記録の得点を重視するとともに、特別活動の記録も重視し、生徒会活動や部活動に積極的に取り組んだものの選抜に配慮する。


 

学力検査重視の方針を明確に打ち出している。この学校は実力重視だ。わかりやすくていい。実際、通知票よりも学力点に2倍くらいの点数を与えている。

 

同時に、生徒会活動や部活動での実績にポイント付加することが見てとれる。前期募集の第1次選抜においては840満点中の46.5点は特別活動の点数に配されている。全国大会入賞ならフルにもらえるだろうし、甲子園球児たちのように全国大会出場には多くの点数が与えられることになる。部活や生徒会で実績のある子は点数を与えられる。ヴォクもこの学校の高校生をこれまで数百人指導した経験があるが中学時代にいろんなことを積極的にやっていたという子が多かった。

一方、いわゆる通知票のポイントに関しては中1:中2:中3で1::2で、計279点の持ち点となる。通知票が3年間オール5なら279点が無条件に与えられる。このようにあらゆるものが点数化されるようになったことが今年の中3からの制度変更点。

というわけで、期末テストにケリがついたら、持ち点も事前に計算の上、あとは学力検査で点をとるだけという態勢になる。大学入試の一般試験ほどではないが、スッキリ、わかりやすい形式。作戦も立てやすい。通知票の点数や活動実績を塾生にもこれからヒアリングし、目には目を、ポイントにはポイントをの作戦で、これからの闘いに臨みたい。

 たったいま相棒のエクセル君が作成した“点数には点数を”シートと“入試までの軌跡”シートにがむばってもらいたい。ほなね。

(ご参考)
式の例。
調査書340点、学力検査500点、満点840点の場合、
学力検査÷調査書=1.47となります。
http://www.pref.saitama.lg.jp/A20/BQ00/22nyushi/22youkou/index.html#kenritu

posted by 花波 ヒカリ at 00:43| 高校入試を通過点にするための3つの方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

やりたい勉強をやれ(3)

勉強はやりたい順に好きなだけやったらいい。勉強法に絶対的なやり方なんてないし、どれだけやったら終わりというものもない。


好きな勉強や研究はやるなと人が言ってもやめないだろう。
小さい子で本好きなら、「もう寝なさい(かちっかちっ)」と親に電器を消され本が読めないのは悲しみのとき。

好きな勉強はしたいだけしたらいい。人間だもの。

じゃあ、嫌いな科目はどうするのかな?

問題点@苦手科目をどのように克服するか


その前に、なんで勉強するのか、が認識されていることが肝心である。いまその苦手科目を自分が勉強することに何らかの意味があるのだろうか。あるいはたいした意味はないのだろうか。

有資格者として専門の仕事に就こうと思うなら好き嫌いなど言わずに必要な知識は吸収せねばならない。修行なのだから、我慢して耐えてそれも勉強しなければならない。それが将来の自分の仕事につながっているわけだから。

苦手科目だろうと嫌いな科目だろうとやるしかないのだ。その当たり前のことをはじめに確認しておこう。
OK?


問題点@苦手科目をどのように克服するか


(つづく)
posted by 花波 ヒカリ at 04:03| セルフラーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2学期中間試験、MGL・MGH。

結果が揃いました。審査員はヴォクです。
目標差異が小さかった人、目標を達成した人を中心に選びました。
目標未達者も含まれています。そういう感じです。


まずは、GL
の発表です。

 

中3からは5名。
Iくん(学年2位)、
Sさん(455)、
Nさん(451)、
Hさん(488、学年1位、連続)、
Mさん(457)。


中2からは2名。
Sくん(476)、
Kくん(482、学年1位、連続)。


中1からは1名。

Fさん(482、学年1位、連続)。

 


そして、今回2学期中間試験の
MGL(もぅすと・ぐわんばった・獅子舞)は3名です。


中1の
Fくん。446。前回428からの18点アップ、前回33位からの学年順位23位アップ。おめでとうございます。 


同じく中1のFくん(454)、前回学年順位21位からの9位アップ。おめでとうございます。

中2の
Yさん(477、学年1位、初)。学年1位おめでとうございます。


以上です。
なお、記念のキー坊は、期末テスト結果のMGHと合わせて、後日・・・。


PS. 表彰といえば、今週ある小学5年生が48週連続で英単語テストに合格した。
小学生の部もいろいろやっているので、企画化してみようと思う。

企画名を早速考えた。

「もしかしてさ、12週、24週、48週、96週連続で達成で賞?」

というわけで連続すると何かあるかもです、はい。

ほなね。

posted by 花波 ヒカリ at 02:00| Mr.Children 花の匂い 足音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする